« 仕事に思う事 | トップページ | 噂のハイパコ »

2007年11月 1日 (木)

多気筒だと判断もにぶります

ちょっとおつかれ気味の、モンディアルT が入庫してきました。マフラーをノーマルに戻す作業でしたが、無事作業終了と思ったら、なんか振れるんです。爆音マフラーを付けていた為、空燃費が狂って、不調になっているのかと思えば、ノーマルに戻したら余計に振れを感じます。プラグでもかぶったかな~と思い、プラグコードを一本ずつ抜いてどこだか判断しようと思いテスト。うーん7気筒も6気筒も変わらない。判断が出来ない。不筒間隔のクランクを使っている為とはいえ、多気筒だと判断が(感覚)難しいです。こういう事にはちょっと自信があったのにがっかりです。結局スパークプラグ外して判断しました。
さて、原因追及ですが、プラグを新品に変えてテストしても治らず、次はどこを疑うかと言う事ですが、モトロニックで、同時点火。V8。単純にプラグコードから、断線なさそう。次は、、、。
この車は、方バンクずつ、コイルがあってそれに対し、イグナーターが1個ずつ付いています。コイルの入力は3本。多分信号系が2本とプラス線。うーんどちらだろう。ちょっと考えると判断が出来ました。イグナーターは、同時点火用で2系統になっているタイプで、もしだめならば、2気筒同時に火が飛びません。つまり、コイルです。でも、このコイル2個1になっていて、2次コード(プラグコード)側が4本出ているタイプ。コイルと2次側差し込み間がだめと判断されます。高い部品っぽいんで、モーッテクで使っているイグナーターを付けてテストして確実な判断としてからの発注となりました。Mont01 Mont02

|

« 仕事に思う事 | トップページ | 噂のハイパコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事に思う事 | トップページ | 噂のハイパコ »