« オーナーさんのこだわり | トップページ | イタリア車Turbo車用サブコン輸入 »

2013年9月29日 (日)

カーボンクリーン2連発!!

車検でお預かりした、アルファロメオGT。JTSというエンジンなのですが、直噴ということもあり、カーボンが溜まりやすいエンジンです。

 
 
Cc03
 
 
車検の検査行く前に、まずはワコーズのRECSを施行。1年前にビルシュタインのカーボンクリーンを施行しているので、いつものような煙は出ませんでした。
 
 
 
Cc02
 
納車の前日、今度はビルシュタインのカーボンクリーンを施行。
カーボンが溜まりやすい車には両方とも効果あると思います。RECSは即効性がありますが耐久性が無いような気がします。←あくまで私個人の主観です。ビルシュタインは耐久性もあるし、やはり、インジェクターに少し高い圧力をかけて送り込み、施行中もアクセルをふかして回転を上げる事が出来ると言うメリットがあります。だから本当はビルシュタインをお勧めします。ただ、今回のように直噴の車の場合、インジェクターが燃焼室にある車の場合、インテークのバルブの清掃が出来ません。それをRECSで補うわけです。
RECSの利点は施行が簡単で、値段が安い(6~7千円)というメリットがあります。
あなたはどちらを施行しますか?GTのオーナーさんのように両方施行するのもありだと思います。

|

« オーナーさんのこだわり | トップページ | イタリア車Turbo車用サブコン輸入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーナーさんのこだわり | トップページ | イタリア車Turbo車用サブコン輸入 »