« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

クラッチホース

当店のお客様の7割以上はマニュアルミッション車です。ちょっと他の工場と違います。まあやっている車の性格性かもしれませんが、、、、。
M/T車でクラッチのオーバーホールとかディスクの減りとかは気にする方は多いと思いますが、クラッチホースの劣化は、どうでしょう?ブレーキホースと同じで、ヒビが入ったり、腐食によるつまりなども多いです。
当方は、クラッチ本体以上に気をつかっています。クラッチ本体が大丈夫でも重かったり、戻りが悪かったりするからです。
最近の車はエンジンルームがびっしりだったりしていて車検に出してもクラッチオイルすら交換しない所が増えてきています。気を付けましょう。
ちょっと古めの車なんかは特に交換が必要なんですけど、部品が生産中止になっていたりします。そういう時はステンレスのホース等で作るしかないでしょう。写真の車はランチアテーマです。やはり生産中止でした。
ところで156以降の4気筒ってなんでレリーズシリンダーレリーズベアリングと一体にしてしまったんでしょう??フェラーリみたいにマフラー外せばミッション降ろさず出来れば文句言いませんけど、、、、。Cluch_hose01

| | コメント (2)

2008年6月25日 (水)

ふらふら帝国さんへ

ふらふら帝国さん前回のブログにコメントありがとうございます。一応皆さんも興味あるかと思うのでこちらで紹介します。
MITO 1.4ー16V  1.4Turbo16V 1.6M-jet16V
DELTA 1.4Turbo16V 1.6M-jet16V 1.9M-jetTwinTB 2.0M-jet
FIAT500 1.2-8V 1.4-16V 1.3JTD 1.4Turbo16V
やはり、ディーゼルのラインナップが多いですね。
この3車、基本シャーシは一緒の兄弟車なんで、すみ分けどうするんですかね?500ヤンチャ、デルタエレガント MITOスポーティー。こんな感じですかね。
デルタの1.9LのTwinTBが気になります。2.0は5気筒だと思いますが、1.9は4気筒のはずなんで、それにTwinTBディーゼル。しかもデルタだけ。
日本でのディーゼルの輸入って、難しくなってきていますが物はもの凄く良くなっているんでしょうから日本の道路で走らせて見たい物です。
デルタのデザイン、好き嫌いがはっきりしそうなんでまずそこが難しそうですけど。

そういえばふらふら帝国さん、インディーとルマン観戦に行ったんですね。今度お話聞かせてください。

| | コメント (1)

2008年6月23日 (月)

インストールしたけど

イタリアからの郵便物。何度目だっけ?今回もいつものとこから。

Post
封を切ってみると、、、、、。先方投資した甲斐があったんですけど、、、。早すぎ、、、、、、。

そう、届いたのはCD-rom.単なるテスターの更新です。

今回は
FIAT500ABARTH
LANCIA delta
ALFAROMEO Mito
etc

日本所か、イタリアでも売ってないでしょ??
取り合えず、エンジンラインナップだけは判ったんですけど、車体番号入れないと先進めないので、何が出来るのでしょうか?

インストールは一応してみましたけど、半年後???位には使うのかな~~??
Testermito

| | コメント (1)

2008年6月16日 (月)

パワーフレックス

デルタにお乗りの方にはお馴染みの紫色のブッシュと言えば、パワーフレックス。当然、デルタ以外の車種も、設定があります。イギリスのメーカーらしくイギリス車のマイナーなー車が多いのですが、デルタやアルファロメオといったイタリア車、プジョー106などがラインナップにあります。
今回、お客様の依頼で、147GTAに交換取り付けしました。と言っても、フロントのみです。
デルタで10台以上、155で2台交換しているので、手順は判っているんですがやっぱりめんどくさい。足廻り外すのはそこそこ、プレスが使える物はラッキー。後は、、、、、。

焼くんです。ブッシュのゴムの部分を焼いて削り取るんです。しかも、今回何故かシャフトとカラーがサイズが甘く溶接で点付けが必要でした。

本来、ブッシュ自体の純正部品での設定が無くアームアッシーの設定しか有りません。当然交換となると10万円の部品代が必要です。パワーフレックスだと3分の1ぐらいの部品代。工賃を入れてもかなりお安くできます。でもお薦め出来るかというと微妙です。実際ロアアームなんかは溶接必要ですし、147に関してブッシュ自体は純正の方が固いかもしれません。
ただ、車高を落とした方にはお薦めです。純正のブッシュってたわみのみで動いています。それに対し、パワーフレックスは分割式になっている為、動きが良いんです。車高を落とすとロアアームの角度が変わります。それに対して純正のブッシュは並行になるように設定されています。そうなんです。車高を落とした時点ですでにブッシュがたわんでいるんです。だから良いかなと思われます。ただ、やはり足廻りで問題が起きると困るので、常に点検の出来る方しかお薦めできません。ストロークが20mmしかないようなサスペンション(スプリングレートが20Kとか18Kg入れてる方には必要も無いと思うし。(どうせ動かないんで、、、、笑い)
部分部分しか部品が揃わなくなっていて入荷があいまいですが、155,155,916系、147、156。そこら辺は各一台分位ずつ在庫有ります。
しなやかな足を考えている方は試してみては!!!

Pfrex01 Pfrex02 Pfrex03

| | コメント (2)

2008年6月10日 (火)

覚悟のいる車

いつの頃からランチアテーマの832のお客さんが良く来るようになった。10台以上面倒を見ていた時もあります。最近は半数の方は降りてます。
覚悟のいる車です。
832eg01 エンジン降ろしましたけど、、、、。さてとどうしよう??オイル漏れしているんでついでに、エンジンオーバーホールで、、、、。ハイ200万です。ってなわけいきませんよね。 ちなみに、クラッチオーバーホールだけです。降ろさないで出来ませんでした。

|

2008年6月 7日 (土)

プジョーのリアサス

フランス車って、乗り心地良いですよね。一部のスポーツモデルを除けば。
足(サスペンション)が良く動いているんですよ。重いエンジンを載せたフロントはそれなりですが、リア。これがうまい具合にストロークしています。
プジョーのリアは大体トレーリングアームの独立懸架で、トーションバーが多いです。307あたりはコイルスプリング使っていますがそれ以前のモデルは殆どトーションバーです。トーションバーを使っているという事は、スペース的にも有効でトランクスペースが広く取れます。でもアルファやFIATなんかもトレーリングアームを使っています。155や145、プントがその例です。ではどこが違うというとアームのストロークをうまくかせいでいるんです。写真の様にかなり寝かせています。それによってうまい具合にストロークさせトラクションと乗り心地を良くしています。それでもってトランクスペースも稼げるという感じで、一石二丁です。
日本車を始め、イタ車なんかではここまで寝かしてストロークさせるという感覚はないですね。206sus01 206sus02

| | コメント (1)

2008年6月 6日 (金)

ペトロカナダその2

反響が有ったんで補足します。
ペトロカナダは元国営企業で油田持ってます。故に自社製品に関して安定した供給が予測されます。ただ、日本での知名度、代理店の思考等で、中々メジャーになれないオイルです。また、自動車用オイルメーカーと言うよりガソリンスタンドを始め、石油製品全般を扱っています。環境改前にも色々取り組んでいます。産業用オイルメーカーとしても有名で日本の代理店も組み立て工場を始めとしたメーカー中心に販売しているみたいです。
もうテストはじめて半年位になります。サンプル品等もすぐ出してくれ対応も良いです。
今、テストしてオイルは15W40の化学合成油なんですが、トルクもでてレスポンスも良いオイルです。取り合えず熱ダレもなさそうです。(サーキット走行済み)
15W40という粘度ですが始動時も固さを感じず粘度に拘る必要もなさそうです。0W40の化学合成油もサンプル出来るので次はこのテストです。
輸入元の話では、化学合成油ですけどフルシンセティックの性能は出ているとの事です。確かにそんな感じです。2000円前後で売ろうかと思っていますが、3000円位の他のメーカーのオイルをしのいでいるような感じです。ベースオイルと精製の方法が良いみたいでフィーリングの良い感じが出ています。添加剤も少ないみたい透き通った色です。
結構何件かのポルシェ屋さんが使い続けているというので、空冷エンジンの熱ダレにも良く耐久性があるような感じです。昔はレース屋さんがこぞって使っていたみたいで、ちょっと前のNISMOのカタログにもミッションオイルは載っていました。
サンプル終わったら又報告します。

| | コメント (0)

2008年6月 5日 (木)

ペトロカナダ

ペトロカナダ。あまり、日本では馴染みのないメーカーかもしれません。カナダの製油所を持つメーカーです。
ここで自動車用に発売しているオイルを扱おうかと考えています。
元々、自動車用オイルって粘度とか企画とか有りますよね。でもこれって自己申告制だったんですよ。詳しい事はよく解らないんですけど、殆どのメーカーが規格相当で表示しているみたいです。ここの所の原油高でちょと怪しい感じになってきました。世の中厳しいってことで、あえて言いませんが、そんな中、このメーカーのオイルを紹介され自分の車でテストがてら使っています。普通に使っている分には特にどうこうという感じではありません。決して悪くは無いです。良いかという判断できるまで使い込んでいないんですが、使おうかなと思っています。比較的お安く提供できそうだし。
ちょっと困った事にここのメーカー、規格にあまりこだわっていないみたいで、他のメーカーがシンセティックと言っているパーセンテージではなく表示しているので表示以上の性能を出しています。粘度も15W40とかですが、かなり幅に余裕があり、幅広い車種に使えそうな気がします。
もう少し使ってみてから報告します。Petrocanada

| | コメント (2)

2008年6月 3日 (火)

やっと納車出来そう

フェラーリ355って人気ありますよね。一時期800万位まで値段落ちたのに最近は程度が悪くない限り1000万越え。10年前の車ですよ。やっぱ価値ある車は値段が落ちないというか人気がると言うか、車の価値以上の値段が付く事も多いです。
4年前から当方をご利用になっているお客様が、当時より欲しがって良い物があったら知らせてくれという感じで探していたんですが、値段の上がる事上がる事。躊躇している間に手が届きにくい所へ。で、今回良い物が出てきたんで無理をしてもらってご購入してもらいました。(と言ってもCARBOXさんの管理車だったんでCARBOXさんからですけど)長くお待たせしたんで今は本当に楽しみに納車をお待ち頂いている状況ですが、当方の整備も終わり、後はコーティングだけとなりました。やっと納車出来そうです。
フェラーリやランボルギーニを始めとした、スーパーカーって夢かもしれませんが、夢で終わらしてしまってはその車の良さって判らないし、オーナーにしか判らない喜びってありますよね。スーパーカーだけでなく、アルファやプジョーなんかもデザインが好きで買った人が多いと思いますが、自分の車をちょっと離れたとこから見て見たり、渋滞にはまっている時にショーウインドーの鏡なんかに映る自分の車を見てほれぼれすることって多いですよね。私もその一人です。通勤途中にあるクリーニング屋さんの鏡でいつも自分の車を確認しています。
箱根に走り行った時なんかも、車の横でだべっているのが好きです。車って生活の一部で足にしか感じない方もいるかもしれませんが、イタ車やフランス車は機能だけで選ばれて無いはずです。乗る車が無いから乗っているのではなくて、乗りたいから乗っていると言える様に車に接して見ると楽しいですよ。
ガソリン価格の高騰で走る事が辛くなってきましたが、だからこそ乗る時の楽しさを満喫してください。その為にはコンデションを良く保つ為にTES-factoryをよろしく!!←結局宣伝でした。(笑い)355d_2

| | コメント (0)

2008年6月 2日 (月)

パガーニゾンダ

日曜の夜、雑誌を見てたら急に興味が出てきた車があって色々調べて見ました。
と言っても、ちょっと珍しい車なんで資料とかが少なく、ビデオなんかをみてました。
この車の初期型が発表された時、結構衝撃的に好きなデザインだったのは頭の中にあったのですが、値段が、、、、、。
Zonda01

そう8000万位の現地価格で現実には夢の夢。忘れていたんですが、かなり前に買った雑誌にに載っていて、見直したらやっぱり良いと思いました。ビデオなんかをみていると音も良いんですよ。
形もレーシングカー(ルマンカー)みたいで最高だし、オーバーハング、リアエンドの形からくるリアウイングの効果なんかもよさそうだし、理想に近いかもしれません。エンジンはAMGの7,2Lを載せてるし、個々の部品の形が特出しているし、作った人の妥協が無い感じが好きです。カーボンコンポジットのシャーシに鉄のサブフレームと言う形みたいですけど。12気筒としては異例の1250Kgの重量。

どうやら、エンジンサプライヤーのAMGがユーロの排ガスをクリアーできず生産中止になってしまったみたいですけど(時期モデルはV8スーチャー付きみたい?)一度は乗ってみたいな~~。誰か買って!!

http://www.youtube.com/watch?v=4xzTjmA3Ca4

なんかニュルを7分27秒では知ったみたいですね.カレラGTやenzoやGTRより早いですね。

http://www.youtube.com/watch?v=APbrjvadVA0&feature=related

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »