« ウォーターポンプの交換って必要 | トップページ | テーシス »

2006年4月 1日 (土)

レゾネーター

アルファロメオのエアーエレメントって、あんまり汚れないんです。実はこれには訳があります。155以降のアルファロメオって、吸気口バンパーの中なんです。確かにラジエターの熱の受けない所なんですが、バンパーとのクリアランスが20mm位しかないんです。雨水や、水たまりの水などが入りにくくて良いのですが、フレッシュエアーも入ってきません。バンパーを外すと1個目の写真のように見えてきます。145air01_1
また、トルクを出す為と、吸入音を少なくする為にレゾネーターが付いています。2個目の写真の物ですが、効果や構造は判るのですが、なぜこんな形??ってのが多いです。よくこれを外す人がいますが、それはお薦め出来ません、エアマスセンサーがうまく働かず、逆にパーワーダウンしています。最悪、エンジン壊します。AF計とかでみると解ります。勿論それに伴って、サブコンなどで補正してあげれば問題ないのですが。音にごまかされて、エンジンを壊さないようにしましょう。145air02
最後の写真はアルファチャレンジに出ている方の吸気系の写真です。145なのですが、バッテリーを移動したり、エアコンを外しているので、直線的な吸入経路にしてみました。
それと、この写真のようにダイレクトクリーナーをケースで囲ってしまう製品が多くなりましたけど、一部製品には、逆に吸入効率が悪くなっている物もあります。中覗くと解ります。エアマスセンサーに悪い影響を起こしてしまう物もありますのでご注意を。また、ケースがアルミの場合熱を持ち充填効率が悪くなる(そこまでシビアでないかも?)物があります。
排気系より、」吸気系はシビアで難しいです。145air_1

|

« ウォーターポンプの交換って必要 | トップページ | テーシス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォーターポンプの交換って必要 | トップページ | テーシス »