« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

復興支援の為に

私みたいな小さな工場が出来る事はかぎられていますし、大それた事も出来ません。ただ、募金以外何もしないのも心苦しいので、以前のブログに書いたようにカーボンクリーン(燃焼室洗浄をお安く施行し、半額を募金に廻すというキャンペーンをやりたいと思います。
お値段、6000円です。

半額の3000円を募金に廻させていただきます。全額と行きたいのですが、長く続けたいのと液剤や機械のメンテ代は原価として徴収して6000円と言う金額にさせていただきます。

一応、他のお客様に迷惑をかけられないし工場のスペースもかぎられていますので、1日2~3台ですかね。

予約制とさせて頂いて、半年位続けるつもりです。

お預かりしたお金はパワーオブアルフィスタを中心に募金させて頂きます。

問い合わせ等もメール(最初の日本語の問い合わせを消してください。)でお願いします。

施行時に写真撮らせてください。一応見える形で募金とさせて頂きます。

車種はアルファロメオだけでなくイタリア車、フランス車、を中心としたヨーロッパ車ですが、イタ車フランス車以外は見てみないと判断できない場合もあります。それ以外でも一応機械のフィッティングの関係で出来ないお車もあります。フェラーリも355以降は、フィッティングがありません。

当店のお客様でもなくてもお受けできます。

早速と言うか、待ちきれずというか最初の1台目です。

Cc01

アルファGTVお乗りの横浜市のT様ありがとうございます。

キャンペーと言う形でやりますのでぜひこの機会にご利用お願いします。

現在、土曜日の作業は、お受けしていません。平日のみの作業となります。

 

ご協力ありがとうございます。

| | コメント (1)

2011年4月29日 (金)

CLIO V6

連休前の急ぎ仕事で、ルーノークリオV6のタイベル交換をしました。
何度か修理した事はある車ですが、タイベル交換は初めて。
知り合いのショップさんがエンジン降ろさずにやったと聞いたので、チャレンジしようかと思いました、、、、、、、、、、、、、。が、どう考えても手間かかりそう、再度聞いたらエンジンルームが傷だらけになるんで、リフトあるなら降ろせばという事で、降ろしました。

Cliov601

エンジンルームが無い(あくまで室内なんで)ので、内装の脱着や配線の脱着等が、面倒ですが思った程、時間かかりませんでした。

Cliov602

降ろせば楽です。

Cliov603

ベルトが長いのと、ウォーターポンプの脱着の為の、プーリー外しの為、特殊工具でバルタイ調整です。ただ、このエンジンプジョーとかシトロエンと一緒なんで何度もやっているので降ろしてから2時間かからず載せ作業に。時間があったらクラッチとかも点検したかったのですが、今回は問題ないという事何で見送りです。

サンクTurboⅡも何度か降ろしたし、アルピーヌV6D501は、クラッチやミッション修理で降ろしたのはディーラー時代と今を合わせると30台はゆうに超えているでしょう。基本、リアエンジンやミッドエンジンは好きですが、フランス車よりやっぱり、お馬さんのエンジンはしびれます。この車にアルファのエンジンでも積もうかと思った事もあります。ミッションさえあれば縦置きで。ついでにドライサンプで、、、、、、、、。もしくは147GTAをフロントセクションリアに移動という手もありますよね。。あれ、結局お馬さん買った方が安いかも(笑い)

| | コメント (0)

2011年4月23日 (土)

いいっす!!!

Guri01

Guri02

これ、いいっす!!

期待はしていましたが、想像以上です。

1750CCのわりに、トルクあるし、ターボ効いたら早いし乗りやすいです。

ハンドリングも156の初期物みたいに良く曲がるし、切れ角も多いし、ブレーキも効きます。

Guri03

Guri04

Guri14

マルチエアーも違和感無いし、ミッションもスコスコ入ります。

Guri05

スイッチも質感上って、使いやすいです。

Guri12

Guri13_2

メーターの視認性も良いし、雰囲気かもし出しています。
Guri06

例のDNAスイッチ、ノーマルでも十分です。ダイナミックにするとより良く反応します。

Guri07

156オーナーとしては嬉しい、ドリンクホルダー。12Vソケットも付いてます。

Guri08

左ハンドルですけど、運転席を私のポジションで固定してもリアシートの足元はこれだけ余裕あります。

Guri11

LEDデイライトです。設定で消せますが、スモールポジションはありません。ヨーロッパ車は皆、こうなるみたいです。

Guri10

クアドリフォリオのエンブレムにLEDのサイドマーカー。演出されています。

Guri09

モノブロック(1ピース削りだし)のフロントブレーキキャリパー!

Juri10

ちょっとBMWみたいなお尻はいまいち?

値段はそこそこしますが、買って後悔の無い車だと思います。

ただ、ボンネットを開けてエンジン音を聞くとちょっと寂しいです。室内には吸気音位しか入って来ませんので問題ありませんが、マフラー等で演出したいですね。235馬力あるみたいです。147GTAより速そう。

カーボックスさんでディーラーより先に売ってます。QVは、数台ナンバー付いてますので街で見かけるかも。

| | コメント (0)

2011年4月20日 (水)

GWの営業

今更ですが、ゴールデンウイークの営業予定をお知らせします。

平日と土曜日は通常営業。祝日は29日と3日も営業、日曜日と4日5日は、お休みとさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願いします。4日は富士スピードウェイでアルファチャレンジのサポートです。

110420

相変わらず、ごちゃごちゃの工場です。重整備が続きます。145とルノークリオのエンジンは組上げクリオは業者さんに戻しもうすぐ納車となるでしょう。145は始動していますがレースに向けてちょいちょいやっています。休み明けにもエンジン脱着の予定が入っていて(というか2月からお待たせしています)体力勝負な毎日ですが、通常修理はやらせていただいています。GW前と言う事もありますが、早めの連絡をお願いします。

少しずつ工場内の車も入れ替わってきています。

110420p_2

まことに申し訳無いのですが、パワーオブアルフィスタに賛同しておきながら何も行動に起こせなくなっています。

募金箱を置くと言うのも、工場の性格上(来店するお客様の数も限られているのであえて当店で箱を用意する必要性を感じませんし、反強制的になってしまうので)やめようかなと思っています。

一応予定として、GW位から行動起こそうとは思っています。私はメカニックなんで現地に行って壊れている車を治すのがベストな支援なのかもしれませんが、ちょっと無理です。
なんで、横浜で後方支援したいと思います。エンジンの燃焼室を液剤で綺麗にするカーボンクリーンというとテムがあります。これを、6000円で施行し、半分の金額を募金に回すと言うことを考えています。全額だと機械のメンテ代とか液剤代が出ないので私の工賃となります半額を募金とさせて頂きます。ただ,工場のキャパシティーの関係から1日2台位しか出来ません。一応パワーオブアルファを中心に赤十字に募金します。当然当店のお客様だけではなく、他店のお客様にも協力頂きたいと思っています。とりあえず半年ぐらいは続けるつもりです。お客様も通常より安く利用でき、気兼ね無く募金でき、車も排ガスを少なくすると言う環境にも良いということでやって行こうと思っています。

はじめられそうになったらブログ等で告知します。

| | コメント (1)

2011年4月15日 (金)

ぼちぼち

いろんな意味でぼちぼちやっています。
実際には、予定より2日程遅れてしまっていますが。アルファのエンジンは組み終え、ルノーのエンジンは点検して洗浄中心の組み付けなんで、ぼちぼち先が見えてきました。

11041402

ルノーは脱着は、鴨チャンに任せてるんで、組さえ終われば145に集中できます。
しかし、余震多すぎ。今日もリフトアップ中の車の下でなんか嫌な予感がしてたら、車が揺れていた。頼むからクレーンで吊っている時にはこないで欲しい。地球が育つ?(退化?)しているのだから仕方ないけど。東北地方の被災者の方は、諦められないでしょうが、神奈川、東京にいる私達は、少し我慢して頑張るしかありません。

2台のエンジンを組んでいて色々違いが解りました。次回更新時あたりに詳しく書きますが、面白いです。ルノーのエンジンは、凄い所もありますが、ここはなんでと言う所もあります。アルファは、古いブロックを対策して使いまわししているのが良く解ります。

アルファのボアは83mmで、ルノーは80mm(だったような)どちらも、ロングストローク型ですが、よりルノーの方が、ロングです。でも上はルノーの方が良く回ります。補記類や燃料の調整の違いはありますが、セッティングとフリクションの違いでしょう。

次回に続く。

工場の外は、こんな感じです。

11041401

外に置いてある車、葉っぱ攻撃受けてます。見るだけだったら綺麗なんでしょうけど。桜の咲く期間は笑って我慢できます。
ちなみに皆さん驚くのですが、近くの林に野生のうぐいすがいて、和ましてくれます。

POWER of Alfista

| | コメント (0)

2011年4月 7日 (木)

エンジン修理同時進行

前から預かっていたお車のエンジン修理をやっています。アルファのTSとクリオのRSです。

先延ばしにしてしまった結果、同時進行になってしまいました。両方とも、腰下(ブロック)の修理です。

1104071

これは良く見るアルファのTSのヘッドです。

1104072

見辛いですが、こちらはクリオのRSのヘッドです。水廻り、クリオの方が良さそうです。燃焼温度下げられます。

どちらのエンジンもオーバーホールした事あるんでそんなの大変な事でも無いのですが、2台ともブロック交換となるのでエンジンが4機あります。さすがに置き場も、エンジンスタンドも4機分ないので(2機分)順番に修理します。

クリオの方は中古ブロックに載せ替えなんですが一応全部見る事になり、各クリアランス測定もします。アルファの方は、メタル交換です。ちなみに5月3日までに慣らしも含めて終わらせなくてはいけません。4日がレースです。

1104073

クリオのブロックです。

余計な物(TSのバランサーシャフト)が付いていなくてすっきりとしたエンジンです。

下の写真はクリオのタペットカバーです。

カムキャップと一体になっています。それにローラーロッカーを使ってバルブをストロークさせています。だから、まん丸に近い作用角のカムが付いています。しかも中空のパイプにプレスして各山埋め込んでいます。1104074

それに対してアルファTS は普通です。だから整備はしやすいです。カムキャップとタペットカバーが一体だとバルタイ調整がいじりにくいです。

生産性や剛性の問題なんかもありますがシンプルな作りの方が好きです。新しい技術は、あ、、、凄いと思いますが、極めるには問題は多いです。ただ、やはりベースとしては蘇生は高い方が良いですけど。

POWER of Alfista

| | コメント (0)

2011年4月 5日 (火)

パワーオブアルフィスタ

アルファチャレンジでご一緒させて頂いているステーレの上松さんのおい誘いにより、当方もパワーオブアルフェスタに参加させて頂く事にしました。
POWER OF ALFISTA

まだ、具体的な方法は決まっていませんが、協力しようと思っています。

皆様すでに、いろいろな形で、震災復興に協力して頂いていると思いますが、車を通じて知り合えた皆で、応援していけたら幸いです。

アルファロメの部品屋さんが中心になって立ち上げたので、アルフィスタとなっていますがどんな車のオーナさんでもWELL COMEです。仲間意識を強調しているわけではありません。あくまで皆が思っている事を形にしてみようと思っています。

| | コメント (0)

2011年4月 3日 (日)

ブレーキオイル

多分、普通の修理工場でしたら、ブレーキオイルって2種類しかないと思います。下手したら1種類しか無い所もあります。数えたら常備しているので5種類ありました。レース用3種類(ストリートでも使えます)と町乗り2種類なんですけど、そちらは金銭的に分けているだけです。
Breakoil01

真ん中のブレンボは、お客様の依頼で取り寄せた物で常備在庫ではありません。

ATEのブルーレーシング&typ200は、10周位までのスプリント用。上の写真は耐久用です。

ドライ沸点が300度超えです。最近手に入れたフェロードはまだ試していません。取り寄せた先に聞いた所、とあるHSVに使われているそうです。ドライ沸点330度です。街乗り用の普通のブレーキオイルが240度と言う事考えると凄く高温に強いですよね。

一応というかDOT4規格をクリアーしていますので、2年の車検のインターバルでも大丈夫です。(サーキット走行多い方はそれなりのインターバルで交換薦めます)

はっきり言って値段は高いです。0,5Lで3,780円です。
普通の倍はしますが、使っても1Lです。安心を手に入れるには安いと思います。typ200あたりだとコストパフォーマンスに優れています。1Lで3680円です。それで280度のドライ沸点です。

当方はブレーキオイルのエアー抜きという形ではやっていません。あくまで交換です。1L必要です。クラッチが油圧の場合は一緒に交換します。

ヨーロッパ車の場合、ブレーキのシールが単品で出なかったりします。なかなかオーバーホールが出来ません、。ですから、ブレーキに水分が混ざって当然沸点が下がるのも問題ですが、マスターやキャリパーに錆びが出るのを防ぐ為にも早め早めの交換をお勧めします。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »