« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

多連スロットルへのあこがれ(昔話)

車の免許を取って自分の車がもてるようになると、すぐ車をいじるようになりました。取り合えずなにか買ってきて交換してみたり、訳もわからず調整してみたり、今もそうですが、そこら辺の執念というか考え方って今でも変わっていません。
当然車雑誌なんかも、チューニング系の物を好んで読んでいました。そんな時、ある雑誌でトヨタの1G-Gというエンジン(6気筒24V)に6連スロットルを付けた記事が載っていて凄く衝撃を受けました。
整備の世界に入った頃だったと思うのですが、これからはインジェクションに詳しくなって色々やってみようと思った矢先のことですから本当に感銘をうけ、あこがれました。ただ悲しいことに実際は仕事に追われてそこまでの変更は出来ませんでした。実際にIG-Gのダブルエックス(スープラの前身)も所有しましたが、これを6連スロットルにしてもトルクが無くなるだけと言うことが懸念され、またECUチューンや、フルコンなんて手が出せる物でもなかったです。
その後も仕事に追われ、そんなことすっかり忘れていたのですが、生産車でも多連スロットルが使われ出し、それを他車に流用すると言うことがはやりはじめました。それでは自分もと考えていた時に、306MAXYに出会いました。インターマニアのフランク氏がプジョースポールで造らせたオリジナルの306でした。エアロパーツや足廻りもオリジナルでしたがエンジンもパワーアップされていて4連スロットルでした。当方に入庫した時エンジンがかからず、困ったもんでした。この車がHALTECで制御されていてそれがフルコンと言うことで今の自分の愛車の754連スロットルにつながるわけです。
多連スロットル、F1なんかのレース専用NAエンジンでは当然ですが、市販車改造のエンジンでは、どうなんでしょう?当然レギュレーションもあるので皆が使える物でもないのですが、市販車最強と常に言われ続けているポルシェが採用しないのは、低速での流速が落ちてしまいトルク不足になることや、制御が複雑になるのを嫌ってでしょうか?実際ビッグスロットルあたりでパワーアップに対応出来るのでしょう。
こんな事欠くと消極的に思われますが、8年近く5万KM以上、4連スロットルのまま使ってきています。だから良い所も悪い所も最近解ってきました。エンジンが欲する空気量が、多くないと(ハイカム、ハイコンプ)多連スロットルは生きてきません。146000KMを超えてきましたが、最後のあがきとしてさらなるパワー向上を目指してなにかしてみたいものです。その前に治さなくてはいけないと いっぱいあるんですよね!
下の写真は、自分の車ですがここの所毎日使っているにもかかわらず、汚いですよね。配線もすぐ戻せるようにと仮組したままだし。なんとかせねば!!

4thro_1

| | コメント (0)

2006年6月20日 (火)

エンジンオイルの夏仕様

昔のオイルと違って、今のオイルは性能も良く又、マルチグレードワイドレンジが増えてきたので、特に夏だからといって粘度を1ランク上がる必要はありません。ただ、夏も近いこの時期なので良さがはっきり解るので、以前紹介したASHというオイルの話をします。
JCDプロダクトという所が製造しているオイルなのですが、社長さんは某オイルメーカーでレースオイルの開発や、某自動車メーカーのレース部門でルマンやデイトナ用のオイルの開発をやっていた方らしいです。
最初、当方がお付き合いし始めた頃は、注文入れてもすぐに物が届きませんでした。よく解らないのですが、作り置きしていなかったみたいです。というか色々なオイルを作っていて特注オイルの制作を中心にしていた為、作り置きするという感覚がなかったのかもしれません。(想像なので???)ASHというブランドを立ち上げて数が出るようになってからは、販売代理店も持ち、流通もしっかりしてきました。
さて肝心なオイルなのですが、JCDさんのこだわりで、油温を上げないということがあります。よくオイルの宣伝文句にエステル配合の為性能が良いですということが書いてあったりします。エステルは、何千種類もあるそうです。だからどのエステルを使っているかが問題です。JCDさんは、植物油系のエステルを使って油膜の強度上げ、粘性抵抗を減らしています。
また、他社では、ベースオイルにポリマーを使って粘度を変えている事があります。JCDさんはこれを一切使わずオイルの粘度を変えています。なぜかというと、このポリマー、ワイドレンジの粘度を作る時に役立ちますが、樹脂を原料としている為劣化してきたら、スラッジになり、エンジンの摩耗を促進させてしまいます。だからベースオイルを何種類か使い分けて造っているみたいです。
他にもこだわりはあるみたいですけど、夏だからこそ油温の上昇による油圧の低下、オイルの劣化が、少ないASHをお薦めします。
化学合成のFSEは、当然レスポンスもよく、ロングライフです。部分合成油のPSEも、他社の化学合成油並みのレスポンスです。又、油温が上がら無いと言うことはオイルシールやパッキンにも優しくオイル漏れにも強いです。100%化学合成油は浸透性が優れていますからデメリットしてオイル漏れが発生しやすいです。、メーカー指定が部分合成油のお車はPSEを入れてもらうと性能アップとオイル漏れのデメリットが防げます。
当店の在庫はエンジンオイルのFSEの10W40と、PSEの15W50、ミッションオイルのFSEの75W90です。
内容の一部、JCDさんの資料から抜粋させて頂きました。

| | コメント (0)

2006年6月10日 (土)

今さら75の、、、。

あまり、ブログやHPの登場しないので、75を乗っていないと思われてしまっていますが、ちゃんと乗っているんです。足車が出払っている時は必ず乗っていますし、気合い入れてどこかいく時は必ず出動しています。
以前からの問題としてリアのサスペンションスプリングが柔らかいのが気になっていたんです。外注さんのショック屋さんに相談(立ち話だったんだけど)した所話の勢いでスプリングを作ることになってしまいました。75の足廻りはやはりボデーとの関係もあり諦めていたのですが、とうとうスプリングが出来上がってきてしまい(嫌なわけではなく、今さらという感じです)組み込みました。
なんとベステック製です。超一流メーカーのオーダー品です。75の車重と、車高、ストローク等を測定し、今付いているメルヴェ(これしか選べなかったのですけど、私の好みと改造具合にはマッチングは悪すぎました)より3CM上げてマフラーを太くした分のクリアランスも取れるようにしました。
明日朝一、ターパイクで様子みてきます。道路公団の方々と合わなければ何本か走れるのですが、どうでしょう?デルタのお客さん2人と勝負??です。
燃費節約の燃調だったのを(加速ポンプ絞って)元に戻して明日に備えました。
レーダー探知機も新しいのにしたし、楽しみです。
どうなんでしょう?
ちなみに写真左からノーマル、メルヴェ、ベステックです。
Bestex

| | コメント (0)

2006年6月 2日 (金)

やっと来た166MT

以前このブログでも紹介した166が、やっと当方に届きました。というより、本日港から取ってきました。不慣れなせいもあって、GW中についていたにもかかわらず、今日になってしまいました。抜き打ちなのですが、X線検査というのが入ってしまって、回送業者さんにいやがられてしまい自分でレッカー借りてきて検査を受けて保税倉庫から出してきました。
車自体は良さそうです。ナンバーが付いていないので走行テストとかはまだですが、前のオーナーが大事にしていたのが解る車です。小傷はありますが凹み等はありません。
これから、車検を取ってナンバーが付くわけですけど、当分当方の工場で飾っておく(と言うか置いておくだけですけど)興味のある方はご一報を。Ar16601 Ar16602

| | コメント (0)

2006年6月 1日 (木)

AFCその3

やっと、147GTAの6MTにAFCを装着出来ました。調整も終わり週末に納車です。
前にAPRさんに作ってもらったセレのデーターを使ってそのまま納車する予定でしたが、またもや、マフラー関係が違っていて(当然ですね)データーの取り直しをしなくてはなりませんでした。ユニコルセさんのフロントパイプはおなじだったんですけど、、、。
各車色々なので、1台1台データー作りなおした方がよいのかな???シャシ台あれば楽なんだけど、、、。キット化は???
一応APRさんが、出している車種と、当店で作ったデーターはあるので試行錯誤という感じですか。
アルファは当方で作ったデーターのある車種は98年以前の145、97~99のGTV-24V,147GTAセレ、147GTA6速MT。これと、166の3.0の2000年モデルを来週やります。
どういう形で取り付けるかは思案中です。

| | コメント (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »