« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月21日 (水)

バッテリー交換も気を使います

最近、色々な装備やセキュリティーなどが増え、簡単にバッテリー交換できなくなりました。
ちょっと前までは、時計とステレオを合わせればよかったのですが、最近は、いきなりセキュリティーが効いてしまってホーンが鳴ったり、メーターの言語が変わってしまったり、しまいには、エアーバック等のエラーランプが点いてしまったりします。

そこでOBDから、電気を送りバッテリー外してもデーターがなくならないようにする機械が必要になってきます。当方にはあります。

Code01

ラジオコードもめんどくさいですよね。ましては中古車で買ってデーターが無いときなんかは困りますよね。

当方は、基本的に当店でバッテリーお買い上げの場合、工賃無料です。

メーターの言語変更、たとえばイタリア語→英語なんて事も出来ます。また、手動で無いサービスインターバルなんかもリセットできます。

FIAT500のサービスインターバル(スパナマーク)はテスターが無いと消えません。3万KM
超えると点きます。

そんな時はご相談ください。

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

最近過激なシトロエン

Ds4racing_01

最近シトロエンって、元気ですね。DS3Racingも良いのですが、5ドアで、こんなのがスクープされています。
DS4Racingです。プジョーが稼いだお金を使いまくっている感じですね。
BMWのエンジンを使うみたいですけど、2LのTwinTurboみたいです。245馬力。過激です。
C6にもディーゼルですが、V6TwinTurboありますし。そういえばcarboxさんが、一応デモカーみたいな感じで一台使うみたいです。もうナンバー取れたみたいですけど。

当方のジュリエッタが、完成(生産)したみたいです。写真が届きました。

20

21

22

う~ん、楽しみです。クリスマスが終わった頃、船に乗るのかな?!!

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

最近のホットハッチは完成度高いです

ホットハッチと言うと、じゃじゃ馬と言う感じのイメージがありますよね。
A112アバルトや、ルノーサンクGT-T、なんかは危なっかしいほどパワーがあって楽しいですよね。
最近のホットハッチと呼ばれている車たちもパワーがあって楽しいのですが、危なっかしさはなくなりました。500アバルトやクリオRS 、シトロエンDS3レーシング、パワーもあって楽しいのですが、昔の車のような危なっかしさは無くなりました。当然パワーは最新版の方があります。シャーシも良くなって、剛性があって変な動きもしないし、パワーはあるんですが、電子制御スロットルのおかげで滑らかな特性になっています。それをつまらないと感じるか、それともその特性を生かした走りが出来るかが分岐点となるわけなんですが、とにかく完成度は高いです。

2011121518260000
それを試すのは公道では無理かもしれません。でも、法廷速度で走っていても色々インフォメーションが伝わってきます。エンジンのおいしい回転数を探してみたり、ハンドルを切った時の素直さ、ブレーキをかけてタイヤに加重がかかった時の沈み込み。そんなことを想像しながら走るのもまた面白いですよね。サーキットに持ち込んで走ってみた時にその特性がはっきりしますが、公道で感じた事が正解だったりすると嬉しいですよね。

2011121317420001

メガーヌRS、クリオRS、DS3Racing、ABARTH500なんかはほんと完成度が高いので、それを生かした走り方を見つけながらゆっくり走るのも面白いですよね。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

センサーの歯

アルファロメオのGTVのハブベアリングを交換したんですけれども、156、147は、気がついていたんですけど、GTVのハブベアリングも、ABSの歯が内臓されていたんです。
Hub01_2

こんな感じでばらすんですが、表と裏があったんですね。

Bg01

表と裏なんですが、右側が中に歯が切ってあってABSのセンサーの磁石で回転する事によって電気が発生してスピードを検知しているわけですが、以前の歯は、下のような感じでした。
Shft01

歯の間隔も大きく大雑把な感じでしたが、ベアリングのインナーレースにつけることによってコストもかからず細かく出来る(特に低速時)事によってより細かなABSの制御が出切る様になっています。

ちなみにリアはハブとベアリングが一体となってしまい非分解となり値段も高いです。

##face book始めました。内容はブログと同じです。

http://www.facebook.com/tes.factory

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

マセのクラッチその2

前回書いてから日がたってしまいましたが、もう少し詳しくマセラッティーのクラッチについて書きます。お客様のお車はとっくに納車済みですけど。
Maseclu01

この写真だと判り難いかも知れませんが、ツインプレートのクラッチです。一体式なんで、F355の様にディスクのスプラインを合わさなくても組めるので楽です。しかもバランスも良いだろうし。

ディスクとディスクの間にプレートが入っているわけですが、ディスク残量があっても、プレートが熱で青くなっていたらジャダが出てしまいます。そうなるといくら残量があっても交換が必要です。

何回か、ブログでテスターで残量をみれると書いていますが、これは実際には、ディスクの残量を測っているのではなく、レリーズベアリングのストロークを測定し、計算で出しているみたいです。ですから、クラッチカバーのへたりやスプラインの錆などにも影響をうけ、実際の所、目安にしかなりません。400馬力超えの、タイヤサイズも275とかなんで、クラッチも負担かかりますよね。

Masebg01

レリーズシリンダーとベアリングが一体式です。F355の場合、シールをちまちま交換しますがこちらも一体部品として出荷されてきます。

後期型は、強化クラッチといわれていますし、実際これでもかってぐらい厚いですけど、ディスクが焼ける危険性は同じ。制御が良くなっているんで耐久性は増えていますけど。

アルファやルノー、FIATやプジョーのクラッチも交換しています。フェラーリやマセラッティーもやっています。ランボはちょっとテスターが違うんで駄目ですが、他の車種はご相談ください。

##フェイスブック始めました。但し使い分けが出来ず、ブログと一緒です。

http://www.facebook.com/tes.factory

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

自転車の車道通行

道路交通法が変わって、自転車が基本的に歩道ではなく車道を走る事になりましたね。何の対策もせずにいきなり法律を作ってしまうなんて納得いか無いのですが、将来的には仕方が無いのかもしれません。
となると、自動車の運転、かなり気をつけなくてはいけません。当然いままでも気をつけていますが、車速の違いやふらつき、オートバイの自転車の追い越し、色々危険が多くなってきます。
最近はECOブームや運動の為、通勤を自転車で通っている方も多いと思います。朝はまだしも夜は、自動車からだと見難いですよね。自転車は左側通行なんで、ライト点いていても前だけだと、後からだと反射鏡しかわからないですね。ヘッドライトがあたって初めて存在に気がつくなんて怖い事も良くありますよね。法律決めた役人に22時以降の環状8号線とか、自転車で走ってもらいたいものです。自転車の後にも何か光る物が無いと危ないです。
あと、やっぱり自転車に乗っている人はすり抜けとかやりたがりますが、これも難しい問題ですよね。多分結果論しか出てこないと思います。
一ついえることは、自転車に乗っている方は守ってあげなくてはいけないということです。事故がおきたら自転車に乗っている方が怪我をします。自転車に乗っている方が悪くても裁判になったら自動車が不利です。
マナーも含めて難しい問題ですけど、走行レーンとか、運転教室とかを早急に作ったり開いたりして安全な交通状況にしてもらいたいですね。
街中を走る時にはドライブレコーダーあった方が良いかもしれませんね。ちょっとせちが無い世の中で街中にもカメラがたくさんあって犯罪や事故なんかもビデオ判定なんてことになっていますが自己防衛の意味で必要なのかもしれませんね。

東京モーターショー始まりましたね。行きたいんだけど、仕事頑張らないと、、、、。

| | コメント (1)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »