« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月27日 (土)

アバルトなら許せます

エンジン不動のプントアバルトが入庫しました。
原因は単なるプラグのかぶりです。
納車前に車屋さんの駐車場で移動を何回か繰り返していたらプラグがかぶりエンジンがかからなくなったみたいです。

早速プラグ交換。

お!!!!NGKですか!!

NGKでもかぶるの????

ん???

ん???

9番!!

ターボ車とはいえ、、、、、、、。

イリジウムプラグが付いている為、一度電極が汚れてしまうとかかり悪くなるんですよね。

取り合えず、急ぎだったので、マセラッティー用に取ってあるDENSO製の8番に交換。

ま、アバルト    =   チュニングカーなんで、

普通の使い方(アバルトらしい)していたらこんな事無いでしょう。

| | コメント (0)

2009年6月26日 (金)

アンダーバー他

RALLY界の大御所、OKUYAMAさんに、アルファロメオの、補強バーの取付確認を頼まれました。オクヤマさんの方で、GTと156の確認が出来ていて、147の取付が解らないと言うことで当方で確認しました。色々、あります。
実際に取りつけて走ってみたいものですが、そこまでは全部を当方でやっていられませんがメンバープレースあたりは取りつけてみようと思います。
後日報告します。

オクヤマ製品取り扱いもしています。

オクヤマさんHP

CARBING HP

Hokyoubuhin01

Hokyoubuhin02

| | コメント (0)

2009年6月16日 (火)

トルク管理

以前も書いたように最近のエンジンの締め付けトルクは角度締めが殆どです。
たとえば、5daNm+90°+90°。このようになっています。最近のエンジンだけでなく、古いお車も整備書は、このように書き換えられています。
角度締め、結構難しいのです。同じトルクで締まらない時があります。ヘッドの状態、ネジ山の状態、ネジのすべり具合。結構ばらつく時あります。
なるべく揃うように色々やります。閉め方もゆっくり正確に。
今使っている、エンジン組み用のトルクレンチはスナップオンです。これは角度で締めていても途中で、トルクがでます。だからバラツキが解ります。最終的なトルクも表示します。
実はトルクレンチ使っても確認だけにしかなりません。実際、上記のトルクでしめた場合、11Nm位です。そのトルクだとレンチのねじれもあります。トルクで再確認しても殆どずれていないです。
最近のエンジンは殆どがDOHC,特に油圧リフターなどで高さの高いヘッドが多いです。スタッドボルトやヘッドボルトも当然長くなります。そうすると伸びも多くなります。伸びる寸前で止める位が丁度良いのですがここを抑えないときちっとしたしかトルク管理が出来ません。

ネジ1個締めるのも難しいです。

Torqe01

| | コメント (0)

2009年6月10日 (水)

バルブクリアランスシム調整

今、デルタのヘッドのオーバーホールをやっています。89年式です。
この時代の車は、バルブリフターは調整式が多く、デルタはシムで調整します。アウターシム式とインナーシム式と有りますが、デルタはアウターシムです。
このお車は、シートカット(当たり調整)もしている為、調整が大幅に変わってしまって、数回に分けて調整しています。
Sim02

アウターシム式とはいえヘッドが外れていれば、カム外した方が調整は楽です。

メーカー生産時に大体4.20mm近辺のシムが入っています。それが距離を走って来ると、バルブシートや、バルブが減ってクリアランスが減ってきます。(シム式の場合、ロッカーアームなどが無く、クリアランスが広くなることはないでしょう。特にアウターシムの場合面で当たる為にシム自体は減りません)

今回のように、シートカトットなどすると、バルブ自体が上に上がりクリアランスを詰めます(狭く)。だから、薄いシムが必要です。で、それが大体同じような減り方をする物なんで、同じシムばかり必要となってしまいます。

Sim01

ギリギリ、今回は何とかなりそうです。ディーラ-さん在庫もっているのかな~~??

並行部品屋さんは、一番欲しかった3.70と3.75無かったな~~。

次回の為に足りない分を毎回補充しているんですけど、中古を中心に200枚以上持っている当店でも、足りなくて困ってしまいます。ちなみに厚いシムを削る事も可能かもしれませんが以前問い合わせた時に、こんな固いもの(焼き入れもしてあるんで)削るなら3000円以上かかると言われました。シムも1枚800円以上しますので5000円位になってしまうかも?。16枚作ったら、8万円????それは請求出来るのかな~~??シート新品にするよりは安いかもしれませんが、、、、。

CGWEeb見てたらこんなの見つけました。こんなの見たらオーナーさんデルタやめられないだろうな~~

CGWeb

| | コメント (2)

2009年6月 6日 (土)

サムコのホースを使って

水が漏れてオーバーヒートしたお車が入庫しました。そもそもの原因は、インマニ内のホースの破裂でしたが、この際、他のホースも交換してくれとのことで、在庫を調べましたが、生産中止との連絡が輸入元から。古いお車なんで仕方が無いのですがラジエターホースがふにゃふにゃです。

で、どうするかというと

Samco02

↑こんなのを使って、組み合わせで作ります。ベースとなっているのは普通のゴムホースでは無く、サムコというメーカーのシリコンホースです。耐久性はかなり良いです。また、異径、エルボウ(各度付き)、なんかもあり、豊富な種類から選べます。ただ、あくまで汎用です。

Samco01

組み合わせると↑こんな感じです。アルミのパイプでつなぎます。本当はサムコは、オリジナルでラジエターホースを出していてデルタや国産車なんかはそれを使います。 

Samco03

つぎはぎだらけであまり格好の良い物ではありませんが、即席で作るには仕方が無いので。なによりふにゃふにゃなラジエターホースから解放されるので良しとしましょう。

後日、汎用キット出す予定です。


| | コメント (4)

2009年6月 5日 (金)

洗車すると愛着が

お客様のお車は、納車前に洗車するのですが、自分の車は中々、時間が取れず汚いままになっていることが多いです。
ちなみに最近の足車です。↓↓↓

My15601

イタリア車というと赤が定番ですが、汚れが目立たない青メタリックです。
基本的にめんどくさがり屋の私ですが、洗車をすれば気持ちよくなり愛車への愛着が沸いてきます。でも、このホイ-ル白なんで汚れると最悪です。

Heelcleen02

デザインも掃除しにくいんですよ。だから一時期、純正のホイールに戻していましたが、やはり、サイズの関係でこれに戻しました。
汚れは諦めていたんですが、業務用の鉄粉落とし(基本はホイール用、ボデーにも使えます)を手に入れ、使ってみると、、、、。



Heelcleen01


この色、落ちてる感じするでしょう!!

臭いもちょっとしますが、2回位洗うと、、、、、、、、。

Heelcleen03

う~~ん。これだったら、、、、、、。

またもや、愛着が沸きました。

その後オイル交換もしたので今日は気持ちよく帰れるでしょう。(ブログはタイマーで公開中)

ちなみに、悩んだあげくにASHのVSE10W50を入れました。100%化学合成のVHVI系オイルです。そういえばテストしていないのお思い出したんで、、、、。

| | コメント (0)

2009年6月 4日 (木)

HID

そろそろ、ボーナスも近くなったことだし、キャンペーンやります。
まずは、HID。
大手商社さんが輸入元のHIDなんで、保証付きです。
H1、H4、H7 HB3 HB4。
明るさは35Wの6000Kです。
車種は、アルファ、ランチア、プジョー、シトロエン、FIAT,ルノーでしたら、73500円で、取付までやります。最近の車はヘッドライト外すのに、バンパーを外さなくてはいけませんので、このセット価格は、お得なのでご利用ください。155、デルタ、テーマなその古いお車でも、夜間の明るさを諦めていないで取りつけてみてはいかがでしょうか?雨降っている日なんかは特に違いが歴然です。また、消費電量も少ない為、オルタネーターにも優しいです。ご利用ください。H7以外は取り寄せとなります。取付は要予約ですが、待ち作業で行うようにします。

PS,フォグランプに取りつけてみるなんてのも便利でかっこよいですよ!!

それとこんなのもあります。Volare.イタリアのMAKというメーカーのホイールです。
PCD98の4穴もありますので、FIAT500は勿論、プント、155、145などにも履かせられます。専用ボルトになりますが、アダプター無しで各車ボアを合わせている為、振れは無しです。

Volare

輸入元HP

値段は8J17の156用(TSでツライチです)1本、30450円。FIAT500用、7J16(155や145TSも履けます)で1本24150円。他のホイールより安めのお値段です。4穴98PCD。他ではアダプター無しで履けるのは殆どありません。また、イタリア製というのも良いかと思います。是非ご検討を!!

それと、156,147(GTA除く)。ATE製ブレーキの紹介です。

純正メーカーとしても名高いメーカーのブレーキですが、フロントのみですが、ブレーキローターとパッドのセット。22050円でお出しします。

純正の半額以下です。3台分確保しました。お早めに!!

| | コメント (4)

2009年6月 3日 (水)

業務連絡用写真

Kapu01

どうしよう?売り飛ばす?練習用??迷い中!!!

| | コメント (2)

2009年6月 1日 (月)

オイルの特性

最近色々なエンジンオイルがあって、どれを使ったら良いか迷うものです。当方も色々在庫しています。
実際選択は値段、粘度、特性。こんな順番でしょうか?
まず値段。これは選択の余地無いというか、予算は重要です。粘度、これはやはり、メーカーの指定が、ベストです。ただ、それの前後でしたら、許容範囲だと思います。特性、これはまず、ベースオイルの性質、製造工程の方法、ブレンドする添加物によって変わってきます。
鉱物油であったり、部分合成油、化学合成油、大きく分けるとこんな感じですけど、メーカーによって特性が違うのも事実です。また、同じメーカーでも色々特性を分けたりしています。
それと、規格。これも実は殆どのメーカーが自分の所でテストして、規格と言っているだけなのです。いわゆる自己申告制。API規格、SAE規格などありますが、あくまで規格なのです。
それに対してVW502や505、MB229などのメーカー承認規格は自動車メーカー側でテストした基準なので信頼がおけます。それが他メーカーだったとしても選考の余地あると思います。
残念な事に、イタリアやフランスの自動車メーカーはそういう認証をしておらず判断が出来ませんが。
今、足車にペトロナスのペンティアム1000を入れていますが、このオイル、良いです。何が良いというかというと、レスポンスです。パワーも出ていると思います。化学合成油らしく低フリクションで、しかも油圧も保持しています。以前は、ペトロカナダ入れてました。こちらも良いです。でも。実際はかなり特性が違います。
ペトロナスは100パーセント化学合成油。ペトロカナダは70%から80%の合成油。粘度も10W40に対して20W40。ま、スペックをみたらペトロナスですよね。でも、ペトロカナダも捨てがたい魅力があるんです。それはトルクがでるんです。レスポンスを犠牲にしてまでのピストンリングの密着性。多分ここら辺だと思うのですが、低速でのトルク特性はペトロカナダの圧勝です。
エンジンとのマッチングもあります。こんな事を試しながらオイルを選んでみるのも楽しいですよ。で、私は次に何を入れようか迷っています。実はペトロナス入れちゃうとレスポンスが良い分アクセル踏んじゃうんで、燃費悪いんですよ。普通はその分セーブして踏めば燃費も良くなるんですが、、、、、。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »