« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月28日 (水)

ファイナル変更

アルファロメオの4気筒のデフのギア比なんですが、車種によってちょっと違います。そこで考えるのが純正流用での変更。
う~ん。うまくいくはずが失敗。99年で、ベアリングの径が変わってしまっていた。
3個1で、富士仕様のミッションが出来るはずが、、、。

145の99年以降生産のミッションケースがあれば出来たんですけど、今の仕様から0.1だけ変える為にお客様に予算の負担をかけてもらうのもどうかと思うので、今回はこのままいきます。

145→147TS2000CC→147TS1600cc こんな感じでギア比が低くなります。147が気持ちよく走れるのもファイナルが違うからですね。

同じ事が、V6にもあって、皆さん2500用のファイナル使っているみたいです。

ただ、最近中古部品が少なくなってきて、入手が困難になってきました。

究極は、三和トレーディングさんの145や、147cupカーのように、シーケンシャルドグミッションですかね?

Tsmt01

| | コメント (0)

2009年10月19日 (月)

アルファロメオの油温

以前、アルファロメオのTS2000のエンジンのチューニングした車を、ダイナパックというシャシー台(パワーチェック)にかけたことがあります。
うすうす気が付いていたことが、数字と出て現実味というか対策におわれました。
チューニングというとノーマルのエンジンより各部品に負担をかけます。総合的にも不具合が出てきます。
ECUのセットアップをやっていて(この時はシャシー台かけたこと無かったので、レース屋さんまかせ)調子よくなってきた矢先、数度目のトライで、パワーが上がらなくなりました。数字を打ち込んで燃料の増減をしても数字が一定に動かない。
いわゆる、熱ダレが出てしまいました。ローラーではないのですが、車軸を固定で測定している為、扇風機で大量の風を送っています。実際に水温は90度位です。
でもこれが熱ダレなんです。実際にその後、食事をて時間をおき、さました後際トライするとうまくいきました。
で、これがわかっていたことなんですが、アルファロメオのエンジン、水温より油温の影響が多きいのです。110度。この温度は通常、油温としてはベストな感じです。でもアルファロメオは熱ダレします。100度の時よりも5馬力ほど落ちてしまいました。V6はシャシー台かけたこと無いけど、やはり油温上がると熱ダレしているような感じです。
オイルクーラーを大きくして対策して、油温の上がらないオイルに変えて対策しました。
街乗りに使っているお車にもそんな傾向はあります。
オイル管理をきちっとやらないと油温があがり、エンジンの出力が落ちるのは勿論、エンジンにも損傷を与えます。
よく、安いオイルでこまめに交換すればよいと思っている方もいますが、私は油温の上がらない多少高めなオイルを長く使う方がましだと思います。油温、油圧を数字で見ているとき良い物を選ばないと気が済まなくなります。最近のベンツなどはオイルレベルゲージがありません。センサーが見てくれてメーターのディスプレイに油量が出ます。笑い話ですけど、めちゃくちゃ安いオイルを入れたら(と言うか封切っていない古いオイル)を入れたら油量が測れなかったと言う事もあります。(決して当方ではありませんが)

精密機械なんでエンジンは。潤滑には気を使いましょう。

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

秋はイベントがいっぱいです

秋は色々、車関係のイベントがいっぱいです。今日ゴールしていると思いますが、ミッレミレアがあって、来週24,25日はモテギでヒストリックオートフェスティバルあります。
http://www.hobidas.com/event/hafj/
フェラーリを始めとするスーパーカーやF1やルマンカーなどのレースカー、旧車と言われるくるまたちが本気でサーキットを走る姿は圧巻です。私も何回か見に行っていますがこんな近くでこんな車を見れるなんてすばらしいイベントだと思います。勿論ピット裏に行けますので迫力のサウンドも聞けます。土曜日はスーパカーが好きな方にお薦めで、日曜日は旧車好きにお勧めです。どちらの日もF1はデモ走行すると思います。モテギのやまの中に響くフェラーリのF1サウンド最高ですよ。
月末はフランス車のお祭りのフレンチブルーミーティングが車山で行われます。
http://www.kurumayama.com/fbm/
新旧含めたフランス車がこれでもかと言う程集まります。フリーマケットが有名で捜し物があるなら行ってみると良いと思います。

当然、東京モーターショーもあります。海外メーカーは殆ど参加しませんが各車かなり踏み込んだエコカーが見れると思います。昔は夢にしか思わなかった技術がかなり現実されてくると思います。メカおたくの人達には例年以上に期待出来る物となるでしょう。24日~11月4日です。
海外メーカーが来ない分部品メーカーとかのブースが広くなるみたいなんでそこら辺がねらい目で、10年以上行っていない私はあえて今回行ってみたいです。

091013

相変わらず工場の中はごちゃごちゃしていますが、入庫に余裕が出てきました。重整備が残ってしまっているのですが、車検やタイベル交換は余裕がありますのでお早めに連絡ください。

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

袖ヶ浦走ってきました2

もう少し、袖ヶ浦ねたで引っ張ります。 前日雨、次の日も雨という中、奇跡的に当日だけ晴れてくれてそこそこ思いっきり走れたのですが、車載ビデオがきれいに取れているのでアップします。 1コーナーから4コーナーのヘアピンまで右コナーが続きます。今回は全開でいけなかったのですが2コーナーから3コーナーにかけてそこそこスピードが出ます。ヘアピン立ち上がってからインフィールドに入りますが、180度位回る大きなコーナーでは、耐えるしかないのか、小刻みに刻むのか、不明ですが次のやや曲がる右コーナーから左コーナーにかけては意外とスピードに乗ります。奥のヘアピン小刻みに曲がってフルスロットルで最終コーナーに行き最終コーナーは立ち上がり重視で。こんな感じですかね???色々試せた割には結果が出てないので良くわかりません。タイヤのグリップを確かめながら走るサーキットであることは確かだと思います。縁石が出口側にないので思いっきり攻められませんが練習には面白いサーキットだと思います。

現在、近隣住民との問題で騒音規制が厳しく、音量の大きな車両は走れません。 今後外壁などを作って騒音問題を解決してもらいたいものです。 攻めあぐねている人も多いらしくクラッシュが多いそうです。3コーナーで転倒が多いみたいです。私は3コーナーの次のヘアピンを考えて3コーナーはヘアピンのアプローチとして捨ててましたけど。 やはりアクアライン(晴れた日は東京湾は絶景です。)と有料道路を使って降りたら20分の近さ、筑波や富士も遠くないですが、都内から1時間のサーキットって魅力的だと思います。ただ、よーいドンでスタートしてしまうと騒音も半端じゃないと思います。近隣にはみんかもありますし、酪農家や農家の方もいるので騒音問題、簡単には解決しないかもしれません。私たちも最低限のマナーは守らないとサーキットも発展していかないような気がします。 アルファチャレンジはちょっと無理なような気がします。残念だけど。

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

袖ヶ浦走ってきました

先週、仕事を抜けて袖ヶ浦フォレスト行ってきました。工場から1時間ちょっとです。近いので仕事の合間にちょっと走ってきたという感じです。 コースが完成しているのか、していないのかよくわからないんですけど、もう少し何とかしてもらいたいことがいっぱいありました。でも、コースとしては面白いと思います。練習にもなるし。 当方のレースカーは騒音の問題で、持っていけずに以前耐久に使っていた147を持ち込みました。 急遽、だったんで、Sタイヤが間に合わず、ラジアルタイヤでの走行です。でもこれが路面のせいなのか、車がSタイヤでセットされていたせいかまるっきりグリップしなくて悩みました。 前日雨が降ったということもありコースにみず流れていたりしていましたので、タイム的には程ほどでした。 で、それをGPSの解析ソフトでパソコンで動かすと下の動画のようになります。夏の鈴鹿から使っていますが中々のソフトで使いこなせたら普通のデーターロガーとしても使えます。今回は回転、スロットル開度などは未使用です。 3つとも私のラインですが、結構ばらけていますよね。もっと慣れて、うまくなると重なってくると思います。残念な事にコース図が呼び込めないので、早く周回できたのを基準にどのラインがベストなのかを探ります。G センサーも内蔵なので便利です。

こちら(SOD)から購入しました。袖山さんが今力を入れている商品なので、色々相談にのってくれると思います。 取り付けもナビのような感じで特に難しくも無いのでお客様の車につけてテストもしました。吸盤で。 ただ単に走るだけでなく、データーを残して置くというのも大事だと思います。 フォーミュラーも一部全員のデーターを公開してみんなのレベルアップをはかったりしています。マーチカップも同じように公開しているみたいです。 練習すれば早くなると思いますが、効率よく走るにはこういうものを使ってデーターを比べてみるとよいかなと思います。

あ、それから袖ヶ浦走るかた、外周は右コーナー、インフィールドも左コーナーが続くので、エンジンオイルは多めに。こけら落としのマーチカップでは2台ほどエンジン焼きついたそうです。フリクション嫌って、少な目のオイルで走るとエンジン壊します。横Gが続くのでエンジンオイルが偏り、ストレーナーが吸えずエアー噛みして焼きつきます。気をつけて!!

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »