« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月25日 (金)

595ABARTH

最近、FIAT500を良く街中で見かけることも多くなりましたね。今のecoな時代に合っているんでしょうね。アバルトでさえ結構な割合で見かけます。
その500アバルトなんですが、エッセエッセキットが出て、パワーアップをしていますが、トリビートフェラーリが出て、影が薄くなってしまいました。
ボローニャのモーターショーで、エッセエッセのキットを組んだ限定車が出るみたいです。695程で無いということで595です。ツーリスモとコンペツォーネだそうです。

595ab01

595ab02

後から良い物が出てくるのは当然ですが、なんだかな~~!!

ま、ランチアデルタの後出しも凄かったですよね。ま、同じメーカーですから。
595ab03

ところで、サーキット専用車も、変わったみたいで、アセットコルサはシーケンシャルになったのかな??

Abarth59501

Abarth59502

それともHパターンのドグミッション??ラリーカーのシフトノブに似ているので、シーケンシャルのドグミッションなのかな!!楽しみですね。

| | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

セレの作動油

Sereacum01

アルファロメオのセレスピード。セミATは、基本電気仕掛けというわけではなく、各アクチュエターを電気で制御しているだけで、油圧の作動です。メーカー純正は今一熱に弱いような症状があり、他のメーカーのものに変えていました。ただ、専用品ではなくATFの流用でしたが、LUBROSSさんから出ている作動油に替える事にしました。
メーカーも専用ということで作動油に特化した性能にしたと言っていますし、他のお店さんも良いといっているので当方でも使う事にしました。
Lubross01

入れ物も、調合しましたって感じで良いですね。

順次、入れ替えていこうと思います。

LUBROSSさんは、欧州車、特にアルファロメオあたりがターゲットになっているので、相性もよく安心して使えます。

Rスペックのエンジンオイルも在庫していますのでお試しあれ!!

| | コメント (1)

2011年11月 8日 (火)

並行輸入の魅力的な車

Qubo01

このお車ってなんだか判りますか?

新車オプション部品の取り付けで入庫したFIAT QUBOです。色が緑なんでかえるみたいな顔つきで可愛いですよね。サイズ的には1世代前のカングーよりちょっと小さいです。ま、でも高さと荷室がちょっと短いだけで、着座位置は広々です。

Qubo02

両面スライドドアなんで国産のミニバンと同じですね。リアは観音開きですが、上にポップアップドアもあるみたいです。

 

Qubo03

インパネは乗用車みたいですね。このお車は、セミATですが勿論M/Tも選べます。

FAITジャパンは、売る車が500しかないと嘆いていますが、この車を何故やらないのか不思議です。もっと変わった車のムルティプラは輸入したのに。

ランチア イプシロン、デルタなどもガレージイタリアさんが、並行で輸入しています。この車はFIATなんでガレイタさんは輸入しないでしょうけど、CARBOXさんは、輸入しています。しかもTwin Airだけでなく1300のTurbo ディーゼルもです。しかもディーゼルの排ガスクリアーしているので指定都市でも年数関係なく乗っていられます。ヨーロッパはディーゼルを好む人が多いです。トルクがあって乗りやすいですから。

FIATを始め,RENAULT、なんかもまだまだ、未知といえる車がたくさんあります。そんな個性的な車のメンテも当方でやります。500のTwin Airのリコールも並行輸入車でも販売店の責任で施行しています。だから特に不安無く乗れると思います。乗る車が無いとか欲しい車が無いとか思っている方、本国には、求めている車があるかもしれません。

ちなみに1年ぐらい前にこの車を買おうと思ったのですが、排ガスやコストの関係で(今は円高)で諦めました。もう1つ報告ですが、9月に来るといっていたイプシロン向こうのディーラーとの行き違いがあり、キャンセルしてしまいました。

来年春にジュリエッタが愛車になる予定です。勿論、いつ正規輸入されるかわからないディーラー車ではなく、オプションまで細かく選べる並行輸入車となりますが。イタリアの工場で今月生産の予定です。

 

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

マセラッティーNOW

ツイッターや、フェイスブック的言い方だと~なう。というこで。

クラッチ交換です。夏前からお待たせしていたお車。


Mase01
すべてが重い。人力だけでは無理なんで、ミッションジャッキとかとかは使いましたけど、最後は人力。

疲れるんでゆっくり、作業していきます。

Mase02

トルクチューブ(中にプロペラシャフト入っています。)重すぎ。でも、アルファの75のようにカップリングは無いのでダイレクトだし、ミッションとエンジンが一体になっているんで、トランスアスクルが生きてきます。剛性も出ますしこうじゃなければいけないんでしょうね。

Mase03

テスターでは、80パーセント(100パーセントがMAXではなく120パーセント位?)使用済みなんですが、意外と残っている感じ。どうなんでしょう?ちなみにツインプレートなんでディスクも2枚あります。

Mase04

それでは、また次回。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »