« プーリートラブル | トップページ | イタリアでジュリエッタ発売始まったみたいです »

2010年5月17日 (月)

ニュル24H

ニュル24Hのレースが昨日行われました。

過酷なコースで有名なニュルブリンク。ここで24時間もレースをするなんてとてつもなく危険な匂いがします。自動車メーカーのテストコースとしての使用も有名で、ノルドコースはタイムアタックの聖地としても有名です。

予選は雨交じりになってしまい、アウディー勢が4位までを独占。4年連続優勝のマンタイレーシングのポルシェは7位。

レースは荒れてマンタイレーシングが強く、途中までトップ。が、アクシデントでリタイヤ。アウディー勢もエンジントラブル。ハイブリッドのポルシェ997GT3RSRもトラブルでリタイア。結局、ダークホースとも言えるM3GT2が優勝。2位にはフェラーリ430が入りました。

日本車としては、レクサスのLSFは、18位、日産のZ(旧型33型)が12位。です。

最近有名になりましたが、長年エントリーしているチームが強く長く続けることが大事なんでしょう。Z33は、タイヤメーカーでもあるファルケンからのエントリーでGT選手権で有名なドライバーの田中哲也さんと星野一樹選手が走ったみたいです。

250台の中にはアルファも3台、ルノーは8台、プジョーも4台エントリーがありました。結果は不明。

こんなレース出てみたいけど、まずは1回チケット買って走ってみたいです。http://adac.24h-rennen.de/Live.4059.0.html

ちなみにノルドコースでのファラーリのアタック、目がついていかないです。http://www.youtube.com/watch?v=FJj8atDGBzk

|

« プーリートラブル | トップページ | イタリアでジュリエッタ発売始まったみたいです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プーリートラブル | トップページ | イタリアでジュリエッタ発売始まったみたいです »