« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月26日 (金)

メカニズムとの共存

今、日本はオリンピック熱で収まりましたが、アメリカではTOYOTAつぶしとも言える問題が大げさに報道されています。最初のフロアーマットの問題から、とうとうECUのバグではないかと言う疑いまで、、、、。
プリウスなどのハイブリッド車は、回生ブレーキで充電もしています。違和感あって当然です。それをうまくごまかすのがメーカーの技術力でもあるのですが、燃費優先にしすぎたプログラムなのかもしれません。
難しいことはわかりませんが、実際のテレビの検証を見ていて、滑りやすい路面で、中途半端というかゆっくり踏んだときに出るみたいです。30KM/H位なんで回生ブレーキがちょうど切れるタイミングみたいです。その時にあわてずに思い切り踏めばABSが良く効き止れるみたいです。変に足でコントロールしようとするから切り替わりが良くないみたいです。思いっきり踏んですべて車に任せた方が良いのかもしれません。
これは、プリウスだけでなく、私たちの乗っているローエコな車でも起こります。ABSとタイヤのグリップ。これは、常に変わるものです。その時の為に、どうなるかをサーキットや、迷惑のかからない広い駐車場などで試してみてください。試して判らないといざと言うときパニクリます。
ただ、ブレーキ以上に怖いのがパワステ制御。最近の日本車は、パーキングアシスト(手放しで縦列駐車してくれる)や、居眠りして走行ラインを外したとき戻してくれるシステムなど、何か起きてもちょっと力任せに戻せないようになってきているような気がします。
パソコンの音声認識。これってすごいことだと思ったのですが、皆さんご存知のように、キーボード使った方が早いし間違いが少ないですよね。ま、慣れているからですけど。これは運転でも同じです。新しいシステムも慣れないとただの違和感だけが残る使いにくい物になってしまいますが、使いこなせば、安全で楽な運転が出来ます。FIAT500やプントについている電動パワステ、これなんかもキックバックが少ないんで路面の状況がわかりにくいときがあります。慣れが必要だと思います。
今は、殆ど新車はフライバイワイヤーです。これもセンサーを踏んでいるだけなんで重さが一定です。
ワイヤー式のようにリターンスプリングがスロットル側にあってもワイヤーがないので重くなりません。走り方によって燃費もかない変わってきます。そういうことを考えてメカニズムを生かすも殺すも運転しだいだと思います。

| | コメント (0)

2010年2月24日 (水)

ちょっとした不思議

当方、いろいろな車屋さんとも付き合いがあり、時々変な車も入ってきます。
普通なんだけど変と思える車も入ってきます。
シトロエンC4ピカソですけど。
Cito01

Cito02

上の写真からステアリングを90度切ったら下の写真になります。何となくこだわったことの意味と構造がわかるのですが、金かっかってんな~~~と言う感じです。

フロントガラスの開放感といい、未来の車に思えるのは私だけでしょうか?

ちなみに、HDIという、ディーゼルターボです。めちゃよく走ります。

Cito03

| | コメント (0)

2010年2月23日 (火)

こんな所も壊れます

レースで使っているお客さんの車のドライブシャフトブーツが切れたので気が付いたのですが、何か変でばらしてみました。

Hub02

Hub01

ハブが割れてました。
前にも同じトラブルみた事あるんですけど、ベリングが壊れるのではなくハブが割れてしまいます。取り合えずドライブシャフトのナットが付いているしスプラインも真ん中ぐらいで割れたので特に危険な状態ではなかったのですが、このまま乗っていたら、ベアリングが壊れるかもっと根元が割れるか、最悪タイヤが外れるかすることでしょう。金属疲労です。

| | コメント (0)

2010年2月13日 (土)

今年のレース活動、その前に

今更というか、今年の予定を考えています。これは自分にプレッシャーを掛ける意味もあってですけど。

1月に大沼プランニングさんの7時間耐久がありました。当方もそれに参加し、後、アルファチャレンジも筑波でありお客さんが参加し、次回は東北が3月14日に茂木サーキットであるのでそれにお客さんが参加するでしょう。

ETCCも2月28日にありサポートすることになると思います。

で、鈴鹿は4月25日にあるので、これには当方も参加したいと思っています。で、問題が実は詳しくは次の機会に載せますが、ブローしているんです。当方の156。見事にコンロッドのボルトが折れたみたいです。時期エンジンもベースエンジンは用意できました。ブローしたまま何もせずボデーカバーをして置いてある車にすまないと思いながら何も手を付けられず、、、、、。あれこれやりたいのに、またばらして組むだけ??
ミッションのファイナルも今より上げないと富士は無理なんだし、鈴鹿もぎりぎりなんでタイムアップさせるにはファイナルもいじるしかないと思います。
足回りも、リアの滑り出しを緩やかにする方向に持っていかないと辛いんで。
仕事の合間に、、、。できるのかな~~~?

3月14日の東北のアルチャレ。同時開催で思いっきり走行会があります。45分2本で、3万円安いです。45分走ったら結構しんどいです。MOTEGIは。結構、練習になるサーキットなんでお勧めです。160KM/Hからの下り直角カ-ブ、ブレーキングスリルあります。コース幅も比較的広いので自由に走れます。45分で十分と思う方18000円です。東京からだ朝はと2時間位で行けます。皆さんの参加をお待ちしています。当方でも受付できます。インストラクターが同乗走行でレッスンもあるみたいです。初心者は勿論、車の挙動等を見てもらいたい方なんかもどうでしょうか?


| | コメント (0)

2010年2月 5日 (金)

テスターで判る事、判らない事

またもや久々の更新となってしまいました。ちょっと入庫過多で、疲れ気味です。
当方では、FIAT系のエクザミナー、ルノーのXR25,汎用テスターのTEXA,オシロスコープなどを使ってトラブルを診断しています。しかし、いくらテスターを使っても、判らないというか、判断できないことが結構あります。
アルファのセレのトラブルなんかは、ほとんど、ログが残っておらず、診断中にランプが点滅しているのにテスターには何も出ずと言うことが殆どです。ま、これは仕方がないのことなのですが、可変するセンサーなんかは、その範囲内にあればそういう数値だとECUは判断します。勿論断線やショートなどははっきり出ますけど。セレに関して言うと油圧系のトラブルはテスターに出ません。電気的トラブルは出ますけど、上記の様な状況です。
では、パラメーターの数字や、アクティブテスト(単品作動テスト)を見て判断しているかと言うと、そうでもなく勘です。経験から来る勘なんで、そこそこあたります。後は裏付けを取って交換します。だから、症状が出ないときなんかはお客様のお話から判断しています。幸い当方に来られるお客様は車好きの方が多いので話からの判断は難しくありません。
でもテスターが無いとリセットも出来ず原因も判らなく、勘だけになってしまい外れる事が多くなります。
ここの所、セレのアキュームを数台変えています。なかなか好評です。1月にあった7時間耐久に147セレでカーボックスさんのチームが4時間位走らせましたがアキュームを交換して望んだ為、10万KMを超えた車両でもセレに関してノートラブルでした。FSWだったんで、180KMオーバーの最高速に、殆ど、3000回転以下に落ちないコース、しかも一人はセレ初体験の方と言う状況でもです。やはりテスターでのリセットとアキューム交換は効果ありと言うこと実績されたことになりました。
最近OBD用のロガーが出始めました。カプラーに差し込んでおけばデーターが残せておけてトラブルが出たら抜いてその時の数値を見られると言うものです。値段も2万位なんで、トラブルシューティング以外でもサーキットで付けといて、最高速とかO2センサーによるガスの濃さなんかも判断できると思います。今は、エンジン関係しか見れませんが他のECUにもアクセスできればもっと楽になるんですけどね。
ECU側にログ用のメモリーがあれば良いのですけど、、、、、。MOTECなんかは1秒間に6回ログし、40分以上メモが残って見れるんです。フロッピー2枚で動くECUなのに!!!!
自動車メーカーは壊れることを設定していないのだろうし、ECUをモニターされるのはいやなんでしょう。だから、テスターが必要なのかもしれません。

Tester01

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »