« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

ブラウンGP優勝おめでとう!!

F1開幕しましたね。ブラウンGP見事に1位2位フィニッシュ。もしHONDAのままだったら、日本中が大喜び。しかも3位がTOYOTA.
去年から今年の為に車造りをしてきたみたいなので、去年の不調が吹っ飛びますね。なんかHONDAとしてはおいしい所を持って行かれたような感じかもしれませんが、それを決断したのもHONDAですから。KERSの問題とか、今年のF1は色々ありそうですが、技術革新みたいなこともありそうな気配です。KERSの力を貯めてそれを放出使う時は、TURBO時代のようなプッシュオーバーテイクがみられるのは面白いものですね。マンネリ化していたレースに新しい見せ場が出来たので。でも、ブラウンGP登載してないんですよね。残念。
インサイト、プリウス。市販車の対決も、この不況のなか、良いことです。このまま車業界が落ち込んでしまうのを防いでくれるような気がします。
アルファロメオも販売が落ち込んできてしまっていますが、MITOと言う新しい力を借りて販売が増え、ブランドイメージが上がってきてくれるでしょう。
そういえば先日、第3京浜を走っていたら、8C見ました。黒です。慣らしやっているのかゆっくり走行していました。走っている姿みて、感動しました。

Barrichello_2

| | コメント (0)

バランサーシャフト

耐久エンジンの製作は、ちょこっとずつ進んでいます。
越下、ばらしています。
で、ここで、バランサーシャフトを外しました。4気筒、83X91MMのロングストロークエンジン。振動を消す(振動がでる角度でウエイトによる同期打ち消し)為にシャフトでバランス取っています。
どうせ、7000回転位しか廻さないのであっても良いし、外すと3000回転位で微妙な振動もでます。
でも、重いんですよ。やっぱり、4気筒のエンジン重量の少なさのメリットを上げる為にも少しでもカルクという意味で、、、。
バランサーシャフトは回転しています。左右端は、ボールベアリングで、回転していますが真ん中は、メタルが入っていてオイルで潤滑しています。で、シャフトを抜くとそこが空洞になってしまいます。つまり油圧がかかっていtる所なんで油圧がリークします。その対策もして組み付けます。
日本車でも三菱なんかはこの方法で振動取っていました。156のエンジンも設計が古いんでそうやって振動取っていますが、早く、新世代のエンジン作ってもらいたいです。159の2200CCも元はGMですし。

Barannser03


Baranser04

| | コメント (0)

2009年3月25日 (水)

本日の作業車

本日の作業車は、ミッドシップ、セミATでした。
たまにこんな車もやっています。
Kei01

| | コメント (1)

2009年3月24日 (火)

156&147TSサージタンク

前回の続きで、ちょっとどうしようか悩んでます。
147&156のTSエンジンは以前の145や155と違ってサージタンクがプラスチックに変わりました。147tank01

材質が変わっただけでなく、吸気管の長さを変えてトルクの出方を変えています。下の写真の右側の部品の上から空気が入って、右の4カ所の四角い入り口から入ってオレンジ側(ファンネルの変わりになっています)に抜け左の部品からインマニに空気が流れます。

147tank04

右側の部品がECUにコントロールされたバキュームでロッドを引きスライドしていわゆるファンネルの長さを変えているわけです。
それが下の写真のように動きます。

147tank03

147tank02

こんな感じですけど、これをどうするか。そもそも、ノーマルエンジンとはいえ街乗りする気はないし、一応3000回転以下なんていらないし、、、、。ファンネル部を更に切って短くしてしまおうか、、、、??
それとも145の可変機構無しのアルミのサージタンクにするか??
殆どノーマルですけど、せっかくばらしたんで、ポートぐらいは磨きましたけど、そもそもそんなに吸気が入ると思えないので切ってトルクでなかったら悲しいし、、、、、。だったら余計なもの付いていない方がよいなかな~~~??
今回は時間がないんで試せませんが、時間がある時に色々試してみます。

| | コメント (1)

2009年3月23日 (月)

耐久用エンジン製作

4月26日に鈴鹿でETCCの耐久レースがあります。改修後の綺麗なサーキットで走ってみたくてエントリーしようと思います。

という事で今ある車両のエンジンを組むことにしました。と言っても耐久レースなんで単なるオーバーホールみたいなモンです。でも、諸事情により、2個一かな。腰下は板金屋さんにもらった、ベルトの切れた147のエンジン。それに手持ちの145のヘッドを組もうと思います。

と言うことで、エンジンスタンドに載せ、これから始めたいと思います。

間に合う???

156tseg01

| | コメント (1)

2009年3月21日 (土)

ETC割引 ペトロナス 雑談

3連休、昨日は午前中雨だったので、それ程ではなかったんですが、朝から晴れた今日は道路混んでますね。
ETCの高速割引って一部で始まっていて、アクアラインなんか大変混んで海ホタルは、満車状態が続いているとか。安くなるのは良いけど、渋滞が増えるのは嫌ですよね。しかも、複雑な料金設定、どうなってんやら??どの時間に使えば安いか今一解らず、首都圏は除くって???どこから???結局、遠くにいった方がお得ですよ!!ってことみたいですけど、実際の話、ガソリンは使うし、排ガスはばらまくし、どうなるんでしょう???しかも道路公団でさえ、想像が付かない渋滞がでると予想不可能とさじを投げている状態。本当に景気回復の一手になるのでしょうか?
話は変わって昨日の続き、ペトロナスのお話。
当方は良い製品をお客様にお勧めしています。ここのメーカーは全て薦めると言うより、この車にはこれが良いというような感じです。今テストしているペトロナスのSYNTIUM1000は、アルファロメオの4気筒に乗っている方にお薦めかなと思います。
マレーシアの象徴でもあるツインタワー。かなりお金かけています。FIのBMW、日本のGT選手権のTOMS。これから伸びていくメーカーだと思います。オイル自体はなんか茶色と言うより、透明に近い感じであまり混ぜもの(添加物)が少なく、ベースオイルの素性がよい感じです。今はまだ、ラインナップも少なく、スーパーオートバックス位しか売っていません。今後プロショップ用として色々出てくると思います。BMWは勿論、BENZ、VWのメーカー認定も取っています。Mシリーズの指定が10W60なんで、GTA用として使える粘度も出てくると思います。注目のオイルメーカーだとお思います。

| | コメント (0)

2009年3月20日 (金)

今度のオイルは

丁度、足車の156TSのオイル交換時期が迫ってきて、次は何を入れようかな~~~??なんて考えていたら、来ました。オイル屋さんの営業さんが。新しいオイルを扱うようになりましたと言う挨拶です。長年取引させている方なんで話は弾み、それでは、と言うことで、頂きました。(決してこちらから催促してませんよ)サンプル品。テストして見ると言うことで。
10W40のフルシンセティック、2000円台前半の価格。アルファの4気筒にぴったりかもしれません。
でいよいよ交換。





Petronas01

今回交換したのは、そうあのBMWのF1チームやレクサスSC430トムスをスポンサード支援しているPETRONASです。マレーシアのメーカーで油田持っていますので、ガソリンを始め石油製品全般を扱っています。トムスさんを去年からスポンサードしていたので、とっくに発売されていたのかと思っていましたが、今年からみたいです。
入れてみてと言うか、まず10W40としては結構さらさらした感じです。オイルジョッキに注いだ感じですけど。
で走ってみてどうかというと、やはりレスポンスが良いです。化学合成らしい低フリクションが出ています。で、気になる油圧ですが、サラサラ感があるので低いのかなと思っていましたが、普通にあります。いや普通より高めです。エンジンかけ始めから高温100度でも2.2KG位、アイドリングであり垂れもありません。まだサーキット等を走っていないので油温がどこまで上がるかテスト出来ていませんが良いオイルだと思います。
のちのち耐久性なども報告出来ると思います。

| | コメント (1)

2009年3月19日 (木)

行楽シーズン前に

ここ2~3日でめっきり暖かくなり、気分的には春らしいうきうきした気分になってきましたね。
季節も良くなってきたと言うことで、お出かけのシーズンでもあるわけです。ETCでの高速料金の1000円均一料金も3月28日から一応始まるみたいです。
多分始まったら高速渋滞とんでもないことになるでしょう。
と言うことで、オイル交換やエアコンのキャビンフィルター等の交換をすぐ出来るようにオイルは勿論、オイルフィルター、キャビンフィルター等の在庫を多めにしてあります。当然待ち作業で出来ます。
オイル交換におこしの方には、タイヤのエアーチェックなどサービスさせていたいていますのでお気軽にお申し付けください。
ちなみに下の写真のようにキャビンフィルターはすぐ汚れます。花粉はそろそろ落ち着きそうですが、毎年交換をお勧めします。
明日、明後日も営業しています。
Cabinfirter

| | コメント (0)

2009年3月11日 (水)

継続検査

最近、継続検査(車検)に落ちることが、あります。以前からヘッドライト廻りでときどき落ちていましたが、なぜか、今更という原因で落とされます。最も完全に直して持ち込まない当方が悪いのですが、、。
前回の車検は受かったからといって今回は合格のハンコウをもらえることはありません。車高、これは厳しいですよ。数年前に規制緩和なって色々な部品が出ましたが、意味を取り違えている業者さんも多く、その為、車検時に問題が起きます。最低地上高90mm以下だと受かりません。デルタあたりだとい、社外のスプリングで車高を落としているとマフラーがクリアーできません。車高調だと調整すれば良いのですがそうでない場合は大変です。
後、ピロ。これは強度計算書が必要です。156やデルタのリアのパラレルリンク。これ交換したらきょうど計算書が必要です。でも、多分ありません。アルファやランチアあたりの数だと、認定試験受けての発売だと元が取れませんと言うか赤字です。だから競技用ということで、販売されています。交換するならサーキット走行時のみということです。
シートベルトで免許が減点されるようになってから、車側にもベルト装着ランプが付きました。これも良く壊れています。特に96年あたりの車は初期の対策のため良く壊れます。これ治すのも手間かかります。外されている車もあるので面倒です。
今年に入ってからの、流行は(勝手にはやらせないで欲しい)ウインドーガラスのフィルムです。運転席と助手席の横は透過率が70パーセント以上で無ければいけません。でも普通に考えるととうめいのUVフィルムだったら通ると思いますよね。殆どだめなんですよ。張っていて受かったことがありません。元々のガラスも透過率100パーセントではないのでそれに貼ると車検に通りません。フィルム屋さんが通るといっても測ってから、UVフィルム貼ってください。車検時剥がす事になります。
規制緩和や交通法規が変わると継続検査も変わります。多分そのうちリアのシートベルトの点検もはじまるだろうな~~!!そうそう、バケットシートも後ろにプロテクターが無いと受かりません。リアシートの乗員が怪我をするので、、、、。勝手な思い込みには気をつけましょう。と言うか俺、ちゃんと点検しろよ!!!独り言でした。

| | コメント (5)

2009年3月 6日 (金)

mito GTA

ジュネーブでモーターショーやっているみたいなんですが,mito GTAがベールを脱ぎました。
ちょっと意外でした。と言うのも過激です。147&156GTAのように、ブリスターフェンダーかと思いきや、オーバーフェンダーとしか言いようが無いふくらみ。マフラーの太さ、ボンネットの膨らみ。そしてとうとうアリジェリータ、カーボンルーフ。1750Turbo.噂では直噴ターボで230馬力。
暗い話題の多い中での、アルファのやる気。皆さん買いましょう。EUで9月発売。カーボックスさんも、あえてノーマルの輸入は見送って、これに賭けているみたいです。8Cは無理だけど、これならと思う方、十分楽しめそうです。店長さん買ったら乗せてね!!!
ジュネーブモーターショー YOU-tube

mitoGTA サウンド

mitoGTA走行シーン

mitoGTA発進


 

Photo
Mitogta02

Gta03

| | コメント (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »