« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月28日 (日)

タイロッド

最近点検で、気が付く多くなってきている不具合があります。

Tyrod01
 
ちょっと、判りづらいですかね?
このボールジョイントが、駄目でガタが多く見受けられます。
 
 
 
Tyrod02
ステアリングラックのジョイントで両側にあるタイロッドです。ハンドル切ったときやサスペンションが上下する時にタイヤの向きによって動いています。というかタイヤを動かしています。
ここにガタがあるとステアリング操作ではあまり感じられませんが、路面の凹凸や前輪の加重変化で車両が振られたりします。ステアリングをきっちり持っていてもふらふらする原因になります。
タイロッドは、ネジが切ってありトーが調整できます。せっかくトーを調整して合っていても、ここにガタがあるとトーが狂いアライメントが数値から外れ、タイヤの方減りにもなります。
タイロッドにはもう1つタイロッドエンドというボールジョイントがあります。こちらも駄目になります。ただ、エンドと違ってイタリア車は、正規の部品では設定がなくラックASSYになってしまう場合が殆どです。フランス車は、単品での設定があります。メガーヌなんかはよく交換しています。
イタリア車なんかも156や147は、社外品で設定があります。設定がない車は長さやネジ径が合えば使えるのですが、なかなか探すのは難しいかもしれません。
 
Tyrod03
 
 
 
普段はブーツがかぶっていて給油出来ないし(しようとすれば出来ますが)湿気でさびが出たり金属疲労で減ってきたりしますので、金銭的に高くなっても交換しなければいけない部品ですね。
ラックブーツが切れているなんて、車検のとき治せば良いと思っている方、ラックのシールにごみが付いてオイル漏れの原因にもなりますし、ボールジョイントに水が入って錆びる原因になるのですぐ治しましょう。
156、147のオーナーの方、エアコンのエバポレーターの水抜き、左のラックブーツの上にあり水がかかります。ご注意を。

| | コメント (0)

2012年10月26日 (金)

もうないかな?

今週は、ルノー社の車の入庫が多かったです。メガーヌ、ルーテシアV6、アルピーヌV6Turboなどなど。
France01
 
 
 
アルピーヌは、輸入元にいた時、かなりの台数やったので、懐かしいです。月に6台以上エエンジン降ろしてミッションやクラッチの修理、オイル漏れの修理などやった時もあったので、結構勉強になりました。
こんなものみつけました。
France02   
France03
 
 
 
France04
 
 
ルノーメガーヌV6トロフィーのフルバックカーです。ちょんと動きます。
ボルヴィックのおまけです.他にもカングーやルーテシア、A110,1000KG、キャトルがあります。当然、ルノー公認なんで、ディーラーでも11月19日から提供??するそうです。
待てない方と、ディーラーはちょっとという方は、10月23日から、コンビニで売ってます。
 
Fance05
 今回は、何箇所かコンビに廻ったのですが、ゲットできず、お客さんに協力してもらって、ゲットできました。奇跡的に残っているかもしれませんので、欲しい方はコンビにへGO!!ですね。
明日からフレンチブルーミーティングですね。車山での恒例行事です。
今週入庫のアルピーヌさんも行くみたいです。カーボックスさんもブース出すみたいです。
皆さんお気をつけて行ってきてください。楽しいイベントですので興味のある方もGO!!ですね。

| | コメント (0)

2012年10月25日 (木)

4Cスクープ写真が出てます

Alfa_romeo_4c_02

 
 
 

来年出ると言われている、アルファロメオの4Cのスクープ写真が、ネットに出てますね。
MITO GTAのようにお蔵入りは無さそうで、ほっとしています。
相変わらずの、ショートホイールベースのオーバーハングの少なさ。良さそうですね。

Alfa_romeo_4c_foto_spia_01

オイルパンが見えます。やっぱり、横置きですね。ジュリエッタのコンポーネントを後に持ってきた感じですね。セミATになるといっていますが、、、、。

Alfa_romeo_4c_foto_spia_07

デイライトは、こういう風に光るんですね。

5月に発売と言う噂はありますが、間に合うんでしょうか?マセラッティーの工場で作るということは決定しているみたいですが、どこまでカーボンを使うかによって値段も変わってくるだろうし。円の高いうち(じりじり安くなり始めてますね)に売ってくれると助かるんですけどね。

ただ、スーパースポーツと言うより、ラグジュアリカーの位置づけなのかもしれませんね。

楽しいな1台です。

| | コメント (1)

2012年10月22日 (月)

結晶塗装

長らくお預かりしているデルタ君。そろそろ終わらせないとまずいので、急ピッチでやっています。ちょっとしたレストアになってしまっています。
その中で、タペットカバーの塗装がはげてしまっていたので、再塗装を業者さんにお願いしました。板金塗装屋さんでもやってくれる所がありますが、耐久性を考えて炉を持っているコーティング屋さんに頼みました。
このお車は、EVOⅠなので黒いカバーなのですが、イタ車は赤でしょ、テスタロッサ。ということで赤に塗り替え。初めての取引きでしたが、満足のいける仕上がりでほっとしています。

Delcover01

 
 
 
 
 
 
 

Delcover02

さてこれから追い込み追い込み。仕上げなくては。

| | コメント (1)

2012年10月21日 (日)

言い訳、、、、

9月のETCCの鈴鹿のレースでスタート早々、エンジンが壊れてしまいましたが、とりあえず、データーロガーを引っ張り出してみてみましたが、7200RPMを大幅に超えることは無かったです。単なる言い訳ですが。
20120917suzuka2

緑のグラフが回転です。全体的に見るとこんな感じです。

壊れる寸前のグラフはこんな感じです。

20120917suzuka3

そして、全体的にみて調整する時には下のグラフ位にして使います。

20120917suzuka1_3

赤い線(グラフ)がいわゆる、ガスの濃さ(AF)です。理論空燃比は、14対1ですが、このフルコンではそこまで薄くすると危ないです。薄くても10対1.センサーの特性とかもありますんで。

アクセルの開度(全開の回数)によってどこを走っているかも判断できます。ただ、このグラフは、あくまでエンジンのログなんで、運転術には、役に立たないです。根性無くて前回にして無いじゃん、とかなんでアクセル戻してんの?とかはわかりますけど。

GPS付のデーターロガーでしたらGセンサーなんかも付いているものがあり、運転の向上には大変役に立つと思います。ポルシェなんかのCUPカー、日産マーチのCUPカーは、メーターにロガーが入っています。レースのレギュレーションによってはそれを公開してレース自体のレベルアップをはかったプログラムになっています。

ノーマルエンジンの156は、カムシャフトがおとなしいし、圧縮比も10対1なんで殆どばらつき無く調整できます。

エンジンをチューニングしていくにつれて、ばらつきが出て調整が難しくなっていきます。

とりあえず、壊れたままになっている156ですが何とか復活させたいと思います。強化のコンロッドも入手済みだし、後はやる気と時間ですね。

レースはある程度勉強だと思いますが、このようにエンジンのECUの調整、足回りの調整、いくらやっても満足はいきません。妥協の連続です。その中で、ベストな状態で望めるように努力していきたいと思います。

| | コメント (0)

2012年10月12日 (金)

いつの間にか10000KM超え

2月に乗り始めて、あっという間に10000KM走ってしまいました。もうすぐ12000KM!!。オイル交換も3回目なんで、M/Tも交換。使い勝手が良いのと、やっぱり、力(パワー)あるんで、楽なんですよ。

で、新車時から気になっていた、足回り。普通に走るには問題ないんですけど、ちょっと強めにブレーキ踏んだりして、前が沈んだ時、その戻りの早さ。文字で書くと表現が難しいのですが、いわゆるショックのリバウンドのスピードが速い。抜けているのではなく、容量不足というか乗り心地優先というか、、、、。リバウンドの減衰を強くしたい。ただ、車高調整式のショックを導入するまでの必要性は現時点では考えてもないし、予算も無い。

と言う事で、ビルシュタインのノーマル形状のダンパー(一応ショートストローク)と、アイバッハスプリング。
Gurisus01

Gurisus02

Gurisus03

残念ながら、車高は殆ど変わらずじまいでした。

乗り心地は、単筒式の割りに良く、連続して跳ねるような路面ではノーマルより良くなりました。

箱開けてみて気がついたのですがフロントは倒立でした。よって、剛性があり確かなハンドリングとなりました。

ショックの戻りのスピードが抑えられる事によって、ためが出来て、荷重が掛け易くなり、フロントタイヤのグリップ力が増した感じです。

サーキット走行を前提に考えていないので、しばらくはこれで満足する事でしょう。

Gulisus04

| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

あっという間に10月

あっという間に10月と言っても、もう6日。
なんだかどたどたしていて、日付の感覚がおかしくなっています。
配線の探求やら、不調の探求などで、手間がかかる仕事が多く、効率悪い状態が続いたりしています。そろそろ、脱出したいのですが、どうなんでしょう?入庫の件で待たしていたりしていますが、頑張りたいと思います。
20121006factory

秋は、イベント等も多く、お出かけになる機会も多いと思いますが、(今日自体3連休ですよね)夏の酷使した状態のお車も少しはゆとりが出てきていると思います。異音はないか、異臭は無いか確かめてください。オイルが漏れていれば臭いし、ベアリングがへたれば音が出ます。エアコン切って窓開けて走ると違った音や臭いが感じられたらご相談ください。

20日の土曜日、富士スピードウェイでオートカーのヒストリックなイベントがあります。ちょっと前までネコヒストリックオートモービルフェスティバルがあります。新旧のいろいろな車が見れるので楽しいですよ。F1も走るし、フェラーリのレースもあります。かたや、箱スカや、ベレG、S8,ヨタ8なんかも走るし、勿論アルファや、ルノーの60年代の車も展示されていると思います。スワップミートもあるみたいなんで、レアな物も発見できるかもしれません。
特にルノーは輸入元主催の走行会とデモランがあると思います。(未確認情報。無かったら笑って許して)残念ながら私は工場閉められないので行けませんけど。
http://www.autocar.jp/2012-autocar-japan-festival/

ラフェスタミッレミレアが19日原宿スタートで始まります。一部芸能人が出て有名なイベントとなっていますが、本当にレアな車が出ています。4日間走るのでどこかのタイミングで見れたらと思います。3日目のゴールが箱根なんでそこらへんかな!!そうそう今年はルートが大きく変わっています。普通車でもきついようなルートをクラシックカーが、1000KMも走るなんてすばらしい事です。
http://www.lafestamm.com/2012/route_time/index.html

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »