« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日)

カーボンクリーン2連発!!

車検でお預かりした、アルファロメオGT。JTSというエンジンなのですが、直噴ということもあり、カーボンが溜まりやすいエンジンです。

 
 
Cc03
 
 
車検の検査行く前に、まずはワコーズのRECSを施行。1年前にビルシュタインのカーボンクリーンを施行しているので、いつものような煙は出ませんでした。
 
 
 
Cc02
 
納車の前日、今度はビルシュタインのカーボンクリーンを施行。
カーボンが溜まりやすい車には両方とも効果あると思います。RECSは即効性がありますが耐久性が無いような気がします。←あくまで私個人の主観です。ビルシュタインは耐久性もあるし、やはり、インジェクターに少し高い圧力をかけて送り込み、施行中もアクセルをふかして回転を上げる事が出来ると言うメリットがあります。だから本当はビルシュタインをお勧めします。ただ、今回のように直噴の車の場合、インジェクターが燃焼室にある車の場合、インテークのバルブの清掃が出来ません。それをRECSで補うわけです。
RECSの利点は施行が簡単で、値段が安い(6~7千円)というメリットがあります。
あなたはどちらを施行しますか?GTのオーナーさんのように両方施行するのもありだと思います。

| | コメント (0)

2013年9月28日 (土)

オーナーさんのこだわり

 Gt2001
 
アルファロメオGT。最近、156や147からの乗り変えが多くなってきましたね。当店の入庫も多くなって来ました。
ブレーキを変えてみました。
 
この組み合わせ、アルファロメオGTのオーナーさんにしかわからいだろうな~~! 
 
JTSの2.0です。 
 
 

Gt2002

| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

4Cの寸法

とうとういい加減な情報しか流れてこなかったアルファロメオの4Cの情報が公式ページに出ていました。現在フランクフルトのショーに出展されていてそれに合わせた発表でしょう。

全長3989mm、全幅1864mm、全高1182mm、ウエイト895kg。
サイドミラーが大きく寸法もいい加減な発表になっていましたが、この寸法でしたら日本の道路でも困りませんね。
あわせてオプションリストも発表されていますが、とりあえず、F17インチR18インチのホイールがあって、それぞれガンメタ色があるみたいです。うわさのランチエディションの件もあるので良くわかりませんがRacing exhaust systemもあり、キャリパーの色も選べるみたいです。ベースはゲレーみたいですけど。とりあえずレーシングパックとラグジュアリーパックがあるみたいです。値段はまだですかね?
130916_ar_alfaromeo4c07
 
 
 

| | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

DPFのメンテ

DPFと言っても、このブログを見てくださる方の殆どがなに??という感じだと思います。

ディーゼルエンジンの排気側のフィルターです。触媒と組み合わせて使うのが殆どですね。
ディーゼルエンジンは排ガス規制と燃費向上技術によって物凄く進化しています。特に乗用車の規制は厳しく細かな制御をしないと日本での走行が許されません。
輸入車の場合特にヨーロッパ車は現地のディーゼル車の割合はガソリン車の5割増と言われています。ただ、日本の排ガス規制が厳しくなかなか日本で走らせることが出来なかったりします。それでもメルセデス・ベンツやBMWは規制をクリアーして販売台数を多くしています。BMWの最近出た3シリーズは半分を超える数のディーゼル車の割合となっているそうです。
Dpf03
こちらのお車は、ランチアテーシス。並行輸入されたディーゼルエンジンを積んだモデルです。
 
 
Dpf01
 
FIAT製の5気筒ターボディーゼルです。低速トルクも有り乗り易い車です。今回フューエルフィルターの交換と共に、DPFの清掃をしました。
 
エアーフィルターみたいに外してエアーガンで清掃と言うのではなく、250度以上に熱して粒子を焼き飛ばします。エンジンの回転を上げて触媒と共に排気熱で熱します。アクセルを煽ってなんてことでも、、、。いえいえ、細かな温度管理(エンジンのオーバーヒートも含めて)必要なんでテスターにお任せします。
 
Dfp02
 
2万KM位に1回やらなくてはいけないと思います。ただ、テスターがあれば面倒な事ではありませんので、当方に相談してください。自己清掃のままで行ける車もありますが、街中走行が多い車は詰まりやすいのでご注意を。

| | コメント (0)

2013年9月 5日 (木)

何故か偏る入庫

なんだか不思議なもので、入庫した車たちをみると偏ることが多いんです。

 
 
20130831
 
 
手前にあるボンネットだけ見えてる車も147です。おのおのエンジンは違いますが、黒いボデーの147です。
マセのクーペも2台。
 
イタリア車とフランス車。半々位の入庫なのですがお客様のレーシングカーも含めてイタ車ばかり。
147は比較的入庫がおおいですけど、1600、2000、3200と揃いました。黒で。
ルノーやシトロエンの入庫も多くなってきてはいますがアルファ147の入庫は多いですね。
やはり、数多くの車に接する事が出来るとノウハウが多くなってきます。
テスター等を完備していますので、イタ車、フランス車はお手の物ですが、やっぱり数やら無いとノウハウが増えません。マセラッティーなんかも街中で見かけないのに当方では結構やっています。お馬さんのエンジンを積んだ832なんかも常連さんがいっぱいいます。
技術ももちろん大事ですがノウハウも大事なのでイタリア車フランス車頑張って治していかなくてはと思った日でした。

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »