« 作業風景 | トップページ | ジュネーブでの4C »

2013年3月 2日 (土)

ワコーズRECS

10年以上前から、エンジンの内部に溜まるカーボンを除去する方法として、ビルシュタイン社製の機械と液剤を使っています。エンジンに入るフューエルラインをバイパスさせて、ガソリンに混ぜた液剤を注入して燃焼室やバルブ周りのカーボンやスラッジを除去していました。

おかげさまで効果も在り好評です。ただ、1点気になることが、、、。
直噴のインジェクターのタイプのエンジン。
インジェクターから燃焼室に直接噴射する為、インテークのバルブが、あまり綺麗にならないんです。
ということで、ワコーズのRECSを導入することにしました。といってもたいした機械ではありません。病院でよく見かける点滴みたいなものです。
 
 
 
Recs01
 
 
 
エンジンの負圧を使って液剤を吸い込んでいます。
 
 
Recs02
 
 
10分位の施行時間なので手軽です。
 
 
 
効果は速感性でいうとビルシュタインよりも感じられるかもしれません。
 
一応価格設定も7000円~9000円あたりの設定です。後日HPで予約フォームも含めて価格を表示したいと思っています。
直噴エンジンでなくても当然効果は在ります。
ビルシュタインと併用してやっていきますので、どうぞご利用を。
HP作るまではメールにて予約入れてください。

|

« 作業風景 | トップページ | ジュネーブでの4C »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作業風景 | トップページ | ジュネーブでの4C »