« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

セレスピードポンプの交換多いです

アルファロメオのセミATと言えるセレスピードですが、最近修理の傾向として、油圧が上がらなくなりエンジンがかからなかったりシフトが変わらなくなるトラブルが多いです。

ポンプが動かなくなるトラブルが多いです。リレーの焼き付きとかもあるのですが、距離の走っている車はポンプがダメになります。

Sereponp01_2

左のヘッドライトの後ろのフェンダーの中にありますので、通常は見えません。

 

クラッチレバーやシフトフォークを動かす油圧は50bar必要です。ガソリンエンジンの燃料ポンプは5barで大体3bar位で動いていることを考えるとセレポンプの負担の大きさがわかるでしょうか。

 

Sereponp02_3

 

DENSOという日本のメーカのラベルが貼ってありますが、提携先のマレリー製でメイドインITARYです。

8万KM位で壊れる車が多いことを考えると6万KM位で交換するのがベストではないでしょうか。 5万円を超える部品代ですがセレスピードの肝となる部品ですので早めの交換をおすすめします。

当店では熱対策された制御オイルを用意してありますのでオイル交換だけでもご用命ください。

| | コメント (0)

2013年1月16日 (水)

ディーゼルインジェクション

最近注目されているディーゼルエンジンですが、イタリア、フランス車はほかの国のメーカーに比べて輸入が遅れています。そんな中でも当店では少ないながら修理車が入ってきます。

昔のディーゼルエンジンは仕事車という感じでエンジンの音もうるさく、排気ガスもいかにも黒煙というかんじでイメージが良くなかったのですがコモンレールと言うガソリンエンジンのインジェクションと同じ方法で、電子制御の力を借りて細かな制御が出来、ディーゼルエンジンのトルクの大きさで乗りやすくなっています。
Dinje01
写真の中央付近に見えるのが燃料デリーバリーパイプであるコモンレールです。
大体のディーゼルエンジンがTurboの力を借りてサイズダウンして小さい排気量でも大きな馬力を得ています。また、Turbo化することで圧縮比を下げディーゼルノックとも言えるあのカラカラ音を少なくしています。制御が細かくなった為、排ガスも綺麗になり、燃費も良いです。
イタリアや、フランスのディーゼルエンジンも良いものが多くもっと輸入が増えても良いと思います。

| | コメント (0)

2013年1月 3日 (木)

HAPPY NEW YEAR

2013hajime01
 
 
 

新年明けましておめでとうございます

2013年になってしまいましたね。3日ですけど。早い早い!!
あいかわらず、昨年もドタバタしただけで進歩が無かった気がします。
今年こそ、充実した年にしたいと思います。
昨年お世話になった方々、ありがとうございました。今年も見返り出来るように頑張ります。
新年は5日の午後から営業します。
 
 
2013hajime02
本年も宜しくお願いします。
 
 

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »