« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月22日 (土)

鈴鹿参戦報告

9月17日、鈴鹿サーキットにおけるアルファチャレンジETCC1,5時間耐久レースに参戦してきました。

2012091705490000

いつもの156TSですが、今回リアに羽つけてみました。他車からの借用ではあるのですが、、、。

2012091706470000

2012091706480000

で、結果から先に言うと、エンジン壊れてリタイヤです。

忙しく、車両メンテもあまりしなかったことは事実ですし、新規エンジンの組み付け予定で壊れてもいいやと思っていましたが、まさか本当に壊れると思っていませんでした。はっきりいってエンジン全損です。

何が壊れたかと言うと、まだばらしていませんが、まず間違いなくコンロッドのボルトが折れたと思います。今の仕様は、エンジン本体は削ったりはしていますが、基本ノーマルです。それに、OSのクラッチつきのフライホイールと、4連スロットルつけてフルコンで制御しています。補器類は、いわばフルにやっていて、エンジン本体はノーマルという状況です。

実は、エンジン壊れたのは今回初めてではなく、この仕様だと無理があるみたいで、2度目です。一応、リミッターが効くのが嫌で、7800RPMでリミッター入れてドライバー任せで7000RPMでシフト。ロス含めても72000RPMでシフトされています。

今回のドライバーは私(自分で壊しました。)なんで、自己責任でドライブしていたし、フルコンのロガーでも7150RPM以上は廻っていませんでした。、4レースはもたない。3レース終わった時点で、コンロッドのボルトを新品にするしかない状況というかんじですね。

新しく組むエンジンは、対策部品(強化部品)で組みますので、今後は耐久力が上るので、このような事はなくなるかとは思います。

残念な結果となった鈴鹿でのレースですが、来年リベンジしたいと思います。

赤旗を出してしまい、レースを中断させ、エントリーした方、オフィシャル様に御迷惑をかけた事、ホンダランドの方々にオイル処理をさせてしまった事、反省し、ここにお詫び申し上げます。

| | コメント (1)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »