2022年5月28日 (土)

ジュリアはサスペンションの交換でした

アルファロメオ ジュリアのサスペンション交換をさせて頂きました。

Guriasus01

ベローチェの2駈仕様です。ダウンサスは何種類か選べるのですが、ショックまで含めたサスキットとなると、ドイツのKW位しか無いみたいですね。と言う事でKWを取寄せ取り付けとなりました。こういう御時勢なんで、入荷時期が心配でしたがKWジャパンさんの見立てより早く入って来てくれました。

 

Guriasus04

フロントはアッパーマウントを純正から流用するのでノーマルサスから外してKWに移殖します。Guriasus02

 

こんな感じで付きます。

 

リアはコイルオーバーでは別体なんで結構面倒です。

 

Guriasus03

 

試運転も兼ねて試乗しましたが、良いですね。KWはモータースポーツに力を入れていますが、ノーマルタイプは驚くほど乗り心地が良いんです。ツインチューブタイプのショックなんでよく動く割にストロークも抑えられているんで、乗っていて楽しいですね。これはダウンサスでは味わえ無い良さです。

たとえばこの仕様でサーキット持ち込んでもそこそこ楽しい走りが出来、ノーマルより早く走れるでしょう。タイムを出すサスペンションではありませんが、バランスの良いキットですね。

ジュリアみたいな重量級は、ノーマルサスでもかなり高いレートのスプリングを使っていて今一のり心地が良くなくストロークも多いのでロールも多く荷重変化が多いです。

KWのサスキットはストロークを絞ってあまり硬くないスプリングでロールを押さえてしなやかに走るような感じですね。車高も落ちてかっこよいですしお勧めのサスキットです。

 

御依頼ありがとうございました。

| | コメント (0)

2022年4月14日 (木)

ミッション修理

アルファロメオ147がレッカーにて運ばれ入庫してきました。

出先で動けなくなったと言うことで。レッカーから降ろす時、バックはするけど、前進はしないと言うことで。

とりあえず、テスターでスキャンニング。何故かエラー無し。学習機能でレバーの位置出し。今度は前進するけど、バックしなくなってしまいました。

と言う事で、セレユニット脱着してみました。実はこの車輌、以前も似たような症状がでセレユニットの油圧の漏れを修理したのですが、そのときはそれで復活。

今回調べてみるとセレクターシャフトのガタが大きい。と言う事で、ミッション脱着。

147mt03

156で良くあったケースのクラックは無かったのですが、全体的にガタが大きいので思い切ってケースを交換しました。

ギヤやベアリング、デフを移殖。

147mt01

ミッションを組み上げ、クラッチも新品に!

147mt02

車輌に載せてテストしても問題なし。テスターで初期設定等をやり無事納車となりました。

中古のミッションに載せ変えると言う方法もあったのですが、物が少なく高くなってしまっています。ケースを交換と言う方法を取らせていただきました。ただ、国内ラス1在庫だった。しかも対策品みたいで、ベルハウジングも同時交換。ネジの数が増えています。

セレスピード。悪評高いミッションですが。きちっとメンテしていればまだまだ乗れます。御入庫ありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2022年3月18日 (金)

ミッション変速ショック

FIAT500の変速ショックが大きいと言うことで、テスターでクラッチの調整をやったのですが、お客様いわく変わらないt歩言う事なんで、もうすぐ10万KMという事もありマウント関係を変えました。

500egmt01

まずは、左上側のマウント

500egmt02

500egmt06

こんな感じで亀裂ありと言うか切れてます。

500egmt05

こちらはエンジン氏や側のトルクロッドです片側切れてもう片側はブッシュ自体が剥離してます。

500egmt03

バッテリーとかを外してミッションマウントも交換です。

500egmt04

完全につぶれていますね。

デュアロジックの調整も必要ですが、こういった基本的な機関の修理も必要です。

1年前にクラッチとデュアロジック本体も交換しているのでこれで安心ですね。

 

| | コメント (0)

2022年3月 2日 (水)

プジョー207クラッチ交換

プジョー207のクラッチ交換をやらせて頂きました。

このタイプは元々、レリーズベアリングの容量が小さくトラブル原因になっています。今回も結構な異音が発生して、良く遠方から戻ってこれたと思います。不動になる寸前でしたね。

20701_20220302205901

早速サブメンバーを外してミッション降ろしました。

20706

20707

見難いですがレリーズベアリングばらばらです。本当にギリギリでしたね。

20705

今回、塩害で錆びの発生もしていてネジもかなり痛んでいました。サブメンバーエンカル残っていたので水洗い清掃して、錆び止めのシャシブラックを塗っておきました。

昔は車検時に良く塗っていましたが最近は依頼が無いと塗っていませんでしたけど、ウインタースポーツとか行く方は塗った方が良いですね。東京や神奈川の有料道路も最近は道路公団やたらとエンカル撒いています。黒が嫌な方はシャシクリアーと言う透明の錆止めもあります。

| | コメント (0)

2022年2月17日 (木)

アバルト セレクトセンサー交換

アバルトの車検をやらせて頂きました。

それに伴って、前々からの鬼門となっているデュアロジックのエラーの修理をやりました。

下の写真はすでにバッテリー等が外れている状況です。

 

Abmt01

エラーはセレクトセンサーと言うことです。縦方向、横方向と2個付いています。今回横方向がエラーでしたが、2個とも交換しました。正直、アバルトのエンジンルームは整備がやりにくい。しかもセンサー保護のプレートが邪魔。下の写真で黄色の配線の先にあります。

Abmt02

外して見ると多少物が違う。対策品だったら嬉しいんですけど.

 

Abmt03

 

取り付け後リセットして、各センサーのキャリブレーションをして納車となりました。

今回、色々テストした結果、ポンプが廻ると結構な電流が損失されます。同時に同型車があったのでテストしてみても同じぐらいの電流が流れていたので今回はデュアロジオイルの交換とアース線の追加作業も行いました。

症状がほんとたまにしか出ないみたいなんで作業前に確認できていないのですが、不安要素を消していくのも修理なんで作業させて頂きました。

 

 

| | コメント (0)

2022年2月15日 (火)

トワイライト

ランチアテージスの車検やらせて頂きました。

Tesis06

油脂の交換プラスディーゼルなんでテスターでDPFの洗浄をやりました。

以前から懸案だったメーターディスプレイに表示、及び警告音が出るトワイライトセンサーフォルト!!いわゆるオートライトのセンサーですね。

センサーを変えれば治るのか??とりあえず取り付け面のフロントガラスを綺麗に掃除しましたが効果なし。本当でしたらテスターでエラーを確認したいのですが、ライト関係は光軸の調整のみ、メーカー純正のテスターも汎用機も項目無し。

室内のバックミラーの裏、フロントガラスの上部真ん中についていてレインセンサーと兼用しています。

Tesis07

 

しかし、こんな物壊れるの?

 

以前電機屋さんから聞いた話だと最近コロナ対策ではやっているクルベリン等の空間除去剤の煙でアイサイトを代表とする自動運転の室内カメラには良くない問いいた話はありますが、今回の原因は何だったんでしょう?単なる経年劣化だったのかもしれませんが珍しい部品が壊れました。

 

| | コメント (0)

2022年2月 7日 (月)

車検でのブレーキローター研磨

Dsc_0241_20220207091301

アルファロメオ147の車検をやらせて頂きました。

最近は147もめっきり少なくなってしまって、乗り換える人が増えて来ましたが、乗り続けている方は結構大事に乗って頂いています。ただ、やっぱり年数もあり10万KMオーバーの車が殆どでそれなりに消耗品が駄目だったらします。

 

今回はフロントのブレーキパッドが交換時期だったのですが、ローターもあまり良くなく、研磨させて頂きました。

 

 

 

Dsc_0274

ローターの内端と外端が残って新品パッドを組むと当たりが悪く鳴きが発生したり効きが良くないです。

 

 

 

 

 

とりあえず、こんな感じで削っていますが、自分の所で出来るので手間が少なく早いです。

 

Dsc_0240_20220207091301

右、綺麗になっています。

Dsc_0242_20220207091301

左、思った以上に減っていて綺麗にはいきませんがこのままで終了、ちょっと走れば判らなくなります。

結構触れていたみたいで光っている所が左側のみです。歪が出て偏磨耗していたんですね。新品でも良く有ります。

他にも色々ありましたがこれからも乗り続けて頂きたいですね。

| | コメント (0)

2022年2月 3日 (木)

パンク修理

チェックランプが点くという事で来店。

見てみると、タイヤ空気圧がおかしいと出ていました。

フロント左タイヤ脱着です。

Dsc_0269

見事にネジが刺さっています。

Dsc_0270_20220203231101

外側からもパンク修理は出来ますが、10KM以上走ってしまったみたいなんで内部点検。

Dsc_0271

見事につき抜けていますね。Dsc_0272

もう1つ気になったのがサイドウォール。やっぱり傷んでいます。白くなっている所はタイヤが擦れた跡です。

Dsc_0273

パンク修理は内側からパッチを貼って修理。

本当でしたらタイヤ交換なのですが、今日は動かせる様にして追々、年数も経っているので全輪交換するという事で、お帰りになりました。

今回はタイヤ圧モニターが作動していたのに走ってしまったので駄目になったのですが、サイドウォールを点検する意味も含めて脱着しましたが実際パンク時はサイドウォールに負担がかかりゴムが剥離していますのでご注意を!!

| | コメント (0)

2022年1月19日 (水)

F355は車検でした

P_20170402_123107_vhdr_on

年末から先週までお預かりしていたフェラーリのF355は車検でした。

この固体15年以上メンテさせて頂いているのですが、今は4人目のオーナーさんです。皆さん大切に乗って頂き良好な状態でした。

355pump02_20220119091601

355pump05_20220119091601

以前のブログに書きましたが、前にフューエルポンプリレーが駄目でエンジンが始動出来なくなったので、

ポンプ自体もこの機会に交換しました。

 

 

355eg01_20220119093701 355oh

前回から、5000KMしか走っていませんが、月日が足っているのでタイミングベルトの交換をさせて頂きました。

交換しなくても何も起きないとは思いますが、不安を抱えて乗り続ける事は良くないので。

Dsc_0231

Dsc_0232

Dsc_0235

 

どうしても、V型エンジン高回転ユニット、紙のガスケットという事もあり、オイル漏れをしてしまいます。カムシールも含めて交換させて頂きました。それと、ベルとの延びやギアトレインのガタにより微妙なバルブタイミングのずれが発生しますのでノックピンの位置をずらして合いマークをあわせてバルブタイミングを調整しました。ウォーターポンプも勿論交換しました。

今度のオーナーさんはずうっとあこがれていた車種なんで長く載り続けてくださるでしょう。決して以前のオーナーさんが飽きっぽいと言うのではなく、次の車の為に泣く泣く手放していますので。

自分の廻りで売買がされていてもメンテナンスはTESでと言って下さる方がいて助かります。

 

 

 

| | コメント (0)

2022年1月 7日 (金)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨日から営業していますが、雪の為しょっぱなから予定が狂っています。とりあえず、年末に預かっていたアルファロメオ4Cからスタートしました。

仕事前にコンプレッサーの水抜きをしたのですが、出てきた水が氷柱になっていました。ドンだけ寒いんだとおもったら結構積もって、早退しなければいけない状況でした。

202217factory

休み中はYouTube見まくっていて、ちょっと気になることが、ありました。E-bike欲しくて色々調べていたら結構色々あって中には違法と思える固体もあります。電気アシスト自転車は日本の法律では24KM/Hまでしかモーター補助してはいけなく25KM/H以上はアシスト無しです。

海外製はそのまま輸入されるとそんな機能がありません。あってもスマホの操作一つで海外使用に戻せたりします。こうなるとモラルの問題ですよね。何故か急に決まった電動キックボードの件もそうです。歩道で6KM/H車道で20KM/Hこんなの危険極まりないですね。キックボードはタイヤが小さいので路面の影響受けやすい。ヘルメットしない人が殆どなんで私達自動車運転者にとって危険極まりないですね。モラルが重要です。せめて危険な所や人や車のでは乗らないで欲しいですね。例のパラリンピックの自動運転の事故の裁判。結局、オペレーターの過失となりましたが、色々ありますが警察側があくまで自動車の負を尊重した結果となったわけですね。

と言うことで、自分の身は自分で守らなくてはいけないと言う事です。では何をすればよいかと言うと、安全運転、これ大事だし当然です。

次にドライブレコーダー付けましょう。ブレーキの無いキックボードに飛び出されて事故が起きても自分の尊重と事実が証明されません。記録に残さなければ相手の嘘が通ってしまうことも有ります。

当方でも取寄せ取り付けやっていますのでお気軽にTES-factoryにメールください。

 

 

| | コメント (0)

«155もタイベル交換