« アグリさん頑張れ!! | トップページ | アグリさん頑張れその2 »

2008年3月 7日 (金)

アルファロメオV6のタイベル

ここ1年位、アルファロメオのV6-24Vのタイベル交換をするときに、社外品を使っている。安いからではなく強度的に、良いので。ベルトを調整(張る)時に、力が必要というか伸びが少ないんです。だから交換後のレスポンスも良くなっていると思われます。(当然純正部品でも良くなりますがより以上にという感じで)
ただ、やはり微妙なんですが、音が出るんです。最初は色々やってみましたが最近は慣れっこになってしまって気にしないようにしてます。耐久性も良さそうなんでこれからも使い続けていこうと思っています。
所で、タイベル交換時に治具(特殊工具)を使ってカムを固定してバルタイを調整するのが基本です。でも私は殆どやっていません。特殊工具も2.5L用とGTA用もっています。
エンジンの調子が悪かったりする時は必ず見ます。(治具ではなくダイヤルゲージで)でも調子の良いエンジン(普通悪くないので)はあえてやらずマーキングで対処します。以前は色々みましたが、結局古いベルトの伸びが多くて狂っていたというのが殆どです。
だからあえてやらないようにしてます。逆にちょっと変えたい時なんかは、時間かけてやります。
ただでさえ、部品代が高いので無駄な時間とコストはかけないでやる方がよいと思うので。
多分これを読んだ、整備士の方は反論あると思いますが、、、、、、。24valvetiming

|

« アグリさん頑張れ!! | トップページ | アグリさん頑張れその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アグリさん頑張れ!! | トップページ | アグリさん頑張れその2 »