« キャブが4個 | トップページ | 新年です »

2007年12月28日 (金)

エンジンマウント

イタ車やフランス車で、よく交換する部品でエンジンマウントがあります。足回りのブッシュというと皆さんもどういうことか解ると思うのですが、エンジンやミッションのマウントとなるとだめだとどうなるとか、どうなるとだめとか解り辛いと思うので説明します。
エンジンは。回転することによって振動が出ます。オートバイのように直付けだと、車の場合色々問題が出てきます。まず第一に振動により取り付け部の破損がおき、また駆動系の遊びが無くなりギクシャクした動きになります。そこで、ゴムのマウントを入れて、それらの振動をやわらげています。一部レーシングカーでは直付けに近い状態ですが、毎レースごとにばらして点検するので、問題は少なくなります。
さてこのマウント類ですがやはりゴム製品の悲しい現状としてへたりが発生したり、硬くなって、衝撃をやわらげられなくなったり、エンジンの搭載位置がずれてしまったりします。
また、アクセルワークに対しての反応もおかしくなります。最悪、エンジンが脱落なんてこともあります。下の写真のようにゴムの部分が伸びて戻らなくなったりするのでエンジンの位置おかしくなったりしたら,要交換です。Egmount

|

« キャブが4個 | トップページ | 新年です »

コメント

こういうのを見てしまうと、自分のもエンジンマウント交換したくなってしまいます。
今年はイロイロありがとうございました。
来年も早々から車検など、よろしくお願いします。

投稿: まつ | 2007年12月31日 (月) 16時50分

先日はWPやサーモなど手配していただきありがとうございました。

毎回このブログを楽しみに拝見しています。

さてエンジンマウントですが、具体的にどうなったら交換の必要ありと判断するのでしょうか?僕みたいな素人でもわかるチェックポイントなどがあれば教えていただけると助かります。

来年もどうぞよろしく。

投稿: mark | 2007年12月31日 (月) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンジンマウント:

« キャブが4個 | トップページ | 新年です »