« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月18日 (金)

GW中の営業

G/W中の営業は
28~3日営業、4日~6日臨時休業
営業中も、部品の入手が困難な場合がありますのでご注意を!!!
6日は富士スピードウェイでARCA(アルファチャレンジ)です。
休み中最終日ですが、皆さん参加致しましょう。
体験走行出来ます。隣とか後にご家族や、友達を乗せて走れます。勿論、ヘルメットはいりません。F1が走っているコースです。天気が良ければ走っている最中の富士山も感動的です。特にアルファロメオでなくても大丈夫なので、気軽にご参加を。事前申し込み3000円。当日でも3500円。10時半に受け付けです。なお、富士スピードウェイの入場料が別途お一人様1000円かかります。

げ、またアグリさんとこスポンサーが逃げた??次のGP欠場??このままってことないですよね~~!!

| | コメント (5)

2008年4月14日 (月)

グランデプントアバルト

とうとう日本に入ってきました。さすがカーボックスさん多分一号車でしょう。
かっこよい。やたらABARTHのマークや文字が、、、。久々の復活で気合いの現れでしょう。
後日、色々紹介します。

  Puntoab01_2 Puntoab02 Puntoab03 Puntoab04 Puntoab05 Puntoab07 Punto06 Punto08

| | コメント (1)

2008年4月13日 (日)

テコの原理

アルファロメオの156以降のV6のM/Tミッションなんですが、こんな物使っています、ウエイトです。写真で解りにくいかもしれませんが、シフトリンクに付いています。(ちなみにリンケージはワイヤー式です)
何故でしょう?
そう、テコの原理です。ウエイトを付ける事によってシフトリンケージの動きに力を加え、シフトフィーリングの向上を狙っています。シフトノブに付けても似たような感じになりますが、やはり、みションに近い方が効果があると思います。何より、前後方向のみに交換が出せます。シフトノブでやると横方向でシフト位置が解りにくくなる場合もあります。
では、外すとどうでしょう??やはりシフトフィーリングに違いが感じられます。
元々、ワイヤー式はフィーリングがいまいちと一般的には言われていますが、こんな努力もされています。Sift01 Sift02

| | コメント (0)

2008年4月10日 (木)

ブログについて

このブログを立ち上げて2年がたちますが(以前のもくっつけているので微妙ですが)、おかげさまで更新しないと、催促が来るまでになっています。ここんところも、催促みたいな感じでメールが来たりしています。そもそも、パソコンに慣れるために始めたHPの独り言。それがブログという形になり今に至っているわけですが、なかなか更新ができないときもあります。個人方のブログと違い仲間内であれこれ意見を言い合う場とは違い、皆様に当方を知って頂くと共に、車生活にお役に立つことをお知らせできればと思っています。
元々、車いじりが好きなわけなので、なかなかデスクワークとも言えるパソコンに向かうことが苦手なんです。そんなわけで更新もままならずという感じですが、気長にお待ちください。
とこんなこと書いていますが、実は今自宅でキーボードたたいているんですが、カメラのメモリーカードもって帰ったのにカードリーダーが無く写真が無いためにやむ終えず書いています。
そういえば5月6日に富士でARCAがあります。今それに向けてどたばたしています。でも今日、めどが立ちまたもやぎりぎりですがお客様に参戦してもらえそうです。
レースって、シビアなんであんまり仕事としてはやりたくないんですが、お客様が当方を信じて仕事として依頼されて下さる以上、全力で作業させていただいています。200KM/Hでなんかあったら死にますよ。私を信じて全開で走ってくださるので、こちらも全力で対応させていただいています。だからといって一般の仕事は手を抜いているわけではありませんが、、、。でもそういう仕事をやることで技術力も上がると思うし、経験も重ねられるので、これからも頑張って生きたいと思っています。

| | コメント (3)

2008年4月 7日 (月)

東山田駅(グリーンライン)

市営地下鉄グリーンラインの開通によって、近くに駅が出来ました。

http://www.city.yokohama.jp/me/koutuu/greenline/station/higashiyamata/

徒歩、7分ぐらいかな?多少交通の便が良くなりました。

駅周辺が工事中なんで、暫定でHPの地図も変えてあります。

http://www.tes-factory.com/access.html

| | コメント (3)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »