« ちょっとした不思議 | トップページ | アルファチャレンジ東北茂木 »

2010年2月26日 (金)

メカニズムとの共存

今、日本はオリンピック熱で収まりましたが、アメリカではTOYOTAつぶしとも言える問題が大げさに報道されています。最初のフロアーマットの問題から、とうとうECUのバグではないかと言う疑いまで、、、、。
プリウスなどのハイブリッド車は、回生ブレーキで充電もしています。違和感あって当然です。それをうまくごまかすのがメーカーの技術力でもあるのですが、燃費優先にしすぎたプログラムなのかもしれません。
難しいことはわかりませんが、実際のテレビの検証を見ていて、滑りやすい路面で、中途半端というかゆっくり踏んだときに出るみたいです。30KM/H位なんで回生ブレーキがちょうど切れるタイミングみたいです。その時にあわてずに思い切り踏めばABSが良く効き止れるみたいです。変に足でコントロールしようとするから切り替わりが良くないみたいです。思いっきり踏んですべて車に任せた方が良いのかもしれません。
これは、プリウスだけでなく、私たちの乗っているローエコな車でも起こります。ABSとタイヤのグリップ。これは、常に変わるものです。その時の為に、どうなるかをサーキットや、迷惑のかからない広い駐車場などで試してみてください。試して判らないといざと言うときパニクリます。
ただ、ブレーキ以上に怖いのがパワステ制御。最近の日本車は、パーキングアシスト(手放しで縦列駐車してくれる)や、居眠りして走行ラインを外したとき戻してくれるシステムなど、何か起きてもちょっと力任せに戻せないようになってきているような気がします。
パソコンの音声認識。これってすごいことだと思ったのですが、皆さんご存知のように、キーボード使った方が早いし間違いが少ないですよね。ま、慣れているからですけど。これは運転でも同じです。新しいシステムも慣れないとただの違和感だけが残る使いにくい物になってしまいますが、使いこなせば、安全で楽な運転が出来ます。FIAT500やプントについている電動パワステ、これなんかもキックバックが少ないんで路面の状況がわかりにくいときがあります。慣れが必要だと思います。
今は、殆ど新車はフライバイワイヤーです。これもセンサーを踏んでいるだけなんで重さが一定です。
ワイヤー式のようにリターンスプリングがスロットル側にあってもワイヤーがないので重くなりません。走り方によって燃費もかない変わってきます。そういうことを考えてメカニズムを生かすも殺すも運転しだいだと思います。

|

« ちょっとした不思議 | トップページ | アルファチャレンジ東北茂木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっとした不思議 | トップページ | アルファチャレンジ東北茂木 »