« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月20日 (木)

ラゴンダって知ってます?

ちょっとしたことで預かったのですが、当店には珍しくアストンマーチンが入庫しました。でも最近はやりのバンキッシュなどではありません。ラゴンダです。過去に1度位しか見かけたことのない車です。
作業も終わり、時間があったので、プントと並べてみました。さすが5、3メートルあるだけのことはあって長い。雰囲気もあるのですがこの長さなんだろう?作りはボンドカーみたいなデザインだし。でもこれが中途半端じゃない個性なんだと思います。
Deka01 Deka02




























そういえば、バンキッシュ凄く評判良いみたいで。現在の生産車の中で一番良い排気音といわれています。このお車も形とは裏腹にV8らしい荒々しさがあって、スポーティーさを打ち出していました。

| | コメント (4)

アルファチャレンジ

アルファチャレンジの関東第3戦が8月16日にあります。
富士スピードウェイです。来年F1が走るコースです。
レースは勿論、タイムアタックや体験走行もあります。体験走行は3500円です。
土曜日開催が多い中、今回夏の盆休みということもありますが水曜日です。アルファに乗っている方、参加しましょう。
ランチアやルノーでの参加も可能です。
当店は、協賛店です。参加の利点もありますのでご連絡を。

  アルファチャレンジアソシエーションHP

http://www.alfachallenge.jp/

申し込みは、7月27日までです。お早めに。

| | コメント (0)

2006年7月 1日 (土)

いくらリダクションだからといって

98年式のマセラッティー クアトロポルテV8が入庫してきました。スターターが回らないと言うことです。入庫時なぜかスターターは回り、エンジンはかかってしまいました。その後何回か試した所8割方スターターが回りませんでした。配線を軽くチェックして、原因を調べるとやはりスターター本体がだめでした、
実は、マセラッティーのスターターモーター交換よくあるんです。エンジンの大きさから比べると小さいし、フランスのバレオ製。ここのスターター、ルノーのディーラー在籍時代、サンクやバンティアン、バンサンクといった車で散々苦労しているので大嫌いです。スターターの壊れ方が普通でないのです。モーターの回りの磁石が剥がれてしまうんです。普通リベットとかで付いているんですけど、ここのメーカーは接着剤が好きみたいで、剥がれてしまうことが多いんです。
V8だというのに、下の写真のように小さいし。勿論、リダクション(ギアの組み合わせでトルクを出すタイプ)なので、小さいのは当たり前なのですが、それにしても、、、。
脱着は、下記の写真のようにインマニの取り外しが必要です。
以前、交換した512BBiのスターターと比べてみるとこんなに大きさが違います。一番下の写真。Sterter01 Sterter03 Sterter02

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »