« 物欲でAF計を | トップページ | 続きというか、、、、。 »

2007年2月26日 (月)

アルファチャレンジどたばた劇

今日は、アルファチャレンジの3時間耐久で、富士スピードウェイにサポートに行ってきました。車は147GTA。普通は、この車で出ると不利なのですが、オーナーさんはGTAのパワーにほれ込み燃費の良い2.0TSや重量の軽い他車種にせず、街乗り仕様から殆どかえずにレースに挑みました。案の定GTAは、当方のみでした。
まるっきりデーターも無いので、どうなる事なるかと思いましたが、やはりどたばた劇でした。想像以上!!
ラジアルタイヤなんでどの程度のタイムが出るかもわからず、燃費も街乗り5KMだから、4KM位かなと思い、それなりのスケジュールを考えていましたが、、、、、。
スタート後、第一ドライバーが頑張り、クラスは勿論、総合でもトップを走り、ルール上制限一杯の58分走らせ、想像以上の結果に踊らされていましたが、第二ドライバーに代わって20分メインスタンドに戻ってこなく、気がついたときには、ドライバーの判断で急遽スタンドへ。コーナーでアクセルがふけなくなったというではないですか。60L給油??2,4K/L信じられない燃費です。第一ドライバーの話では、車両の燃費計でも4K/Lといっていたし、あまり針が落ちていないということを信じていた当方のミスです。ドライバーチェンジのときエンジンストップがルールなのでメーターに気がつかず10分のタイムロスです。急遽、ドライバーチェンジも行い、予定変更を余儀なくされました。再度スケジュールを組みなおし、ピットイン給油のタイミングを変更し、ドライバーに伝えようとピットロードでサインボードの変わりにビニールテープで書いた封筒を持ち待ち続けましたが、、、。ピット前を通過しないと思ったら、給油しているではないですか??
ブレーキにジャダが出るとのこと、GSから戻ってきた車を見るとフロントパッドがなくなっていました。
急遽ブレーキパッド交換??やるしかない。ということで、頑張りました。メカは私一人。左はうまくいったのですが、右はブレーキフルードが沸騰しているせいか、ピストンを戻してもすぐ出てきてしまい、なかなか交換できず結局ブリーザーを開け、オイルのエアー抜きをして急場をしのぎ車をコースに戻すことができました。経験不足とデーター不足のための出来事でした。
そんなことで、何とか完走をしましたが、今後の課題が多く残り、また改善箇所もはっきりし、楽しく過ごせた一日でした。
GTAだとパワーはありますが重量もあり、燃費も悪くブレーキもきつく想像以上でした。
3時間、給油2回ブレーキパッド交換。ドラマチックな一日でした。皆様お疲れさまでした。
次は4月の鈴鹿。

|

« 物欲でAF計を | トップページ | 続きというか、、、、。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。