« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

166

この前カーセンサーEDGEの記者の方が来た時にアルファロメオ159を乗って来られました。初めて実車をみたのですが、ハイデッキと言うこともあり今一魅力を感じませんでした。そうしてみていたら横にあったアルファロメオ166が凄く良いデザインに見えてきて、特にブレラグリルになる前の前期モデルの為、自然な感じが好感もてました。
166ってあんまり走ってないんですよね。前モデルの164は、かなり売れたのに発売が156の後になってしまった166は数が出ていないみたいです。中古車市場でも専門店でないと見かけません。
当方のお客様は未だに164やテーマが多く、皆さん乗る車がないとおっしゃっています。確かに166も良いのは認めてくださいますが600万を超える新車価格には手を出せないでいるみたいです。また、右ハンドルというのもネックになっているみたいで、10年近く左ハンドルに乗ってきた方なんかは、今さら右ハンドルを乗るとなると車輌感覚がつかめないと嘆いております。
先日うちのお客様が166の中古車を購入なさったのですが、そのお車、並行車で左ハンドルでした。右ハンドルの良さも判るし通勤に使うとなると右折やバスの追い越しにはやはり右の方が良いのですが、166のクラスとなると自由がきくポジションなので余計に自然な感じです。
並行車のネックはディラーに修理が出せないと言うことと、部品の不安だと思いますが、当方で使用しているテスターは鍵以外のことは、ディーラーのテスターと変わりなくダイアグノーシスできますし、部品も何とかなります。
ということで、166の中古車を並行輸入してみようかと考えています。勿論M/T車です。
調べてみないと解らないのですが、ドイツあたりからだったら何とかなるような気がします。
2000年モデルぐらいのものを輸入して250万位の車両価格に抑えてなんて考えています。何よりも自分が足に使ってみたいので、、、、、。
皆さんどうですか?166-03
166-04

| | コメント (0)

2006年2月27日 (月)

プジョー206のレリーズベアリング

プジョー206SWのクラッチの異音の発生する車が入庫しました。異音と言っても走るのが怖い程でした。ミッションを降ろしてみると想像通り、クラッチのレリーズベアリングが、ばらけてました。下の写真の左が新品で上と右がバラバラになったレリーズベアリングです。
新品をみてみるとなんか頼りないんです。こんな容量で大丈夫?って感じの小ささでした。距離が48000KMで、ディスクもトラブルのせいか交換時期でした。
ちょっと容量不足を感じましたが、5万KM 近く保っているのでしょうがないのかなと思われる修理でした。p206cb

| | コメント (0)

2006年2月22日 (水)

頑張れスーパーアグリF1チーム

今年度から、スズキアグリのF1チームが純日本チームとしてF1を走るのは、皆さんはご承知のことと思います。資金的な問題でどたばたしているみたいですけど、頑張ってもらいたいものです。
去年夏頃からちらほら噂は出ていましたが本当に走れるのかどうか不透明なとこもありましたが、雨の中でのテストみたいですけど一応形になって走ったみたいです。タイムもトップから13秒遅れでほんの数周でハイドロのトラブルが出てしまって満足なテストはできなかったみたいですけど、公の場での走行はできたみたいです。日本人2人のドライバーというのも本当に純日本チームなんだなと実感させる所です。
取り合えず今年は走るだけって感じになってしまっているみたいですけど、秋までには新設計のシャーシにして戦闘力を上げてくると思います。ホンダのバックアップもあるみたいですし、金銭面でもソフトバンクが手を引いても他の日本企業が応援していけばきっと解決するはずです。現に日本石油が名乗りを上げエネオスカラーになると言う噂もありますし。海外で漢字のTシャツがはやっているのだから、日本語のスポンサー名が付いたらおもしろいと思います。
ホンダやトヨタも日本のチームですが、やはり純日本チームと言うより海外のチームを買ったと言う感じなので、1から作り上げていくSAF1チームをみんなで応援しましょう。

| | コメント (0)

2006年2月20日 (月)

ランチアの豪華さ

イタリアの車メーカーの中で、ランチアの位置づけって、難しいと思います。FIATがあり、ARFAROMEOがある中、中間に位置するLANCIAは大衆車でもなく、スポーツカーでもなく何か中途半端な位置づけのような気がします。
そんな中、小さい高級車の代名詞と言われているイプシロン。この車は、ランチアの方向性をはっきり打ち出している車だと思います。
ベースはフィアットプントですが、外装内装ともベース車を感じさせない豪華さとデザイン。安っぽい高級感とは違い、高級車と同じ皮を使ったり、防音にも優れています。
この車の良さは、維持していくたびに判ると思います。
日本車なんかでも小さな高級車と言っている車はありますが、本当の豪華さは本物を使っているこの車の足下には及ばないと思います。
値段が高めなのと並行輸入しか入っていない為、町中で見かける事は少ないと思いますが、この車がもっと町中でみられるようになったら、日本人y-02も本当の意味での高級車が判るようになることでしょう。
y-01y-03

| | コメント (2)

2006年2月19日 (日)

実は大衆車好きなんです

punto02punto01外車の修理工場なんかやっていると車好きで、特にイタ車が好きだというとフェラーリ好きと思われますが、好きは好きですが、実は大衆車も好きなんですよね。1モデル前のプントが出た時なんか凄くデザイン的に惹かれる物があり、CVTのモデルに試乗したら欲しくなりました。
それから7年経って中古車の値段も落ち着いてきたので思い切って買ってしまいました。いぜんにも変える機会はあったのですが、駐車場等の問題もありかえそうで買えない車になるのかなと思っていたらうまいタイミングで入れ替えができ手に入れました。
大衆車の為、内装はプラスチックが多く質感はよくありません。ただ、ドリンクホルダーや小物入れが充実していて、便利です。足に使うのはほんと便利です。エンジンも1200CCとは思えない程よく走ります。さすが大衆車を作るのはFIATはうまいなという感じです。
しばらくはこれで物欲おさまりそうな一台です。

| | コメント (2)

2006年2月12日 (日)

75ブレーキその2

以前お伝えした、75のブレーキマスターバックの移植ですが、とりあえずというか一応うまくいきました。ただ、フィーリングがそれ程良くなく苦労した割にちょっとがっかりという感じで通勤等に使っていましたが、国産パーツの強みで、解決策が見つかりそうです。
多分、今着いているのが、シルビアのブレーキマスターなのですが、それをR34スカイラインのGTRの物に変更しようと思っています。16分の15いんちの太さから、1と16分の1の太さへの変更です。容量アップです。75のブレーキキャリパーって前後とも2ポットなのでシルビアのままでは容量不足のような気がします。R34GTRでしたら、前4ポットリア2ポットなので多分良くなると思います。しかも今回もう一つ手を加えます。元々日産のブレーキマスターってリアブレーキ用のPが内蔵されています。それをそのまま使うと前後バランスが良くないので外してしまいました。以前、ノーマルのPバルブを外して手動ダイヤル式の物にしてあるので、それで調整します。
ま、こんな感じですけど、肝心の配管が違うので又そちらも作り直しです。
今、急ぎの仕事が無くなったら交換75bk02作業します。

| | コメント (0)

2006年2月 2日 (木)

足廻り交換がはやり?

ここのところ足廻り交換の問い合わせが多いです。実際に入庫も多く、どうして?ってかんじです。コストパフォーマンスの優れたモンロー、堅実なコニー、ハイパフォーマンスのアラゴスタと、色々きています。
モンローは、近年物が良くなってきました。耐久性も良くなって、よれもそれ程多くなく乗り心地も良いです。コニーは減衰が調整出来るので色々な使い途が出来ます。ただし品薄状態です。アラゴスタも減衰変えられますが、用途をしっかり注文しないとパフォーマンスを発揮出来ません。決まった時は車の動きがまるで変わります。特にEタイプの場合、乗り心地も悪くならないしアッパーマウントも純正が使えるのでボデーにも優しいのでお薦め出来ます。値段もピロマウントを使わなければ、スプリングまで変えるのだったら絶対お得だと思います。
arago01monr01

| | コメント (1)

2006年2月 1日 (水)

セレのユニット交換

アルファ147のセレスピードのシフト不良のお車が入庫してきました。
症状は、シフトしないと言うことでした。最初ギアが入って動いたので、あれ??ってかんじでしたけど、ちょっと動かした後シフト出来なくなりました。とりあえず、オイルをみたら足りず、給油後普通に動くようになりました。
アンダーカバーやタイヤを外して点検した所、ユニットからオイル漏れしていました。
お客様の了解を受けたので、アキュムレーターユニットの交換となります。
セレスピードってマニュアルミッションを油圧で動かしているんです。勿論その制御は電子制御です。電気的問題も発生しますが、今回のように油圧系統の不良も有ります。
交換後すぐ走れるかというと、それは無理です。油圧ユニットのエアー抜き、クラッチの調整、ユニットのリセット及び読み込みをして初めて動かせます。
この修理をする為に、当方では1年前からイタリア製テスターの導入をしています。
当然、試運転での問題もありませんでした。
ちなみに今回、ユニットの部品代は115500円でした。しょっちゅう値段変わるみたいです。20万越えの時もあったみたいです。ただ、156、147、他にもFIATや、LASNCIAで同じ物を使っているのでコストダウン出来ているのかもしれません。もっと安くなれば、壊れても負担が少なくなるのですが、、、。seleunito

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »