« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月29日 (水)

砂抜きプラグ

自動車メーカーがエンジンを製作する時に、どうしても、ドリル等の機械が入らない場合、エンジンに穴を開けてそこから機械を入れて加工します。
加工後メクラ蓋をして水やオイルの漏れを防ぎます。特に水のラインの場合、錆が出てくると、厚さのないこのメクラ蓋に穴が空きます。水の管理が悪いと水が漏れるという事なんですが、これが結構やっかいです。
今回のお車はランチアイプシロンなんですが、こういう砂抜きプラグって、交換しないことを前提としていますので交換しにくい場所に付いています。今回もサージタンク、インテークマニーホールド、スターターモーター色々外しました。
ちょっと古めで錆が出始めてきたお車は注意してください。錆が出てきたら1年に1回のペースで冷却水の交換をお勧めします。 Sabi01 Sabi02

| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

円高!!!

世界同時株安で景気後退。厳しい話です。でも、相変わらずマイペースで仕事が出来ています。仕事があるだけましなのか???なんてつまらない話はやめにして、チャンスと思うこと。
よく解らないけど、急激な円高、ドル安だけでなくユーロやポンドまで。
と言うことで買うしか無いでしょう。取り合えず、イギリスのレース屋さんにメール入れて、それから、部品屋さんにFAX入れて(相手側のFAX壊れてて結局メール)。次は、イタリアだ。ここは有名なとこなんで多分日本人が注文しまくっていることでしょう!とここで肝心な事に気が付きました。ご想像の通りカードの限度額です。この前電化製品買った時も同じカードだったはず。クレジットカード2枚もっていても、J○Bさんはヨーロッパで使えない。取り合えず終わってしまったみたいです。
来月まで円高続くの??
レース屋さんに頼んだ部品は私物みたいな物。果たして使えるかどうか解らないもの。う~~ん、こちらを来月にすれば良かった。部品屋さんに頼んだ物はアルファロメオの消耗品。
こちらは皆さんに還元出来たらよいかな~~!ま、でも数は限られていますんで。
時々、海外から部品輸入しますけど、キャンペーンして皆さんに還元しようと思う前に修理依頼が入ってなくなってしまう事が最近多かったです。ちょっと多めに取ったけど今回はどうなんだろう?前回も忙しくて手が空いたらキャンぺーンやろうとおもったら、結局消耗品だったので使い切ってしまいました。荷物はすぐは届かないし、もうすぐ年末、、、、。あまり在庫増やせる身分ではないし、どうなる事やら、、、、、。

| | コメント (2)

2008年10月16日 (木)

今更ですがFI日本GPについて

最近のF1は、マクラーレンいじめ、と言うかファラーリびいきというか、なんかすっきりしない事が多かったです。で、日本GP。問題多すぎです。ハミルトンのマナーの悪さ、マッサの注意不足。テレビゲーム見ているような感覚です。インさえ入ってしまえば許される事ではないし、やっぱり当たりそうになったら逃げるしかないし、難しい問題かもしれないけど、なんかこの2人の為に台無しになっているような気がします。ま、チャンピオン争いしているのだからしょうがないかもしれませんが、、、。あんだけ嫌いだったアロンソが好きになりそうです。
FIAの公式サイトでもファンの意見を聞こうとしています。確かに判断も難しいです。
http://www.formula1.com/news/headlines/2008/10/8530.html
一つめの問題シーン、これは仕方がないかもしれないけど、ハミルトンIN取れば良いわけではないと思う。完全にブレーキ遅すぎです。
2つめは判断が難しいけど、ツゥルーリが普通のライン取りで入ったのにマッサがハミルトンを意識しすぎてツゥルーリの動きが判らなかった為、逃げてそのインにハミルトン入ってそのまま並んだ形には見えるけど、あの角度だとハミルトンには見えて無いだろうし、、、、。実際、マッサはコースオフしてるし、押し出したような形ですよね。コースオフを避けて戻ったとこにたまたま、ハミルトンがいたと言うことなんでしょうか?多分、1周目の事が無かったら、マッサにもペナルティーが付いていたと思う。
3つ目は、ブルデーにペナルティが付いたけど、マッサも注意力散漫だと思う。相手が引いてくれると仮定しすぎ。同一周回だったから譲りたくないだから。
色々問題のシーンはあったけど、大きな事故もなくバトルが見れて、やっぱり富士は見る方としては面白いと思う。鈴鹿はテクニカルコースですけど、抜きにくい為、バトルが少ないし、乗ってる側は面白いだろうけど。
しかし、車載カメラ見てると自分とかお客さんのとは比べものになりませんね。実際参考にもならないし。1分も違うと。

| | コメント (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »