« カプラー | トップページ | キャンペーンにご協力感謝 »

2005年9月15日 (木)

GTA+AFC Part2

dyna01dyna02先日、投稿したGTAにAFCを付けた記事の続きです。
HPで紹介しようとは思っていたのですが、時間が取れなくてこちらで取り合えず紹介します。
先日も書きましたが、ダイナパックというシャシーダイナモで調整測定をやりました。その結果がこのグラフです。赤線が調整前で緑線が調整後です。
見にくいですが、上のグラフが馬力で、下のグラフがトルクです。
まず、馬力の方ですがはっきり言って5500回転から上は別物の伸びを示しています。最高馬力も200回転程上がって6474回転で発生しています。
トルクは2700回転での落ち込みが多少補正されています。こちらは5000回転から上で多少のアップが見られそれ以後の落ち込みは少なく6500回転では3Kg/m違います。
より高回転型になっていますが、下でも殆ど調整前より低くなる所はなく、良い結果を出しています。
GTAが使っているエアマスセンサーという吸入空気量を測るセンサーは、ホットエアータイプでセンサーを温度流量で、測定しています。よって、マフラーやエアークリーナーを変えると流量が変わりECUのプログラミングされた噴射量では合わなくなってしまいます。
そういう場合やはり、馬力やトルクの落ち込みがあり、本来の力を出してあげる為にも取り付けをお薦めします。
又、ノーマル車でもイタリアのガソリンと日本のガソリンの違い、気候の違いなどで、本来の実力を出し切っていませんので、違いが判ると思います。お試しあり。
注:現在市販されているAFCにはGTA用は設定されていません。当方での出庫分は、GTAのデーターを足して出庫してもらっています。

|

« カプラー | トップページ | キャンペーンにご協力感謝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カプラー | トップページ | キャンペーンにご協力感謝 »