« 2004年11月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月25日 (火)

欲しい1台

メーカーのワランティー(クレーム期間)の関係上、当方の工場に最新鋭のお車が入庫するのはなかなか珍しいのですが、並行業者さんから頼まれて、時々新車が入庫してきます。
そ んな中で、これぞと言う1台がありました。ルーノーメガーヌRS Turboです。メーターの表示を現地語から、英語に治したのとオイル交換とか細かい作 業でしたが、試乗してびっくりしました。前にATのメガーヌを乗った時も感じたのですが、剛性が高く全てがカチッと決まるのです。特にシフトはおもしろい ようにすこすこ入ります。
またエンジンも1200rpm位からターボが効きレスポンスの遅れは全くありません。下手なNA車よりレスポンスも良いです。高回転はベースのエンジンの素性がよくターボの盛り上がりは感じられない物の、カムの吹け上がりで上がっていく良い感じです。
色々な電気仕掛けが難ですが、これも時代の流れなのでしょう。たとえば鍵と言われる物はなく、カードをズボンのポケットに入れておけば、ドアのロックの開閉もできるしエンジンもボタン一つでかけられます。
当方にあるテスターでライトの作動やメーターの作動も確認できます。インジェクションはまだ対応していませんが、すぐに対応できるようにメーカーに依頼してあります。エアーバックやインテリジェントに関しては問題なく対応しているみたいです。
今回のこの車はカーボックス横浜ブランチさんからの入庫で店長さんの吉田さんのご厚意で通勤にも使わせてもらいいつもと違った楽しさに酔いしれました。
http://www.carbox.jp/contents.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月10日 (月)

自動車リサイクル法

1月1日から、自動車リサイクル法が制定され車検時にもリサイクル料金の支払いが必要となってしまいました。
なんか、どのように使われるはっきり しないまま施行されてしまい、なんか役人の天降り先を作っただけなような気がしてならないのは私だけでしょうか?去年まで、単純に車を解体するのに鉄の高 騰でお金がかからないで済んだのに、これからは複雑になってなんか無駄なお金を払うような気がします。
今時、フロンガスを空中に排出することはや らないだろうし、ダストシュレッター代なんていう物は、そもそも解体時に業者が払うべきだし、先払いなんてどういうことって感じです。噂では、今までの解 体業者は、営業できなくなり新規の大手ばかりが残っていくのではないのでしょうか?そうなると、中古部品の流通とかが変わりリサイクルという本来の形が崩 れてしまうような気がします。そもそも、粉々にした料金設定なのでドアパネルやエンジンなどが再利用された場合、払い戻せよってかんじです。
不法投棄などももし、リサイクルがうまくいって、お金が返ってくるとなったら無くなると思うんですけど。時代に逆こうしていると思います。
せっかく払うお金なので、地球環境を良くする為に大事に使ってもらいたいです。
車検時に必要なリサイクル料金は下記から検索できます。車検証をみながら入力してください。
http://www.jars.gr.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 8日 (土)

oil

去年の夏ぐらいから使い始めて良いオイルがあるのでご紹介します。JCDプロダクツという会社が出しているオイルでashというブランドがあり、エンジンオイルの化学合成油の10W40と部分合成油の15W50、ミッションオイルの化学合成油の75W90を使っています。
JCD と言うと、レース用やポルシェの専用オイルという感じだったのですが,ashブランドは幅広く対応しています。先にミッションオイルの説明をしますとシン クロの弱い車には最適です。シフトフィーリングが良くなります。勿論、サーキットでの使用も考えてありますので熱や垂れに関しても心配はありません。
エ ンジンオイルですが、あえて部分合成油を今回お薦めします。熱に強いらしくブローバイが少なく、当然オイルの汚れも少なく距離の走った車や、10年以上 たったお車には最適だと思います。お車を長持ちさせたい方にお薦めです。当方は特に308や328、832というフェラーリ系のエンジンに使用してきまし たが、レスポンスもよく、マフラーからの煙も減りました。マッチングが良いみたいです。アルファのSOHCとも相性は良かったです。
エンジンオイル FSE10W40(化学合成) 1L3,465円
        PS15W50(部分合成) 1L1,890円
ミッションオイル FSE75W90     1L4,410円 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 7日 (金)

フラッシングオイル

今までフラッシングオイルを私は否定してきました。粘度も良くなく、逆にメタル類を痛める危険性と、シールへの攻撃性が心配されたからです。
ウル トというドイツのメーカーから発売されているフラッシング剤は、オイルと言うより添加剤で、オイル交換をする前にエンジンに注入して15分程アイドリング させておけば良いという優れものです。だから特別に工賃もいらずお手軽にできます。効果もかなりあり、カム廻りなんかはかなり綺麗になっていました。
300ml4,200円

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 6日 (木)

仕事始め

いよいよ2005年になり、仕事始めとなりました。新年新しい気持ちで新たなことを始めたいのですが、残念ながら、去年からの宿題が残っており暮れと変わらず残り仕事をこなしています。
例年なら、年越しでお預かりしているのは2台位なのですが、今年は5台もあり結局、大掃除もできずじまいでした。
工場の中にTVRに、145,308,246GTというイタ車軍団がおり今年もこんな感じでイタ車が多いのかなとも思います。フランス車ももっと入庫してくると楽しいのですが、近年のフランス車は壊れなくなったので入庫が少なくなってきています。
246が今日お客様が取りに来てくださったので、残りをこなして新年新たな入庫の準備をしたいと思います。
16-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 1日 (土)

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。
昨年も色々ありましたが、今年も飛躍する為色々努力していきたいと思います。昨年暮れから、テスターを入れ替え今まで、弱かった新型車の診断等にも力を入れていきたいと思います。後に導入キャンペーンみたいな物も考えていますので、この機会にご利用ください。
新年の営業は6日からとなっています。
15-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年2月 »