« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年6月29日 (水)

オイルへのこだわり

長年こういう商売をやっていると、色々な物の善し悪しがわかってきます。エンジンオイルなんかは特に判るようになりました。自営で始めた頃は、お客様のニーズに合わせて色々集めて売っていましたが、最近はこちらからこれ入れましょうとお薦めしています。
当 店はAGIPのプロショップです。プロショップ専用オイルという物があって、町中のカーショップ等では売っていない物も扱っています。というかAGIP は、専用オイルしか在庫していません。こういう話を書くとまずいのかもしれませんが、カーショップ等の町中で売れているオイルは殆ど、パテント委託で日本 製だったりします。日本車を対象にしているのだから当然かもしれません。ただ当工場は、イタ車とフランス車がメインです。やはり生産国のオイルを使いたい 物です。マッチングもさすがという感じです。
一応、TOTALもプロショップを取っています。15W50もクオーツ7000しか在庫していませんが,、。
AGIPの在庫をもう一種類増やしました。F355以降のフェラーリや、4200CCのマセラッティー用に5W40のEXTRA HTSというオイルです。1L2363円です。ドイツ車メーカーのベンツ BMW VW ポルシェの認証オイルにもなっています。
簡単に説明すると、油圧リフター、可変バルタイ等の最新スペックの低フリクションエンジンに適しています。
アルファは、越下が旧態化しているので、固めのRacing10W60の方が良いです。
い つもと違ったオイルを試してみたいという方、ご相談に乗ります。今1L1050円で売っているフォーミュラーLLプラスは、性能から考えたら2倍の値段で も良いかなと思う位安定した性能が出ています。HTS同様ドイツ車メーカーの認証取っています。町乗り中心の方にお薦めです。
後、おかげさまで去年から売り出したashも好評でリピーターが増えてきています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月22日 (水)

こんな事あります

90年~94年頃の、アルファロメオのV6SOHCのエンジンで良くあることですが、エンジンをかけようとしたらバンといってエンジンがかからなくなる。 タイミングベルトが切れたと思いエンジンルームをおそるおそる覗くと、インマニサージタンクが外れていたという笑えない話。
奥側のタペットカバーにゴムブッシュを介してインマニサージタンクが付いている為、そのブッシュがちぎれるとそんなことになってしまいます。
元々、熱の多いタペットカバーの上にゴムブッシュで止めること自体無理がある上に、ねじ込んで止める為、たわみが出たりしてゴムが剥離してしまいます。3個あるのですが2個切れてもそうなります。部品代1個1407円。安い?高い?
164,155V6、テーマV6 で、こんな事があります。当方では切れている時は勿論、タペット調整をするときにも交換したりしています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

セキュリティーライト

最近は物騒な話が多く、お客様の中にもお車をいたずらされたという話を良く聞きます。イタ車フランス車は、基本的にイモビといって、鍵にチップが埋め込められており、合い鍵等ではエンジンがかからないようになっています。
た だ、ドアの開閉に対しての物ではなく車両の盗難は防げますが、車上荒らしなどのは対応できていません。GTAなどはメーカー純正でドア等をたたいたりリモ コン以外でドアのロックの解除をするとホーンが鳴ったりします。社外品でも同じような物が多く市販されています。それらの製品の中にも優れた物も多く愛用 されている方もいると思います。
そういういたずらや窃盗を未然にふさぐ為にも、発光ダイオード等のランプを点滅させて威嚇防止するのも良い方法かとも思います。
いかにもダミーと解るものでは効果がありません。純正みたく見せる方が効果はあると思います。
下 の写真は、アルファロメオの155に当方で付けたライトです。8mmの穴を開けて付けなくてはいけないのですが、純正みたくみえると思います。ドアロック が作動している時点滅します。ほとんどのお車に取り付け可能です。場所も10mmのスペースと奥行きがあれば大丈夫です。値段は7350円です。ただし、 当店でリモコンロックをお取り付けになった方は5250円です。そのうちHPの方にもアップしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 8日 (水)

ハブベアリング

良くだめになる部品の一つのハブベアリングの判断の仕方をご紹介します。
その前にハブベアリングとは、足回りのハブに、ドライブシャフトやホイールのの固定をするためのベアリングです。これがだめになると、走行安定性が悪くなり最悪、足回りが外れてしまいます。初期症状として、ガーとかゴーという異音が発生します。
走 行時にスピードに比例して音が発生します。ただ、タイヤが固くなってもにたような音が発生します。そこで判断の仕方を説明します。音が出ているのは判るけ ど、どこからという時に、前か後かは、判ると思います。左右どちらかといわれると判断できないと思います。そこで80KM/H位で走ってもらって、緩くス ラロームしてください。そうすると音が変わります。そこで音が変わらなかったら、タイヤの可能性大です。右に切って音が大きくなるようでしたら、左側のベ アリングがだめで左に切った時に音が大きくなるようでしたら右がだめです。スラロームは車線をまたぐ程大きくやる必要も急にハンドルを切る必要もないので ゆっくり安全に試してください。
下の写真はテーマの832のハブベアリングです。珍しくリア側がだめになってしまっていました。部品代が6万位し てしまい、テーマ832、164用としては今日現在最後の日本在庫でした。フロントは、2万円位の部品代で済みます。リアはABSの歯車が付いて、しかも 軸までが一体となっていた為、高額な値段になっていたみたいです。
ベアリング自体の疲労もありますが、水が入ると錆が発生して壊れる場合もありますのでご注意を!!
ホイールを変えている方で、センターキャップを付けていない方、水が入りますので、洗車や雨上がりにはご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年8月 »