« ウォッシャーホース | トップページ | 修理か交換か »

2008年12月25日 (木)

HIDのアンプ

最近は純正でもHIDの装着車が増えています。欧州車でもかなりの車が採用しています。HIDは、パテント部品が多く、自由にカプラーなどを換えられないようになっています。欧州車の殆どはフィリップスのバルブで、カプラーなども共通です。
で、最近多いのが省スペースの為に、アンプをヘッドライトの下に直接取りつけてあるタイプが増えてきています。このタイプはトラブル多いです。水が入ってしまうことが多いです。
洗車をした後など、ヘッドライトが曇ってしまった経験ありませんか?そうなんです。一応シールされているヘッドライトも内側が曇ってしまいます。その下にカプラー上向きで付いているHIDのアンプはたまったもんではありません。
147GTAで、雨の中走った後、必ずHIDが点かなくなる車があって、外しては清掃乾燥してきた車がありましたが、とうとう壊れ社外品の部品でアンプ等の位置を換えた車もあります。
乾かすと言ってもヘッドライト外すのにバンパーも外さなくてはいけない車が殆どなんで、個人レベルではどうにもなりませんけど、取り合えず洗車等気を付けてください。
Hidamp02 Hidamp01

|

« ウォッシャーホース | トップページ | 修理か交換か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォッシャーホース | トップページ | 修理か交換か »