« ETCC鈴鹿 | トップページ | september meet 2007 »

2007年9月25日 (火)

ブレーキパッドあれこれ

皆さんブレーキパッドの選択ってどうしてます?当方のお客様も殆どが指定がなく純正か純正対応品で交換してます。サーキットや山道を走る方は、もっと効くのが良いとか言ってきますが、殆どはお任せで。
ブレーキパッドって大体2万KM 位は持ちます。予算の関係で安い物を付けてくれという方もいますが、ブレーキですよ!!って言い返します。
また、粉の少ない物と指定がある場合でも当方は自分で使って納得したもの以外は使いません。そういうパッドってやはり高速とかで効きが悪かったりするからです。粉が少なくてよく効くパッドなんてないんですから、妥協点をどこでバランスするかでパッドの性能が決まります。色々試していますので、興味のある方はご相談下さい。

最近のラリー車なんかは、ターボ車が殆どでまた、ミスファイヤリングシステムなんかも使いマスターバックに負圧が溜まらず、マスターバックが用を足さず、また、負圧の変化を嫌い踏みしろの安定化の為にマスターバックを外しているみたいです。
では、フォーミュラーカーとは違い1トン以上あるインプレッサやランエボが止まるかというと、カーボンブレーキを使っているからです。ペダルに足を載せただけでカーボン自体の倍力で止まれるみたいです。

競技車と違い、ナンバー付き車輌の場合、温度変化で効きが変わるカーボンブレーキの完全採用は難しく、パッドに何割か配合して温度変化をコントロールしています。

アルファに付けて走ってみるとやはり冷えている時は、効きが悪い(ノーマルよりは効く)ですけど、暖まると足を載せただけで沈み込むように効きます。最も効きすぎる傾向があるので足廻りがノーマルのままだとオーバーサーボでつんのめる感じが避けられません。また温度が低いとローターへの攻撃性も強く
使い方を選ぶパッドだとは思います。でも、踏めば踏む程効いてくるフィーリング、やっぱいいんですよ。

鳴き、ダスト、気にしない方にはお薦めです。Bkpad

|

« ETCC鈴鹿 | トップページ | september meet 2007 »

コメント

まつさんのお車はいつも綺麗にしているみたいですね。でも、やっぱホイールが真っ黒になるブレーキパッド付けないと、マッチモさんについて行けないですよ。(笑い)

投稿: 管理人 | 2007年9月27日 (木) 19時05分

デルタEVOのノーマルホイールはダストが多いパッドでは掃除大変です。
ワタシのは前はダスト少ないタイプ、後ろノーマルなので、後ろだけいつも真茶です。

今度、相談にのってやって下さい。

投稿: まつ | 2007年9月26日 (水) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ETCC鈴鹿 | トップページ | september meet 2007 »