« GW中の営業 | トップページ | エアコンの季節 »

2008年5月15日 (木)

Sele test

アルファロメオのセレスピード。M/T感覚で乗れるATということで人気がありますが、イタリア車ということで信頼性に不安があるかもしれません。 でも、最近は安定した耐久性をもちトラブルも少なくなってきました。私達メカニックも慣れてきて対策ができるようになってきました。
そんな中で、テスターを使ったリセットがあります。
本来、ミッションを降ろしたり、クラッチ交換、セレユニットの交換等がなければ必要の無い事ですが、やはりリセットすると良くなります。
たまたま入庫した車の依頼事項にあったのでビデオに撮ってみました。
最 初のガチャガチャという音と共にクラッチのレリーズシリンダーが、何回もストロークしています。動作の確認とストロークの確認です。次にガチャガチャいっ ているのはシフトフォークを動かし各ギアの動作の確認とストロークの確認です。聞いていてこんなに音がするほどシフトして大丈夫なの??って不安に思える 位です。実際15K前後の油圧がかかって動かしています。ミッション本体のシンクロとか弱っていたらギア割れますよね!!機械は感触無いんで遠慮なくぶち 込みます。(3回やって入んなかったら諦めるみたいです)笑い話じゃないけど、壊れるまでやりますよ。
アルファのは、まだ、普通のM/T にセレユニットをつけただけですけど、そのうち、VW やランサーやGTRのようにTWIN クラッチとかになるでしょう。
何度も聞こえるヒューンという音はモーターで油圧を高めている音です。

ミッションオイルの交換(油脂代含む)とセレユニットのリセット。3万円でやります。長持ちさせたい方にお勧めです。(作業はお預かりとなります)


|

« GW中の営業 | トップページ | エアコンの季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GW中の営業 | トップページ | エアコンの季節 »