« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月27日 (月)

ドライブ???

今日は、ドライブでした。

このマシーンで。

2012082700240000










ウソです。





2012082700250000

写真をとった場所は、常磐道の友部SAです。もうちょっと走った所のお客様に納車です。
少しでも、効率良くするために、お客様に無理言って納車させて頂きました。

その後、夕方というか夜(7時)になってしまいましたけど、横浜からご実家に引っ越された方の所(もうちょっと遠くの逆方向ですけど)に行って、挨拶がてら用事もすませ、夜景を見に首都高を走りました。

こんな日もあるTES-factoryです。

9月17日は、アルファチャレンジの耐久です。鈴鹿!!

皆さん参加してみませんか?F1も走るサーキットです。今年はサーキットが50周年だそうです。

レースはちょっと、という方も体験走行できます。ヘルメットも要りません。一度走ってみませんか?病み付きになりますし、F1とかのレースをテレビで見る時にもあそこはああだなんて思って楽しいですよ。

鈴鹿はちょっと遠いと思っている方、9月29日に富士スピードウェイでもあります。

ストレートの長さを体験してみませんか?

ということで、さっさと仕事方つけて、レースに向けてメンテしよう。


| | コメント (0)

2012年8月26日 (日)

休み明け

1345968038361.jpg

ブログの投稿が遅くなってすいません。
ものすごくゴタゴタしていて、なんかうまく暇作れませんでした。
もう一つ理由があって新兵器として投入した、ipad、これがまた、いうこときかなくて、うまくいきませんでした。休み明け、3台同時進行で、やっていたりして効率の悪い状態です。
今週中には、なんとかしたいですね。頑張ります。
部品待ちもあって2ヶ月預かっているエスパス君、リフレッシュ中です。
9月のアルチャレ鈴鹿に向けても整備中の車輛も有り、入庫車輛も多くご迷惑をおかけしていますがもう少しお待ちください。

| | コメント (0)

2012年8月 8日 (水)

夏期休暇のお知らせ

8月12日~17日まで夏期休暇とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2012年8月 4日 (土)

ブースト

Guri001

ジュリエッタにはDNAシステムというデバイスが付いています。
ダイナミック、ノーマル、オールウエザー。走行状況によって出力特性を変えています。
それ自体は今時のデバイスで良いものだと思います。
話がちょっとそれてしまいましたが、最近手に入れたOBDモニターで色々見ていた中で気がついた事があります。まず、OBDモニターとはOBDカプラーから信号を拾い数字にしてメーターに表示するモニターです。いわゆるテスターの簡易モニター版みたいなものです。
数字にしてみると色々判ってきます。
で、色々ありますが、今回はまずブースト。
Guritb01

小さなタービンで低速からレスポンス良く廻しているTURBOですが、結構ブーストかっかってそうだなとは思っていましたが、、、、。

Nレンジノーマルで、1Kかっかていました。一般に0.8位の車の多い中ノーマルモードで1K.。大気圧で考えると2倍の量の空気を押し込んでいます。だからNモードで十分早い感じがします。
ダイナミック、Dモードでは、、、、、。









1.6K







大気圧の2.6倍の空気を押し込んでいます。勿論常にじゃありませんが全開時はそこまでブーストかけています。
デルタの3速以上の全開時は、1,2K。更に上を行く1.6Kです。
タービンが小さいので風量自体はそれ程多くありませんが確かに高ブーストの立ち上がり加速をします。ちょっとしたチューニングカーでもそこまではかけられません。きっちりチューニングしたエンジンで無いとそこまではかけられません。それをメーカーがやって市販している事自体が凄い事だと思います。
とりあえず、ピストンが溶けたとか、ガスケットが抜けたとかのTURBO車のトラブルは今の時点では聞いていません。その為に、制御が入って出力を落としているんでしょうけど。
Guritb02

TURBOと一体型の触媒、EXマニ。やはり一体にしなくてはここまでブーストかけられないのでしょうね。

市販されているサブコンをつけると280馬力ぐらい出るといわれています。それってブースト2Kかけているのでしょうか?1.8だったとしても尋常じゃないですね。TURBO車はブローしたらエンジン交換になる確率が高いので通常よりメンテをきっちりやらないといけませんね。

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »