« 円高還元第1弾 | トップページ | カーボンクリーン »

2008年11月 6日 (木)

ECO換え

菊池ももこ様がTOYOTA様のコマーシャルの中でしきりにECO換えとおっしゃっています。
結構響く言葉です。新しもの好きの方は目新しい物が出たらすぐ飛びつくことでしょう。それが車となると中々難しい事です。値段が高いと言うこともあります。今使っている車への思いもあるでしょう。確かに新しい車は排ガスも綺麗だし、燃費も良さそうです。みんながみんなプリウスに乗ったらつまらないだろうし、そうなると私は失業です。でも、車は消耗品の固まりです。部品だけを交換しても新車には戻れません。
インターネットの普及でオーナーズクラブがはやっています。確かに情報の交換や部品の情報なんかも出来ます。ただ、それもない物はないだろうし、壊れる所は壊れます。逆にみんながまだ乗っているから安心だなんて思わないでください。車は人間と同じで個体差があります。自分の車を冷静にみてみて、本当に好きなら乗り続ければ良いですし、魅力を感じなくなったら換えれば良いと思います。
きびきび走る車が好きな私は以前からプントが大好きです。2000年のCVT仕様。1250CCしか無いのに上のクラスの車をかもれます。(笑い)足とかあんまり良くないはずなのにボデー剛性が高い為に変な動きもせず素直な感じです。多分普通の人からみたらECOカーには見えませんが、私にとってECOカーです。ボデー剛性って結構大事だと思います。新しい車はみんな剛性が上がっています。アマチュアレースでさえボデー剛性が良くない車にいくらお金をかけても早くなりません。そこが難しいとこでもあるんですけど。
なんか古い車はだめだと言うことを言っているように思われてしまうかもしれませんが、そうではなくて好きな車だったら故障やへたりを我慢するのでは無く、治しましょうと言うことです。中途半端に満足している位だったら、ECOカーに乗って未来の環境保全をしましょう。
未だにどうやったらより多くの燃料を燃焼室に送り込めるエンジン(いわゆるパワーアップ)が作れるか悩んでいる私ですが、時々こんな事も考えます。

|

« 円高還元第1弾 | トップページ | カーボンクリーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 円高還元第1弾 | トップページ | カーボンクリーン »