« ARCA富士 | トップページ | チェーンブロック »

2006年8月23日 (水)

ショックオーバーホール

ショックアブソーバーは消耗部品です。ある程度(5万KM)走ったら交換は必要です。ただ、部品が無い場合とか仕様変更とかの場合、オーバーホールするしかありません。
下の写真は83年のお車でコニーが純正採用されていたものです。20年以上たった今、新品部品の購入が難しく、今回(半年位前ですけど)外注さんにオーバーホールを依頼しました。
上下のブッシュも変形してしまい、RX7のコントロールアームのブッシュのマツダスピード製のものを加工して付けてもらいました。ウレタンで削るより、確実な耐久性が約束されています。重量も1.5tonを超えるお車なので、下手な削り出しのブッシュではボデーへのダメージも多く逆にショックの動きをスポイルしてしまいます。
今回ショックの外装も塗り直して、綺麗にしました。
内部のオイルはヘドロのようになってしまいガスも抜けていました。ここら辺のノウハウはさすがショック制作までしているので確かなものです。
何台か以前にも頼んだのですけど、毎回突き上げが減り、ショックの動きがスムーズになっています。外注さんの独特の考えがあって、純正部品と加工部品の使い分け、オイルの特性を生かすシール類への変更な色々やってくれています。
当店には、こんな外注さんもいて助けられています。Shock01 Shock02

|

« ARCA富士 | トップページ | チェーンブロック »

コメント

デルタのショックも何とかしてくださ~い。
車高調なんか必要無いし、コニのO/Hコースを設定して欲しいなぁ!

投稿: おおはら | 2006年9月14日 (木) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ARCA富士 | トップページ | チェーンブロック »