« アルファチャレンジどたばた劇 | トップページ | 最近注目されてます »

2007年2月27日 (火)

続きというか、、、、。

日曜日のどたばた劇。実は、それまでの過程でもあったんです。
オーナーさん、今年からアルファチャレンジ参戦ということで、12日の筑波も走っていたんです。ブレーキパッドとマフラー以外、ノーマルではじめて4輪で筑波走って13秒台連続で慣れと、車さえ進化すれば良い結果が出そうな感じでした。それで、今回の耐久です。
さすがに、そのままの車の状態では3時間無理だろうし、ちょっと問題が有ったんです。サスペンションもさすがに富士の高速コーナーノーマルではやばいと言うことで車高調を組みシートとステアリングを換えフルハーネスも装着。当方は普通の修理工場、しかも今は一人で作業している為、一般の修理と並行して行っていました。ある程度組み、サスの試運転と、問題の確認の為、第三京浜にて試運転。
お客様の指摘が的中。オーバーヒートするんです。インター一個持ちませんでした。帰りは一般道。特に問題なく走れ帰ってきましたが水もふいておらず、電動ファンも廻っています???実は筑波で指摘されていた時からやるしかないと思っていた作業があり、やはり残業の連続かと諦め次の日から作業にかかりました。

Bakaponpu

上の写真が原因でした。4000rm位までは普通に廻って、それ以上だとクラックが開いて空回り、オーバーヒートという感じですか。ヘッドガスケットとかが抜けてのオーバーヒートの可能性もあったので、耐久のエントリーはぎりぎりまで待ってもらっていました。
アルファチャレンジのオフィシャルの方、エントリー遅くなってすいませんでした。次は早めに作業しなくては、、、。
そういえばサス換えてまともに試運転してなかったな~。まだまだ課題の多い車です。でも、エンジンは3時間全開で何も問題は起きず、ストレートスピードは、他の参加車と比べて段違いに上回っていました。さすがGTA.

|

« アルファチャレンジどたばた劇 | トップページ | 最近注目されてます »