« ディーゼルエンジンの息付き | トップページ | ブレーキメンテ »

2011年1月25日 (火)

古い車でもHID

リトラクタブルヘッドライト。懐かしいですね。最近の車では殆どありません。フェラーリやランボルギーニでさえ。
80年代半ばのお車。これにHIDつけました。年代相当で、やっぱり青がかかった色だと似合いませんので、4500カンデラ。
Hid01

ぎりぎりですかね。確かに内側のハイビームと比べてしまうと、青っぽいですけどこれぐらいでしたら良しとしましょう。

正面から見るとこんな感じです。

Hid02

HID、最近の物は、小型化もして取り付けも簡単になっています。だから普通のお車は簡単に付けられます。今回は元々、ハイビームが点かなかったり、ストップランプがつかなかったり配線のトラブルが出ていました。

また、貴重なお車の部品の保護も含めて、バッテリーから電源を取り直し安定した電力で、スイッチの保護も含めて付けました。

やっぱり、夜乗ると違いがわかりますよね。35Wのタイプなんで消費電力も少なく済みますのでバッテリの保護にもなります。

しかし、日本車にはないこんなヒューズ、BOSCHが考えたんですかね。日本車の古い車で使っている缶ヒューズもよく接触不良起こしますけど、こちらも良くないですね。

・・・・・・・通称・・・・・毛虫・・・・・・

Hyuzu01

147や156、クリオ。.反射板が汚れてきたり、表面のクリアーが剥がれてきたりしてきています。そんなお車にはHIDをつけて照度を上げましょう。雨の日なんかはかなり助かりますよ。

|

« ディーゼルエンジンの息付き | トップページ | ブレーキメンテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディーゼルエンジンの息付き | トップページ | ブレーキメンテ »