« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月28日 (金)

ブレーキメンテ

当方のお客様でレースに出ている方のブレーキなんですが、消耗が激しい。レースで使っているのだから当然です。
ハードな使い方をした後は、必ず点検しましょう。
Bk01

スリットも削れてなくなっているのですが、、、、、。

Bk02

いわゆるショートクラック。熱だまりが出来てクラックが入ってしまうのですが、細かい物は、大丈夫なのですが、段々大きくなっていくので走った後は点検が必要です。クラックは長さよりも間隔が大事です。小さいのが等間隔でしたら問題ありません。
カーボン系のパッドを使ってるので素子が付いて薄黒くなっています。こうなると良く効きます。

Bk03

パッドにもクラックが入ります。ノーマルのパッドでも入ります。欠けていたりしたら交換が必要です。座金が薄い社外品だと良くあります。スポーツパッドのくせに割れてしまう製品もあるので注意。

走る前の点検も大事ですけど、走った後の点検も大事なのでメンテしてください。

Bk04

フェロードの新しい材質のパッドを試そうと思って取り寄せました。一昨年?位に出ていたのですが適合車種が無かったので国産車で試してみます。DS3000と2500の間位の効きで、コントロール重視みたいです。いままでコントロール重視という国産のパッドを何回か試しましたが結局、中途半端で不満が残る物が多かったのでフェロードはどうなんだろう?楽しみです。

30日は筑波サーキットでアルファチャレンジです。メンテで行きます。
年1回位筑波走っていたのですが、去年は袖ヶ浦ばっかりだったんで走っていないです。
たまには筑波も走りたいな!!

| | コメント (0)

2011年1月25日 (火)

古い車でもHID

リトラクタブルヘッドライト。懐かしいですね。最近の車では殆どありません。フェラーリやランボルギーニでさえ。
80年代半ばのお車。これにHIDつけました。年代相当で、やっぱり青がかかった色だと似合いませんので、4500カンデラ。
Hid01

ぎりぎりですかね。確かに内側のハイビームと比べてしまうと、青っぽいですけどこれぐらいでしたら良しとしましょう。

正面から見るとこんな感じです。

Hid02

HID、最近の物は、小型化もして取り付けも簡単になっています。だから普通のお車は簡単に付けられます。今回は元々、ハイビームが点かなかったり、ストップランプがつかなかったり配線のトラブルが出ていました。

また、貴重なお車の部品の保護も含めて、バッテリーから電源を取り直し安定した電力で、スイッチの保護も含めて付けました。

やっぱり、夜乗ると違いがわかりますよね。35Wのタイプなんで消費電力も少なく済みますのでバッテリの保護にもなります。

しかし、日本車にはないこんなヒューズ、BOSCHが考えたんですかね。日本車の古い車で使っている缶ヒューズもよく接触不良起こしますけど、こちらも良くないですね。

・・・・・・・通称・・・・・毛虫・・・・・・

Hyuzu01

147や156、クリオ。.反射板が汚れてきたり、表面のクリアーが剥がれてきたりしてきています。そんなお車にはHIDをつけて照度を上げましょう。雨の日なんかはかなり助かりますよ。

| | コメント (0)

2011年1月22日 (土)

ディーゼルエンジンの息付き

シトロエンのピカソディーゼルの修理が入庫しました。症状は急加速時息継ぎです。

HDIと言うエンジンで、電子制御化されています。

試運転するとたしかにエンジンがふけなくなります。ガスが足りない感じです。ダイアグノーシスをするためにテスターをつなぐと、燃圧不良と、燃圧レギュレーター、燃料フローバルブの不良がメモリーされていました。予想通りの感じですけど、電子制御のディーゼルって???

あーだーこーだ、聞いていたら、結局、フィルターをまず替えてみようということになりました。勘違いしていて、フィルターは交換していたと思っていたのですが、同じ色のお車がもう一台いらっしゃったので、こちらの方のお車は未交換でした。でも距離は20100KMです。

Hdi01

イメージしていたフィルターと違い,この中にあるみたいです。ちなみにボンネット内のエンジンカバーを外すと手前にあるので整備性は良いです。

外したフィルターを診てもちょっと砂見たいのが混じっていますが、息付きするとは考えにくいです。

Hdi02

交換後、走ってみると見事に回復、治りました。ちょっとしたごみでも詰まってしまうのでしょうか?それとも、2万キロ位でわざと???そんなわけもないですよね。メーターにフィルター交換しろと表示すれば良いのですから。取りあえず、プジョーやシトロエンのディーゼルは2万KMしかフィルターはもたないと言う事で定期交換部品です。

ディーゼルって高い燃圧と、高い圧縮で自然着火です。燃料フィルターを交換するのにエアーをかませるとかかりにくいです。

フィルターの箱の中にこんな物入ってました。燃料ラインを外したら蓋をしてエアーを入らなくするためです。

Hdi03

それでも、やっぱりエアーは入ってしまいます。こんな物も付いてます。

Hdi04

ひょこひょこやってスターター廻しましたが、足りなかったみたいでちょっと長めのクランキングになってしまいましたが、最後は手動か!!と言うことで無事始動でき試運転できました。

乗るとディーゼルって良いんですよね。

| | コメント (0)

2011年1月12日 (水)

2011年初仕事は

年が明けて1週間たちましたが、中々ハードな立ち上がりでした。
休み前に、予定してあった、166のクラッチオーバーホール。予定通り入庫しましたが、それ以前に、156TSが、クラッチ切れ不良で緊急入庫してきてしまい、そちらを先に作業。年始めの作業にしては、鈍った体にはきつかったです。おまけにフルード漏れで汚いし。
ま、何とか2台のミッション降ろしも終わり、やっとブログを更新しています。

2011hatsu01

去年の初めに他店でのクラッチオーバーホールの履歴があるらしいのですが、残念ながらレリーズのシールがとんでしまいました。レリーズ事体も換えた形跡があるのですが、、、、、。

2011hatsu02

ルノークリオもそうですが、レリーズベアリングとレリーズシリンダーが一体タイプです。
145とかだったら、待ち作業で交換できるのですが、このタイプはミッション降しです。

166は通常のクラッチ交換でしたが、アルファのV6のミッション降しはめんどくさいです。スターターが簡単に取れれば良いのですが、時間かかってしまいます。

取りあえず、2台とも無事終わってますので、来週に向けてタイベル交換シリーズをこなしていきます。

何故か同じ修理が続くのであります。

| | コメント (0)

2011年1月 7日 (金)

休み中読んだ雑誌は

長い休みがあると、色々本を読むようにしています。殆どが車がらみですけど。雑誌も結構読みます。
休み前、当ても無く本屋に行き買った雑誌がこれ↓です。

Autocar01

GTRがジャンプしているから買った訳ではありません。ちょっと気になる車があって買いました。
もともと、車雑誌はよく読むのですが、最近は日本のライターさんが書いた記事だとパターンが同じで、どの本読んでも変わらないので読む機会が少なくなってきました。技術系の本はなるべく読むようにはしていますが、、、、。

オートカーは、イギリスの本をベースに造っているみたいで、イギリスのライターさんの記事が読めて面白いです。

その中でも、サーキットや市街地での試乗。8人ぐらいのライターさんが10台位の車を乗り比べそれぞれの車に点数を付け、順位をつけるという方式での評価が面白いです。サーキットで一番早くても評価が低い場合もあります。日本の雑誌だと、各自ばらばらの車に乗って各自の評価になってしまいますので今一です。

Autocar02

ちなみに、今回はBMWのM3とAUDIのRSSの比較に他の車を持ち出したという感じです。
で、気になっている車とは、これ↓です。FFニュル最速と言われた、旧型。新型になってどうなんでしょう。馬力もとうとう250馬力!!
基本的にサスの形式なんかは一緒なんで、自分が乗って感じた旧型の味付けがどう変わったのか興味のあるところです。
内容を書くとこれから読む人に悪いので書きません。買って読んでください。

Autocar03

他にも、ゴーンさんのインタビューやショーカーの試乗、(ルノー&プジョー)日本での試乗で、ベストMITOを探せなど、面白い記事もあります。読み応えがありますよ。

こんなの↓も買ってしまいました。

Bestmo

プントエボも出ているんですが、袖ヶ浦フォレストレースウェイの攻略方なんぞがのっていたもんで。しかも駆動方式別!!

コースの特徴がら、見てみても、これがベストという感じではなく、プロもここ走ってます程度にしか解説していません。それだけ、攻めあぐねるサーキットですね。やっぱり走りこんでで自分のラインを見つけるしかないでしょう。
9日の日曜日、確認しに行こうと思います。その日はライセンス講習会もあるのでライセンスない方も当日とってご一緒できますので興味のある方は一緒に遊びましょう。私と一緒にライセンス取った方々、それ以後ご一緒していないのでそろそろどうですか。

袖ヶ浦フォレストレースウェイHP

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

F1と言うスポーツ

去年のF1は,ベッテルのチャンピオンとレッドブルのコンストラクターズチャンプに終わりましたね。去年の強さは、前半の自滅や、チームメイト同士の争い合いが無ければ、つまらないシーズンになってしまう所だったし、今後の有利性も確信できる年でした。
今年は、KERSの復活はあるものの、大きな変化(タイヤがブリジストンからピレリになりますがワンメイクなので)は無いでしょう。ドライバーの技量による争い合いがあると良いのですが、、、、。カーズ(KERSエネルギー回収システム)によって、オーバーテイクボタン(ターボ時代)の押すタイミングによる駆け引きとエネルギーの回収効率の駆け引きで、バトルと言える物が増えると良いのですが、システム自体が同じような物になるはずなんで使える場所が限られてしまわないと良いのですが。
取りあえず、小林可夢偉には頑張ってもらいたいです。去年のルーキーオブザイヤーになったことだし、今年はザウバーのエースともなった訳ですし。彼なら出来ると日本GPを見て思いました。
それとロータス。古株というか、F1に無くてはならないチームだと思います。但し、2チームは要りません。確か去年復活した名門チーム。但し、生産車造っている会社自体、プロトンと言うインドの会社に身売りしています。F1をやっていたレーシングチームは別に親族によって他に存在します。それがチームを売ったような形で去年復活しました。
で、去年上位を走っていたルノー。株式を売りに出したら、買ったのがロータス。プロトン支配下の方です。だから、ロータスが2チームになる??しかも両チーム共、昔のJPSカラーである黒に金文字を使うと言う。
Lotus

チームを売ったり買ったりするのはF1では珍しくも無く、メルセデスGPだって知っての通り、HONDAでした。でも同じ名前のチームがあるのは間際らしいのでやめて欲しい。

近年のダウンサイジング。とうとうF1もです。2013年からエンジンが1600CCになります。一応ターボは付きます。ただ、フェラーリが反対しています。当然です。4気筒なんです。
しかも500バールの加圧(生産車より低い)。とどめは、最高回転数12000回転。
今のV8でも今一のサウンドなのに4気筒で12000回転しか回らないなんてあのカーンと言うサウンドが聞こえなくなってしまいます。どうせターボなんで音は二の次なんでしょうけど。
コストが下がるかもしれませんが、音を期待してサーキットに駆けつけている人達の思いはつぶされてしまいます。
F1はスポーツであって欲しいものです。勿論プロスポーツですのでお金はかかって仕方が無いものです。コスト削減。確かに重要です。でもF1というスポーツの楽しさを損うレギュレーションにならないで欲しいものです。

こんな物も売れる時代なんですから。
サウンドレーサー

Dさんプリウスにどうです?あ~~~!ハイブリッド車はだめだった!!!

| | コメント (1)

2011年1月 2日 (日)

新年

2011

新年明けましておめでとうございます。

昨年同様今年も宜しくお願いします。

去年は、なかなか結果の出ない絶える年だったような気がします。今年は色々チャレンジしていき、皆様とともに成長できるように努力していきたいと思います。

新年の営業は6日よりとなっています。宜しくお願いします。

メールでしたら、休み中にも見れますので、入庫の予定等連絡ください。

新年はまず、掃除からかもしれません。年末どたばたしすぎたので。

皆様も楽しいお正月お過ごしください。

| | コメント (1)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »