« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月 6日 (木)

ジュネーブのモーターショーで気になった車達

ジュネーブでモーターショーが開かれていますが、何台か紹介しましょう。
まずは、なんといってもこれですね。
アルファロメオ4Cスパイダー

Alfaromeo4cspider05

 
 
スパイダーと言うより、タルガですね。ロータスと同じですね。
 
Alfaromeo4cspider02
 
 
 
Alfaromeo4cspider03
 
ヘッドライトがクーペとちょっと違いますね。内装も豪華仕様みたいですね。
 
一体日本にはいつ入ってくるんでしょうか?噂ではランチエディションが何台か入ってきて、その割り振り(ディーラー)も決まったと言う話です。今までのアルファロメオの販売台数によって割り振りが決められディーラーによっては割り振り無しの所もあるみたいです。8Cの時みたいに事前登録みたいな感じでの販売みたいです。 
 
Maseratisaloneginevra201401620x350
 
 
これも格好良いですね。マセラッティーのアルフィエリです。
 
 
Thn_maseratisaloneginevra201405
 
 
後ろ姿のブリスター度が良いですね。
そしてこれ!!500アバルトのビポストです。
ドグミッションのM/Tがついているのでレースカーですかね?
 
Abarth695biposto01
 
 
 
Abarth695biposto02
 
 
 
Abarth695biposto04
 
 
Abarth695biposto05_4
 
 
AIMのデーターロガーがついているみたいです。アセットコルサよりはロールゲージとか少なくストリートも走れるのかもしれません。こう言う過激なモデル大好きです。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2014年3月 5日 (水)

磁石が付かない

430s01_2

 

 

ブレーキローターに磁石を近づけてみました。想像通り付きませんでした。色をみて判るようにカーボンローターです。言わいる炭です。軽そうです。今の所、かなり高額な部品です。ただ、GTRなどの、国産車にも採用され始めているのでそのうち私たちにも手の届く部品になるかもしれませんね。

基本カーボンと言えば、ボデーパネルや内装に使われています。軽く強度もありますが、制作や加工が大変で、コストがかかります。ブレーキローターは1台分100万円を超えるものが殆どです。

 
 
 
430s02_2
 
 
車を下から写真撮ってみました。リフトアップして、巨大なアンダーカバーを外して撮りました。
フレーム強そうですね。これも磁石つきません。
こちらはアルミです。
 
 
 
430s03
 
 
この角度で見るとわかりますが左側は色が違う(アンダーコートが拭かれています)けど一体です。4M以上の長さのフレームです。エンジンルームサイドは、リブの立っているメンバーとなっています。
このフレームを作るのにどんな大きな鋳型があるんでしょうか?ロータスはサブメンバー式でフロントメンバーとりアメンバーがネジでつながっています。お馬さんは一体です。凄いコストかかっていますよね。
当然アーム類や、ハブをつけているアップライトもアルミです。だから磁石を付けてもつかないところばかりです。あえて言うならエンジンやサスペンションを取り付けているボルトは、鉄なんでつきます。今後はフレームもカーボンになっていきます。アルミはまだしもカーボン製品となるとASSY交換がますます進んでいくのでしょう。

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

90年頃のいかしたセダン

87年から92年ぐらいに売られていたイタ車のセダン、良かったですよね。今はクアトロポルテ位しかありませんが、、、、。同系のギブリが復活しましたが、どちらもちょっと高級すぎますね。

90scar01

アルファロメオ164QV、ランチアテーマ832。その時代のいかしたセダンの同時入庫です。
どちらもタイミングベルトの交換でした。
2台とも乗るとものすごく楽しく、最高の音を奏でていて、当時の自動車雑誌でも世界一音の良いセダンと言ってどちらの車も絶賛されていました。騒音規制や油圧タペットになってしまった、その後の車達では、音に関してこの2台を超えることはないでしょう。可変マフラーで、いくら音量音量調整されていてもエンジン本体のメカニカルタペットの音にはかなう事はないでしょう。
 
 
 
90scar02
 
 
ま、そんないかしたセダンたちですが、やっぱり手がかかります。832の方は今回距離は短かったので、ベルトの交換だけでバルタイの点検はやりませんでしたが、164は、きっちりやらさせていただきました。
どちらの車も欠品部品が多くなってきましたが、オーナーさんの愛情できっちりメンテナスされていました。そうです、こういう車はメカニックの技術よりもオーナーさんの愛情の方が大切でそれによって長らく乗り続けられるお車だと思います。
ご入庫ありがとうございました。

| | コメント (1)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »