« mito GTA | トップページ | 行楽シーズン前に »

2009年3月11日 (水)

継続検査

最近、継続検査(車検)に落ちることが、あります。以前からヘッドライト廻りでときどき落ちていましたが、なぜか、今更という原因で落とされます。最も完全に直して持ち込まない当方が悪いのですが、、。
前回の車検は受かったからといって今回は合格のハンコウをもらえることはありません。車高、これは厳しいですよ。数年前に規制緩和なって色々な部品が出ましたが、意味を取り違えている業者さんも多く、その為、車検時に問題が起きます。最低地上高90mm以下だと受かりません。デルタあたりだとい、社外のスプリングで車高を落としているとマフラーがクリアーできません。車高調だと調整すれば良いのですがそうでない場合は大変です。
後、ピロ。これは強度計算書が必要です。156やデルタのリアのパラレルリンク。これ交換したらきょうど計算書が必要です。でも、多分ありません。アルファやランチアあたりの数だと、認定試験受けての発売だと元が取れませんと言うか赤字です。だから競技用ということで、販売されています。交換するならサーキット走行時のみということです。
シートベルトで免許が減点されるようになってから、車側にもベルト装着ランプが付きました。これも良く壊れています。特に96年あたりの車は初期の対策のため良く壊れます。これ治すのも手間かかります。外されている車もあるので面倒です。
今年に入ってからの、流行は(勝手にはやらせないで欲しい)ウインドーガラスのフィルムです。運転席と助手席の横は透過率が70パーセント以上で無ければいけません。でも普通に考えるととうめいのUVフィルムだったら通ると思いますよね。殆どだめなんですよ。張っていて受かったことがありません。元々のガラスも透過率100パーセントではないのでそれに貼ると車検に通りません。フィルム屋さんが通るといっても測ってから、UVフィルム貼ってください。車検時剥がす事になります。
規制緩和や交通法規が変わると継続検査も変わります。多分そのうちリアのシートベルトの点検もはじまるだろうな~~!!そうそう、バケットシートも後ろにプロテクターが無いと受かりません。リアシートの乗員が怪我をするので、、、、。勝手な思い込みには気をつけましょう。と言うか俺、ちゃんと点検しろよ!!!独り言でした。

|

« mito GTA | トップページ | 行楽シーズン前に »

コメント

>危険性よりも目に見えるたてまえが検査になって

いかにもお役所ですねぇ! 嘆

投稿: Andonio | 2009年3月16日 (月) 22時12分

フィルムに関して、元々のガラスとの組み合わせでの透過率なので、測ってみないと解りません。ただ、何で??という疑問は出てくると思います。役所仕事なんで、、、、。
ちなみに、タイヤの溝測られた事ありません。危険性よりも目に見えるたてまえが検査になってしまってい事も一部あります。

投稿: 管理人 | 2009年3月15日 (日) 21時08分

えー!UVカットフィルムダメですかぁ・・・

革が縮むのイヤで去年自分で透明なヤツ貼ったんですが・・・

剥がさないとダメですか・・・

投稿: ANDONIO | 2009年3月14日 (土) 23時04分

触媒無し??検査の印紙代がもったいなくてチャレンジ出来ません。
透明UVフィルムに関して当方も気が付かないのもあるんですが、工場に透過率測る機械なんか無いんで、気が付いても剥がさず持ち込みます。意図的ではありますが、、、。
3月はそうでもないんですが、景気が落ち込んだせいか陸事の検査員も暇なんで色々チェックします。

投稿: 管理人 | 2009年3月11日 (水) 16時45分

私は自分の145を触媒なしで持ち込んだことがあります(もちろん確信犯!)。もしかして見落とすかも・・・と。しかしプロの検査官はそんなに甘くなく、ライン最後の下回りのピットに呼ばれしっかり指摘されました。2、3人の検査官が寄ってきて笑ってました。(こんなもんよく持ち込んだナーて感じで・・)

投稿: devimaru | 2009年3月11日 (水) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« mito GTA | トップページ | 行楽シーズン前に »