« ランチアイプシロン | トップページ | 12月ですね »

2012年11月25日 (日)

なんかいっぱい

何度目だか又、マセラッティーのクラッチ交換をしました。今度はクアトロポルテ。

トランスアスクルなんで、フロントドライブ、リア駆動、(言わいるFR)ですが、ミッションは後ろ。
とってもごついトルクチューブの中にプロペラシャフトが入っています。
 
 Quatoro01
 
 
特に難しい作業では無いのですが、大きく重い。マフラーも含めて外すものが多い。
ミッションとサブフレームを降ろすのは、もちろんジャッキを使っていますが、そこから降ろすのは人手で、3人ですね。若ければ2人でも出来ますが無理する事は無いので。
Quatoro02
 
左下にタンクが見えますね。このタンクに給油するのは下からなんで結構面倒で、サービスホールなんかもないので苦労します。真ん中に見えるのがアキュムレーターです。最後部にはアクチュレーターがあります。
FFのアルファロメオやFIATのシステムだとアキュムレーターと一体でクラッチのプランジャーがありますが、クラッチがエンジン側(前)にあるので前まで油圧を送っています。しかもセンター押しのレリーズベアリングなんでクラッチ交換の際には必ずレリースベアリングも交換します。
馬力のある車なのですべての部品が大げさです。でも実際はプロペラシャフトなんかは5CMぐらいの細さ。でもチューブがごついので大丈夫なんでしょうね。
外す部品点数も多く、重いマセラッティーですが、乗るとその重量感も心地よく、勿論パワーもあるので楽しく満足感のあるお車ですね。
ま、一番は内装の高級感。良い車ですね。

|

« ランチアイプシロン | トップページ | 12月ですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ランチアイプシロン | トップページ | 12月ですね »