« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

年内終了

今日をもちまして、年内の営業は終了とさせて頂きました。11月頃からの過密スケジュールの為、皆様にはご迷惑をおかけしたことをお詫びします。来年は、なんとか体制を整えられるように努力したいと思います。

本日納車の2台です。355はタイベル交換。SZは足廻りとブレーキの交換。

SZの方はとりあえずの納車で年明け再セットしなければならないですが。

去年はBBが、最後だったような気がします。フェラーリは手がかかるのでいつも後回しにしてしまってお客様にご迷惑をおかけしています。1日が36時間あると良いと思うことがしばしばあります。来年も色々チャレンジしていき、お客様がステップアップし、こちらの技術力も向上するよう努力していきたいと思います。

皆様にとって良い新年を迎えられるよう願っています。

今年1年見守ってくださりありがとうございました。

1229 35501 35502 Szbk

| | コメント (3)

2006年12月27日 (水)

年末年始の営業予定

年末年始の営業予定
年内、29日まで営業
年始、6日より営業8日も営業
休み中の連絡はメールにてお願いします。

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

オイル交換お待ちしています

年末もおしせまり、忙しくすごしていられると思いますが、帰省等で、長距離を走られる方々は、事前にオイル交換をしましょう。3000KM~5000KMでの交換をお薦めしていますが、半年に一度位の交換で、オイルの老化を防げます。
最近使い始めた、ERG(定価2415円)も好評です。155の方はDTMで、ロゴが入っていたので気分的にもERGをお薦めします。
ASHは、部分合成、化学合成共に、熱に強く安定した性能が出ています。部分合成は、オイル漏れの多い車にお薦めです。
AGIPはメーカーの認証もとっている、イタリア最大のオイルメーカーです。レーシング10W60はGTA系にお薦めです。
トータルは15W50だけですが、プジョーの指定オイルです。
RedLineは、レスポンスが鋭くなる、低フリクションのオイルです。性能を一番に考えている方向きです。
MOTULも15W50(300Vコンペディション)だけですけど、在庫しています。こちらも低フリクションの高性能オイルです。
他にも何種類かあります。ご自分のカーライフスタイルにあったオイルをお選びください。交換時に何を入れたらよいかの相談もお受けします。
23日も営業しています。一応事前に予約して頂けると助かります。当日電話でも結構です。Oil01

| | コメント (3)

2006年12月16日 (土)

タペット調整中その2

さすがに当方のブログを見てくださる方々は濃い方が多いみたいで、正解がでてしまいました。ルノー5TurboⅡです。縦置きミッドシップというのが写真からわかると思います。そして、TurboⅠは内装が赤なので、Ⅱと想像されたでしょう。エンジンの長さから直列4気筒というからも想像できたと思います。

 

80年代の前期だったと思いますが、ラリーで活躍(結果は残らなかったと思いましたが)した車でグループB カーの先駆けだったと思います。Turbo 換算で2000ccにするために1400以下の排気量しかなく、とても乗り辛い車です。後継にあたるクリオV6は、ミッドシップいっても横置きです。純粋にラリーをやる為に作られて、ホモロゲショーンの獲得の為に作られた数少ない車の一つです。最も、Turbo1がそうであって、TurboⅡはより生産型になっていますけど。

以前のクラッチオーバーホールの時は、バンパーとか外して作業しましたが、今回はミッションまたいでの辛い体制での調整となりました。

調整後、走ってみると、Turboのかかり方も変わり本来の力が出てきたと思います。

日本の中古車市場では、微妙な位置にいたりしていますが、後継のクリオV6は横置きでも、この車の影響は大きかったと思います。Turbo201

| | コメント (0)

2006年12月13日 (水)

タペット調整中

タペット調整中に、腰が痛くなったので休憩中です。写真撮ってみました。さてこの車はなんでしょう?ヒントはロッカーアームが二つあってクロスフロー、Kジェトロ。
正解者には、、、、、、。多分正解者多数で収集付かなくなるので、何もあげません。ほめてあげます。
正解は、明日にでも。Tape01

| | コメント (3)

2006年12月11日 (月)

折れた

ここOreta02 Oreta03の所、忙しい理由の一つに、重整備が多く、それが予定外の入庫だったりします。そうクラッチ関係のトラブルが多かったです。ES30SZは、油圧抜けのようなトラブル。踏んでもペダルが進んでしまって、踏み応えが無かったです。調べてみると、レリーズフォークが遊んでいました。クラッチをばらし確認してみると、フォークの始点となるピンが折れフォークがはずれた状態になっていました。

クラッチ自体が油切れで重くなったのと、経年変化が加わったためのトラブルでした。

ただ、ピンが折れたのですがこれ、何でこんな構造なのって感じです。いくらプル式とはいえこのピンにかかる負担は多く、、今まで壊れなかったのが不思議です。

最後の写真はモンディアルTにクラッチカバーのプレートのスプリングが折れた写真です。一応走行はできましたが、ギアチェンジに常にすべり気味でした。トルクをかけると滑りましたが不自然な滑り方でしたので、何かなと思っていたらやはり、こんなトラブルが起きていたんです。油切れによる負担増におよるトラブルでした。

そのほかにも、155Q4のクラッチレリーズベアリングがカバーから外れ、ペダル踏んでも底尽きという感じで踏めなかったトラブルもありました。クラッチの油切れによるトラブルが続いています。早めのオーバーホールをお勧めします。Oreta01_1

| | コメント (0)

2006年12月10日 (日)

頑張らなくては

Super01 お客様方々には、お待たせしていてすいません。ここの所のき過入庫で、仕事が遅れています。そんな中お客様が亡くなったという連絡を受けました。先月の終わりの事です。お客様の同僚の方からのメールでの連絡でした。信じられない事でしたが、受け止めなくてはいけない事実です。そのお客様はSさんといい、当方が工場を立ち上げたときからのお付き合いさせていただいていました。Sさんは移転前の工場の前にある会社の方で、Sさんが転勤するまでは2日に一度は顔を見せて話し込んでいました。Sさんが亡くなったという事実も悲しかったのですが、同世代の方が亡くなったのもショックでした。職種は違いましたが、同じ自動車関係の仕事をしていたため、話も尽きず、お互いを励ましあう間柄だったので、お通夜に出てからも数日間落ち込んでいました。

そんなこともありましたが、写真のように私を信じてすばらしい車の入庫もあり、頑張らなくてはと思うこの頃です。こんな車が集まるのはめったに無く、たまたま、重なっただけですけど頑張らずにはいられない状況にもなっています。

この機会に書かせていただきますが、私のテンションを下げるような方の来店はご遠慮願いたいものです。お金が無いのを威張る客、初めての来店なのに、相談だけで帰ってしまう客、私は占い師でもなく、人性相談を聞く気もないし、第一占い師はちゃんと料金を取ると思います。安く収める努力はします。ただ、ラテン車を長くやっていると悪いところも多く見えます。車を良くする為にお客さも予算をオーバーしてしまうこともありますが、基本的に車好きなので、悪いところは治さないと気がすみません。お車の状態を良くして、楽しんで、乗っていただく為に、努力していきたいです。生意気言っているように思われるかもしれませんが、せっかく手に入れたお車なら楽しんで乗る方が良いでないでしょうか?頑張って働いてお互い努力しましょうよ!

| | コメント (4)

2006年12月 4日 (月)

鈴鹿

ブログアップが遅れてしまいましたが、鈴鹿行ってきました。
結果から先に言うと、まるっきりだめでした。前々日プレステでコースを覚え前日ですがバケットシートとステアリングを替えぎりぎりなりのスケジュールですがなんとか鈴鹿にのりこみ、走ってみたら、あら??ってかんじでリアブレーキがロックしてしまいます。完全にブレーキバランスが崩れてしまって、直線でのブレーキングでもまっすぐ止まらない状況でした。完全に私のミスです。一応、アラゴスタを新調し、ブレーキもフェロードで、武装したつもりでしたが、セッティングが不十分でした。一応首都高横羽線や環状線を走って大丈夫だと思っていたのですが、Sタイヤではなかったし極限でのバランスは一般道では解りませんでした。
各コーナーでどうしてもブレーキングドリフト状態でしたので、ベストなラインが取れずに走っていたので、タイムも遅かったです。ま、どちらにしろ鈴鹿を走る事が出来たので、3人とも大満足でした。
工場は相変わらずで、重整備ばかりが溜まっていく状態です。入庫の際のご連絡は早めにお願いします。
Suzuka01
Suzuka02

| | コメント (3)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »