« 内燃機だって負けてない その2 | トップページ | テスターで判る事、判らない事 »

2010年1月21日 (木)

セレスピードのリセットの必要性

何件か、質問が来ているのでブログで答えます。
本来M/T車にロボット式シフトを付けた車がアルファではセレスピードと言っています。サービスマニュアルではロボットシフトと表記していたりします。クラッチとシフトの操作を油圧で行い、その制御をコンピューターでしています。新車のときは特に問題がありませんが、距離走ってクラッチが減ってきたりすると、レリーズフォークの押す位置が変わります。人間の足でしたら何となくフィーリングでj踏み代を変えられます。コンピューターには何となくとかフィーリングと言う答えはありません。だから、現状に合わせてロッドを認識してもらわないとクラッチのジャダやシフトストロークがおかしくなりエラーが出たりします。そこで3万KM位で一度調整してあげると良くなります。自己学習機能もあるみたいですけど、完全ではないみたいです。テスターでキャラブレーションしてあげると各ギアに位置も認識しなおしスムーズなシフトになります。
当店がお勧めしているアキュームの交換ですが、セレは制御圧が50berあります。当然ポンプの回転だけでは素早いシフトに追いつきませんし、当然常に廻っているわけでもありません。。そこでその圧力を貯めておく必要があります。それがアキュムレーターです。アキュムレーターは黒い球です。その中には窒素ガスが入っていてそれの圧力の蓄電で、油圧を保持しています。セレオイル自体は膨張が殆ど無いので気体である窒素ガスの膨張によって圧力を維持しています。ポンプを交換しても常に廻っているわけではないので。素早いシフトには余り関係ありません。アキュムレーターがへたると圧が安定せずクラッチが切れなかったりシフトが遅くなり不調となります。多分窒素ガスがオイル室に入ってしまい圧力が落ちると思います。常に安定した圧力を出すためにアキュームの交換をお勧めします。
現在、際入庫し5個在庫あります。パンダや500のFIAT車も対応します。ランチアイプシロンも出来ます。

Sele001

|

« 内燃機だって負けてない その2 | トップページ | テスターで判る事、判らない事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内燃機だって負けてない その2 | トップページ | テスターで判る事、判らない事 »