« オイルへのこだわり | トップページ | selespeed »

2005年8月 7日 (日)

イリジウムスパークプラグ

denso01最近イリジウムのスパークプラグが、流行っています。当方でもキャンペーン(現在進行中)などをやって、積極的に使っています。
イリジウムが流行る前は、白金プラグが、高性能と言われてきましたが、どちらも合金で母材性能を引き出す為に電極を細くし着火性と飛び火性を高めています。白金よりもさらに細くする為に、イリジウム(DENSO製)では、全周溶接をしています。また、腐食も少なくする為に合金となっています。
国産のスパークプラグの大手2社を比べるとやはり、DENSO製の方が細い為性能(レスポンスの向上やパワーアップ感)がよい感じがします。ただ、電極が細い為耐久性はもう一社の方が良いです。最も、DENSOも接地電極側に白金チップを使い耐久性を持たせたモデル(TOUGH)を出してきました。ただ、旬はPOWERが1年、TOUGHが2年と思ってください。それ以降は普通の電極のプラグと変わりない位に性能が落ちます。
ところでイタフラ車とのマッチングですが、とても良いです。最もプラグなのでどの車に付けても良いのでしょうが。
アルファロメオは純正でNGKの白金プラグを使ったりしています。純正部品で頼むと2000とかします。さらに酷いのは、16バルブのTSのプラグの細い方45000円とか、5000円とか値付けになっています。確かに4バルブの燃焼室に2本のプラグ穴を開けなくてはいけずに、片側が、10mmというオートバイと同じ(4輪車は、2輪車より熱価が低くて流用不可能)細さの為、特殊で高くなるのは判りますが、8本交換すると35000円になるのはどうかなとも思います。当社では、16VTSでも15200円で済むDENSO製イリジウムスパークプラグを使っています。デーラーでスパークプラグを交換してもらったという方のお車でも、値段の高い細い方は交換していなかったりしています。せっかくのツインプラグなので両方とも交換しましょう。
サーマーキャンペーンで、今なら一部を除き工賃無料です。この機会にご利用ください。

|

« オイルへのこだわり | トップページ | selespeed »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イリジウムスパークプラグ:

« オイルへのこだわり | トップページ | selespeed »