« 新年 | トップページ | 休み中読んだ雑誌は »

2011年1月 4日 (火)

F1と言うスポーツ

去年のF1は,ベッテルのチャンピオンとレッドブルのコンストラクターズチャンプに終わりましたね。去年の強さは、前半の自滅や、チームメイト同士の争い合いが無ければ、つまらないシーズンになってしまう所だったし、今後の有利性も確信できる年でした。
今年は、KERSの復活はあるものの、大きな変化(タイヤがブリジストンからピレリになりますがワンメイクなので)は無いでしょう。ドライバーの技量による争い合いがあると良いのですが、、、、。カーズ(KERSエネルギー回収システム)によって、オーバーテイクボタン(ターボ時代)の押すタイミングによる駆け引きとエネルギーの回収効率の駆け引きで、バトルと言える物が増えると良いのですが、システム自体が同じような物になるはずなんで使える場所が限られてしまわないと良いのですが。
取りあえず、小林可夢偉には頑張ってもらいたいです。去年のルーキーオブザイヤーになったことだし、今年はザウバーのエースともなった訳ですし。彼なら出来ると日本GPを見て思いました。
それとロータス。古株というか、F1に無くてはならないチームだと思います。但し、2チームは要りません。確か去年復活した名門チーム。但し、生産車造っている会社自体、プロトンと言うインドの会社に身売りしています。F1をやっていたレーシングチームは別に親族によって他に存在します。それがチームを売ったような形で去年復活しました。
で、去年上位を走っていたルノー。株式を売りに出したら、買ったのがロータス。プロトン支配下の方です。だから、ロータスが2チームになる??しかも両チーム共、昔のJPSカラーである黒に金文字を使うと言う。
Lotus

チームを売ったり買ったりするのはF1では珍しくも無く、メルセデスGPだって知っての通り、HONDAでした。でも同じ名前のチームがあるのは間際らしいのでやめて欲しい。

近年のダウンサイジング。とうとうF1もです。2013年からエンジンが1600CCになります。一応ターボは付きます。ただ、フェラーリが反対しています。当然です。4気筒なんです。
しかも500バールの加圧(生産車より低い)。とどめは、最高回転数12000回転。
今のV8でも今一のサウンドなのに4気筒で12000回転しか回らないなんてあのカーンと言うサウンドが聞こえなくなってしまいます。どうせターボなんで音は二の次なんでしょうけど。
コストが下がるかもしれませんが、音を期待してサーキットに駆けつけている人達の思いはつぶされてしまいます。
F1はスポーツであって欲しいものです。勿論プロスポーツですのでお金はかかって仕方が無いものです。コスト削減。確かに重要です。でもF1というスポーツの楽しさを損うレギュレーションにならないで欲しいものです。

こんな物も売れる時代なんですから。
サウンドレーサー

Dさんプリウスにどうです?あ~~~!ハイブリッド車はだめだった!!!

|

« 新年 | トップページ | 休み中読んだ雑誌は »

コメント

あけましておめでとうございます。

今年のF1は楽しめると良いな、と思ってます。
昨年は小林可夢偉の活躍で久しぶりにワクワクしましたが、日本企業の撤退によるマイナス面を何とかカバーしてくれたのではないでしょうか。

2013年からのエンジン規定には何か寂しさを感じます。
やっぱり、F1って音ですし、見た目でしょう。カウル開けて4発じゃ、ねぇ。せめてV6ターボ位で上手くやって欲しいなぁ。コスト削減ならピストン・コンロッド以下を共通部品にして、その上で争っても十分だと思うんですけどね。

あ、プロトンはインドでなくマレーシアの会社だったかと思います。

投稿: おおはら | 2011年1月 5日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新年 | トップページ | 休み中読んだ雑誌は »