« バルブクラッシュ | トップページ | 火入れの瞬間 »

2006年10月13日 (金)

SZの足廻りを、、、。

ES30 SZの足廻り。そろそろへたってきてますよね?生産から15年経っているので当然ダンパーとかブッシュ負担がかかっています。残念なことに、純正のショックは生産中止。オーバーホールも出来ると思いますが、リフトアップ機構の車高調整部があるために割り高になってしまいます。アフターマーケット品で、唯一、アラゴスタがあります。ただ評判は、固いの一言みたいです。
でもそんなこと言っていても、無いのだからということで、9万KM走っているお客様に付ける為にオーダーをしました。お客様の要望を伝えると、製造元のトップラインさんから寸法を取り直しに来てくださいました。
こちらの要望とは、首都高などの陸橋の継ぎ目をしなやかに、車高もリフター機構が無くなる為、せめてノーマルと同じにという感じでした。
まずは、コーナーウエイトの測定からです。数値は書き留めなかった為、忘れてしまいましたが、フロントが58パーセント位で、左右差も殆どありませんでした。市販車では、良い数値です。後はゼロ加重や、1G加重での測定、アームへのクリアランスなどが測定されました。
今までのものより特にフロント側のストロークを伸ばして、制作し直してくださるみたいです。きっとこちらの要望通りのすばらしいものが出来てくると思います。
組み付けて試運転するのが楽しみです。その時は又、ご報告します。

PS、最近FF車のリアのアライメントを研究しています。ノーマルからレースカー色々目で見たり、データーを調べたりしています。基本的にトーで言うとやはりインに付けた方が乗りやすいのではないかと思っています。トーゼロやトーアウト、確かに曲がると思いますが、素人には挙動が突然来るのでコントロールしづらいと思います。FF車の場合、フロントのアライメントよりリアをいじると極端に変わります。レースやサーキット走行の多い方は、徐々に減らしていって試していくと早く走れると思います。Szsus01 Szsus02

|

« バルブクラッシュ | トップページ | 火入れの瞬間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルブクラッシュ | トップページ | 火入れの瞬間 »