« 832マフラーその2 | トップページ | 移転中 »

2005年4月25日 (月)

サブコン

お客様の依頼で、サブコンピューターを取り付けしました。ポルシェでレースやチューニングをやっているAPRさんの製品でAFCimpⅡという製品です。サブコンといっても燃料のみの調整でモニター機構も付いている製品です。
メーカーの設定には、アルファの156と147に関しては取り付けマニュアルとセッティングの参考値が付いています。エアークリーナーやマフラーを変えただけならその設定でいけると思います。
今 回お客様のお車は、145QVということで、配線も車種の設定も156とは違っていました。安易に同じかなと思っていましたが、CPUがまるで違って全然 参考になりませんでした。配線図から、配線を割り当ててつないでいくタイプです(147や156も)ので、配線ミスは禁物です。
実際に配線し、使ってみたら使いやすいです。今まで使ったフルコンは、パソコン起動タイプなのでそれと比べれば本当に楽でした。最もあくまでエアフロセンサーの増幅ですので。ただ、アクセル開度が2種類設定あるので、中間開度での設定ができ、幅広く対応できました。
自 分の車で以前、お手軽にどうしてもガスを濃くしたくて、水温センサーに抵抗入れたり、エアフロメーターのスプリングを位置変更したりしていましたが、それ ではアイドリング近辺や全開時での増幅のバラツキがでて、犠牲となる回転域がありましたが、これでしたら800回転刻みではありますが、全回転域での調整 ができます。
モニターに関しては4パターンあり、おもしろいです。メーターとして使っただけでも良いかもしれません。
今回セッティングにハルテック製、簡易AFモニターを使いました。
部品代50400円取り付け代18900円~、簡易セッティング代9450円~です。

|

« 832マフラーその2 | トップページ | 移転中 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サブコン:

« 832マフラーその2 | トップページ | 移転中 »