« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月16日 (土)

アトキソンサイクル

普通、自動車のエンジンは、オットーサイクルです。
これが、駄目というわけでは、まったく無いのですが、最近色々な考え方のエンジンが出てきました。
吸入、圧縮、点火爆発(拡張)、排気、このパターンは変わり無いのですが、タイミングをずらして、燃費や排ガスの浄化を行う事を考え始めました。
ミラーサイクルは良い例で、バルブの開閉のタイミングを進めたり遅らしてオーバーラップをなくしたりして効果を発揮しています。何故そんな事をするかというと、燃焼効率の良い高圧縮にするとノッキングが出るからです。ただ、そうする事によって吸入が少なく、力の無いエンジンになってしまいます。そこでスーパーチャージャーで出力の低減を補ったりします。
今までは、バルブの開閉でやっています。TwinAirなんかも同じ考えです。もっと言えば、逆の考えで、パワーを出す方法として、BMWのバルブトロニックや本田のV-techなんかは、ローッカーアームを使って出力アップをしています。
で、ロッカーアームでは無いのですが、カムでなくクランクシャフトに可変機構を付けたのがアトキソンサイクルといわれているエンジンです。大雑把に言えば、プリウスのエンジンなんかも、バルブ機構だけですけど、そう言われているみたいです。

Hondaexlinl

これは、本田の汎用エンジン(ECOキュート用)ですが、ここまでやると効果抜群です。

You tubeだともっと判りやすいです。

http://www.youtube.com/watch?v=GnlHHqZu1kM

ピストンの下がる位置が吸入時と爆発拡張時では違いますよね。

構造が複雑なんであまり高回転には向かないと思いますが、化石燃料エンジンも進化しています。

| | コメント (0)

2011年7月15日 (金)

名コンビ復活

2012年、F1では、ウイリアムズがルノーのエンジン使います。それに伴って、例のコンビが復活するみたいです。
92年だったと思いますが、ルーノークリオのHotVesion Clio Williams.当時日本車最強のホットハッチのインテグラTypeRと良く比較されていました。本当に楽しい車でした。
それが、また出てくるという噂。

現在のクリオ(日本ではRSは輸入中止)RSは、202馬力。これでもエンジンのレスポンスも良くトルクの付いてくる良いエンジンなんですが、これが240馬力で出てくるという話。期待できますね。

Renaultcliowilliams2012

アルピーヌやゴルディーヌも良いですが、速さを求めるなら、ウイリアムズですよね。

日本には並行輸入しか方法がありませんが、噂が本当でしたら欲しい一台です。

エンジンもそうですが、ウィリアムズがどうシャシーのセッティングをしてくるか楽しみです。

| | コメント (1)

2011年7月14日 (木)

四角い車がはやる??

車のデザインなんて、性能に影響もされるのでしょうが、やはり洋服なんかと同じで流行があるみたいです。
ここの所、丸みを帯びたデザインが多かったのですが、新型となっていく車たちは、四角いのが多くなる??みたいです。
Citroenc3picasso_01

シトロエンのC3ピカソです。室内長を重視したんでしょうか?

Fiat_panda_2012_1

次期パンダの予想図。元々パンダは四角いですけど。

コンパクトカーは、比較的空気抵抗とか前面投影面積なんかは考えなくてよいのでこういう流行なんでしょうね。

四角い車好きの私にとって好きなデザインが増えてきそうです。

| | コメント (0)

2011年7月13日 (水)

低ダストブレーキパッド

低ダストのブレーキパッドって色々出てますよね。元々自分はダストや鳴きに関して自分の車に関して止まるという事を重視して、性能一番という考え方でしたので、それ程興味無かったのですが、最近洗車も、タイミングを逃してホイールが汚れているので興味が出てきました。
本来、カーボン系は黒なんで、ダストは目立ちます。で他の材質となると効きが良くないが多いです。
その中では、DIXCELLのtypeMは、お勧めできます。フィーリングも良いしコントロール性も良いです。ダストは純正の4分の1位しか出ません。

Dixbr01

耐久性も良く、純正の1.5倍位はもちます。値段は純正よりちょっと高ッかったりしますが、トータルで考えると安くなります。今年の夏は、水不足も予想されていますので、洗車の数も少なくなってしまうかもしれません。せめて、ホイールだけでも綺麗にしませんか?

箱にも書いてありますが、こんなステッカー入ってました。

Dixbr02

最近多いですよね。頑張ろう東北から、日本全体に。皆、危機感感じているんでしょうね。DIXCELLさんも売り上げの一部を義援金に回しているみたいです。

| | コメント (0)

2011年7月 4日 (月)

AL4交換

プジョーとかシトロエンのATはAL4という物を多く使っています。ルノーもカングーや、ルーテシアで使っています。(ルノーは呼び方が違うらしいけど、現役時代はそう呼んでいた)
困った事に、良く壊れます。ルーテシア、お客さんに何人も代替えさせました。5年位前は,高かったんで。しかも修理も出来るけど、保障できるほど確実ではなかった。一癖のあるATです。
206のお客様の車がやはり、このミッションの犠牲になり、載せ替えとなりました。

新品、23万税別。私に言わせるとATとしては安い。ZFのリビルト品でさえ買えない場合多し。コンバーターも付ですよ。トラブルが起きたら早めに乗せ替えがよいのかも。確かに、工賃合わせると高い金額になりますが、嫌な症状が出始めたらあっという間に壊れます。

イタリア車は、セミATとなって、コンバーター付ATは、マセラッティー位しか無くなりました。最近はツインクラッチになっているみたいです。でもそれってASSY交換になってしまうんですよね。

話がそれましたがAL4は、ギア比も高いし、熱がこもりやすく、水冷ATクーラーが、よくない。ATFの温度を逆に上げている。初期物のATFクーラーは、アルミで腐食し、水がATFに混じるので定期交換部品となっていました。今はステンレスなんで大丈夫ですが、油温自体はアルミより下がりにくいでしょ。

やはり、日本の高温多湿は辛い上に、ゴーストップの多さ。フランスでは良くても日本ではと言われる理由がそこにあります。

車を選ぶ理由にM/Tか、ATか。その上セミATか、コンバーターATか。難しいですね。

ちなみに余談ですけど、アルファの156V62500ccのATは壊れません。166ATは良く壊れます。166の方が後に発売されたのに。

新車だと当然、166の方が高かったですけど、今では156Qは、人気車種で値段高いです。ATの信頼性。中古価格に現れます。

Al4

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »