« 土曜日のキャンペーン作業お休みです | トップページ | がんばれ自分??!! »

2011年5月28日 (土)

FIAT、アメリカ進出(再)の犠牲?

FIATがクライスラーの株主になったのは、やはり10年以上アメリカに正規に輸出していない為の足掛かりにしたかったのでしょう。その結果、ひん死の状態のランチアが犠牲になったのかもしれません。ただ、私は逆に、チャンスだと思います。現在日本に正規輸入されているランチアはありません。FIATも殆ど500だけです。アルファですら、歩行者保護何チャラで、159やスパイダー、ブレラの輸入ができなくなり、在庫処分の147と3ドアしかないMITOのみです。

こんな状況ではディラーさんも大変です。クライスラーを吸収した事によって、車種が増えればとりあえずはしのげるのではないでしょうか?ただ、何も昔の名前を使わなくてもと思いますが。

http://www.youtube.com/watch?v=05Sw69RbAb4&feature=player_embedded

ランチアの内装が好きな方には、やっぱりクライスラーベースですがその良さは変わらないと思います。

Maseratiquattroporte

次期クアトロポルテです。

V6が復活します。クライスラーのエンジンみたいです。現在のV8のままでは値段が高すぎるので、コストダウンでしょう。アメリカに売るならそれで良いでしょう。メーカーが数売って儲かると良い車ができてきますので、否定はできません。アルファもSUV出すみたいです。チェロキーベースで。ポルシェがカイエン出して、否定されたけど、実際はパラメーラも含めて、バカ売れ状態です。調子こいて918や911ハイブリッドなんかも作ったりできましたし、、、、。

アルファもSUV出して、あらりが出たら4Cの進化版やオリジナルのエンジンで8Cを作ったりしてくれたら嬉しいです。

|

« 土曜日のキャンペーン作業お休みです | トップページ | がんばれ自分??!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FIAT、アメリカ進出(再)の犠牲?:

« 土曜日のキャンペーン作業お休みです | トップページ | がんばれ自分??!! »